2017年07月26日

私の中のHi-STANDARDを語ってもつまんないから、みんなの中のハイスタって?

2017年10月4日、Hi-STANDARDのフルアルバムが約18年振りに発売になります。

IMG_1136.JPG


タイトルは『THE GIFT』


オシャレかよ(笑)


告知の方法も、ネットではなく全国各地に看板を出してすっごいアナログな告知でした。


結果的には、その看板を見かけた人達がSNSで拡散し、ネットで一瞬に広がるんだけど…


だとしても、ファンの気持ちを考えるとサプライズとしては充分だ。


それに伴い10月末からは『THE GIFT TOUR 2017』がスタートする。


これをずーっとファンを続けてきた私が書き続けても、たぶんつまんない記事になる(笑)


待ってたー

いよいよー

最高ー


と、ココに書いても全然面白くないし…


『うん、それ知ってる』ってね(笑)


もしこの記事を開いてくれて、貴重な時間を使ってくれてる人がいたら、すごくありがとう。


私はいつもブログを書く時に、その貴重な時間をさいてくれた優しき人達に、少しの『ニヤリ』と『少しの情報』が残ればいいなぁなんて思って書いてます。


自分の大事な友達や、バンド仲間と楽しく話しいる様に書きたい。


なので、一方的に友達にされる理不尽さや不愉快さを楽しむのはどうでしょう?


硬い文章で、ありったけの情報を詰め込むほど詳しくないし、そんなに頭も良くない…


いや良いんだよ…

本気を出してないだけだし…(笑)


ここから、『Hi-STANDARD』通称ハイスタをぼちぼち語ろうかと思います…


全然興味の無い人にも読んで欲しいから、サクッといきますよ。


今の音楽シーンで、復活したハイスタがなんでそんなに人気なのかわからない人ってめちゃくちゃいると思う。


他にもカッコいいバンドなんて山ほどいるのに、アラサー、アラフォーの人達がやたらと騒ぐハイスタ。


若者からすると、ハイスタ?なんで?みたいなね…


バンド好きの後輩が思いっきりそうだから(笑)


だからって、彼等がいかにカッコいいかなんて語りませんよ。


そんなモンはリスナー1人1人が自分で決める事ですからね。


なんでこんなに人気なのかって事に少し触れたいと思います。


まずね、アルバムが今まで4枚出してる。


94年〜99年の間に4枚ね。


ハイスタがインディーズで1枚目を出した時はさほど話題になってなってない。


私を含めて少なくとも私の周りは誰も知らなかった…


6曲入りで実際はミニアルバムですね。


私はインディーズ臭さが結構好きですけど…

IMG_1141.JPG


この1枚目は『LAST OF SUNNY DAY』ってアルバムなんだけど、たぶんほとんどの人が95年のメジャー1stアルバムの『GROWING UP』がハイスタの入り口じゃないかと思う。


IMG_1138.JPG

このアルバムで一気に話題になったのよ。


とりあえずこの『GROWING UP』から、ハイスタの快進撃が始まるんだけど…


この1枚目がすっごくデカイと思う。


当時は海外でも、メロディクパンク・メロディックハードコアの全盛期で、NOFXやPENNYWISE、BAD RELIGION、THE OFFSPRINGなんかがバリバリに流行ってた時。


『GROWING UP』も海外盤と国内盤があって2曲ぐらい入れ替わってる。


海外盤はアメリカのカレッジチャートにランクインするほど、海外でも認められたんだよね…


アルバムの中身は、けっこうトリッキーな曲もあって、もうセンスが溢れ出てんの。


曲中にいちいち工夫があって、サラッとやるからストレートに聞こえるんだけど、それが意外と凝ってんのよ…


それまであったパンク=硬派なイメージも彼等には全然関係無くて、ラブソング歌っちゃったり見た目も超普通の兄ちゃんだったしね…


そう、そんなパンクバンドあんまりいなかったんだよ…


今やそんなの普通でしょ?(笑)


昔パンクは中指立てて怒ってんでしょ(笑)ぐらいのイメージがまだあったんだよね。


今現在も硬派に活動されてるバンドをバカにしてる訳じゃないんで…


自分はGAUZEも聞いてますから!


ただ、音楽的なセンスと取っ付きやすさが抜群で、曲は練りに練ってる感じ。


これがたまらなかった…


海外で宣伝の一部とかじゃ無く、ガチのライブハウスツアーとか、AIR JAMみたいになんでも自分達でやっちゃうD・I・Y精神ってのも、ハイスタが最初とは言わないけど、初期の成功例にはなるよね。


あとはバンド同士の横の繋がりも強かった。


ハスキンだシャーベットだコークヘッドだとか数え切れんぐらいだし、海外のバンドとも積極的にツアーを周ったりして…


『MAKING THE ROAD』っていう化け物みたいなアルバムで語られる事が多いかもしれ知れないし、若い人なんかはそれしか知らないってのも、全然いいんだけどね…


ただ、あのアルバム聞いて、最初に思ったのは人気が出過ぎて曲を練る時間が無くなっちゃったんだなぁ…


本当はもっとカッコいいのに…


って思った。


あえて、ストレートにこだわって作ったんだろうけどね…


もちろん、100万枚以上売れてるアルバムに私なんかが言う事なんて無いに決まってんだけど、あのアルバムはあくまでも引き出しの一部と思ってる。


だからハイスタって凄いんだ!みたいな先入観を持ってアルバムを聴いたら「う〜ん」とか「そんなにっすか?」とかはしょーがないんだよ。


好き嫌いだってあんだし…



インディーズ時代からの練りに練った楽曲で仕上げた『GROWING UP』


メロディーのキャッチーさと、パンクの力強さのバランスが最高の名盤『ANGRY FIST』

IMG_1140.JPG


よりストレートにキャッチーに音楽性の幅を広げた『MAKING THE ROAD』

IMG_1139.JPG



そしたら活動休止になった…





要するに、ハイスタは色んな意味での先駆者になったのは間違い無くて、バンドとしての姿勢が他のバンドと少し違ったんだ…


だから彼等の根強い人気は音源だけの物とは違うと思ってる。


どんなバンドでも音源だけで本当の魅力なんてわかんないと思うよ。


でも、彼等の場合は特にそうかも…


難波さんより上手いボーカルとか、健さんより上手いギタリストとか恒さんよりテクニカルなリズムとかそんなん求めるなら、他にもたくさんいるもんね…


私の場合はそんなんもうどうでも良くなってる(笑)


今度リリースされる『THE GIFT』がトンデモナイ駄作でも構わないぐらい(笑)


無難な作品はやめて欲しい。


新しいハイスタを感じれるよう様な、イケイケでチャレンジャーで無茶苦茶でもいい。


私の中のハイスタはアルバム1枚まるっとダサくても全然大丈夫!


ちょっと〜っ

これはダセェよって笑い話にして記事にしよう。


でもハイスタを好きな人ってそんなんじゃない?(笑)


失敗作で離れてくヤツなんていないっしょ(笑)


っというぐらいなのが、私の中のハイスタなんです。


だから、これからもしハイスタを聴く機会があったら、その曲のフレーズとかメロディーとかだけに彼等の良さを探すんじゃなくて、彼等のやってきた、歩んできた事に目を向けて欲しい。


なんかこう書くと曲はあんまりみたいになっちゃうけど、そんな事ないですからね(笑)


もうほとんどギターで弾けちゃうぐらい好きですから(笑)


モチロン彼等が止まっちゃって、喧嘩してる最中でも、ずーっとシーンを守り続けたバンド達も素晴らしい…


難波さんも、健さんも自分でバンド起こしてるけどね。


それでも衰退してったメロコアブームの中で、数え切れないバンドがハイスタの意思を継いでたのは間違いない事実なんだよ。


今回のツアーで対バンを組まれてるバンドもすっごい好感が持てるし。


そうやって少しの興味が、後々素晴らしいバンドに出会うヒントになると思う。


ハイスタに限らず、YouTubeや音源だけで全てを測るのは無理だから…


どうせ聴くなら音源の向こうまでイメージして、どんな思いでバンドやってんのか…


所詮、リスナー側の思い込みとか、勘違いであってもあなたにしかわかんない良さを持ってるバンドがいっぱいいるんだから。


そりゃバンドだもん、音源の価値は重要…


でも、それを奏でるのは人間…


どんな人間が奏でてんのかは、自分で色々と調べるのが楽しいですよ。


おいおい、俺は何目線なんだろ…


いや〜サクッと書くとか言っといて〜


みなさんご一緒に〜


せーの!


『なげーよ!!!!』


ありがとうございます。



ところでみなさんの中のハイスタってどんなんですか?(グダグダ)





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 18:16| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

フェスシーンが生み出すライトなファン。 そいつが本物で最後の1人になるかもしんない。

いや〜暑い!

暑すぎて、夏いね…


扇風機を考えた人に
『えーっ、無理無理(笑)扇風機なんて使ってないよ、とっくに捨てたもん…』と言わせるぐらい暑い。


もうTwitterも夏フェスで盛り上がってますよ。

IMG_1006.JPG


私がフォローさせて貰ってる方々も、京都大作戦をはじめ各地で暴れまくってて羨ましい限りふぇす…





よし、上手い!


日々各地で盛り上がってるフェスですが、沢山のバンドが出ていて、みなさんこっから気に入ったバンドのCDを購入したり、レンタルしたり、ライブハウスに足を運んだり、周りの人に勧めたりするんでしょうね。


演者とリスナー双方にメリットがあって、リンスしなくても髪の毛がサラサラ…


方向性…


おかしくなってる…


双方にメリットがあって、そりゃフェスが流行る訳です。


沢山のバンドが出てきて、ココから気に入ったバンドを探すでしょ…


これって、興味の無い人からするとね…


たぶん全部が同じ様に聞こえてると思う。


音楽はそれぐらいシビアなんです。


私達からすると、似ている様で全然違う。


同じ様な音楽の中にリスナーならではの感性があって、微かな違いでもファンになったり、全然興味が無かったり。


人にもよりますけど、ドンピシャってくる音ってそんなに無いでしょ…


歌声ひとつで好きになったり、歌詞ひとつで夢中になったり…


その逆ももちろんあるし…


歌声無理とか…
なんならビジュアルが…
とかね。


だから音楽は本当にシビア。


色んなバンドが一過性のブームの様に通り過ぎて行く。


それでも、たくさんのバンドが今日も演奏している。


1人でも多くのお客さんに聞いて欲しくてね…


その中から私達は選ぶ権利がある。


数あるバンドの中から、ほんの一握りだけを、自分と相性のいい音楽を…


私はバンドの音楽を聴く時、そのバンドの持つポリシーみたいな物をすごく大事にする…


当人達と話せるわけじゃ無いから、所詮思い込みでしか無かったりするんだけど、その奏でる演者の気持ちをすごく大事に思ってる。


さっきも言ったように、隣の人からすれば、『同じ曲なの?』ってぐらいなのも正直わかる時あるよ…


決定的に違うのは、バンドの取っているスタンスとか思いっていうんですかね?


なんか、そーいうのが1番大事だと思う。


どんなバンドにも魅力があって、ファンがいて、やっと続いていく…


私は自分がコレだと思ったバンドなら、ずーっとファンでいたい。


最後の一人になったろうって思う。


ファンには上も下も無くて、長けりゃ良いってもんじゃない。


ニワカとかサンワとかヨンワとかナンワカわかんないけど、そんなのどーでも良い…


ただライトなファンにはなりたく無いと思ってる。


流行ってんだ〜


周りが聞いてんだ〜


これってオシャレなんだ〜(笑)



喜んで買った1stアルバム。

待ちに待った2ndアルバム。

おっ出てたんだ3rdアルバム…



4th? ふーん…


ココまでいければいい方だよね。


下手したら1stアルバムすら手にする事なく、フェスを祭りか流行りと捉えて参加してる人も多数おられるでしょう。


会場に行く理由なんて、誰にも咎められないし、楽しいんだからしょうがないよね(笑)


実際にそれで充分。


私達世代はバンドファンの生き残りです。


胸を張って良いと思う。


偉いとか思って無いからね。


同世代のバンドが出てたら、俺も頑張らなくちゃって…


あいつらまだやってたんだ(笑)じゃなくて、まだまだ死ぬまでやってくれって思う…


今のこの2017年にも大ブレイクしているバンドが沢山いますよね…


『知っている人は知っている』ってのを通り越して、お茶の間に進出。


普段はあまり音楽なんか聴かない人にも届くぐらいの人気とか…


もちろんピークがあって、かならず人気は下降線を辿る事になります…


その時にファンの生き残りが始まる。


今、あなたが大好きで、大好きでしょうがないバンド。


5枚目のアルバムを聴いてる自分って想像出来ますか?


10枚目は?


おじさんやおばさんになっても必死で演奏を続けている、その人達の姿は想像出来ますか?


その時、あなたはそのバンドの事どう思ってますか?


バンドにポリシーがあるように、リスナーのあなたにもポリシーがありますか?


ファンの生き残りが始まって、1人、1人と離れてく…


時代はどんどん変わってく…


誰もいなくなる前の、最後の10人になれた時…


もしそこにあなたと私がいたら、上手い飯でも奢るんで…


友達になって下さい(笑)






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 10:22| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

『DOLL MAGAZINE』が私に教えてくれた事。『MONOEYES』ってバンド名の由来と超ロックな『ガンダム』

昔、『DOLL MAGAZINE』っていうパンクやロックの専門誌があって、インターネットが普及する前なんかはこの雑誌からの情報だけ!ぐらい重要な雑誌だった。


パンクキッズ、バンドキッズだった私も、もれなくこの雑誌にお世話になってました。


少し説明を…


『DOLL MAGAZINE』(ドールマガジン)

かつて発行されていた日本の音楽雑誌。

1980年の創刊(1980〜2009)

邦楽・洋楽を問わずパンク、ロック、ハードコア、ガレージ、スカ、メタルなどを中心に取り上げていた。発行元は株式会社DOLL。

約30年間続いた音楽情報雑誌であった。

ラモーンズやセックス・ピストルズ、クラッシュ、ミスフィッツ、グリーン・デイなど、海外アーティストの特集なども数多く組まれている。


IMG_0973.JPG


残念ながら2009年で廃刊になっちゃったんです…


私もバンドのメンバー募集したり、いい感じのメン募に釣られて電話したらガチガチの勘違いパンクマンだったり、カッコいいと思って買ったCDが、とんでもなくハズレだったりと色んな思い出がありますが…


今でも頭に残っている良い記事がいくつかあるんですが、ひとつだけ不思議なくらいに思い出す記事があるんです…


『ガンダムが流行ったのはロック魂があったからだ!』

IMG_0975.JPG


マジでだいたい…


ニュアンスはこんな感じの記事でした…


パッと見では、不釣り合いなテーマだと思ったんだけど…


しかも、雑誌的にもかなり後ろの方の、もうココからそんなに見る人いねぇよな的な所らへんにあった記事…


それが何故か頭に残ってる…


いや、MONOEYESが2枚目のアルバム出すから盛り上がってるでしょ…


MONOEYESって名前はガンダムに出てくる敵国のロボット(モビルスーツ)が単眼(モノアイ)って所からつけられた名前だって思い出して…


細美さんもメンバーもガンダム好きなんかなぁって…


記事の中身はこんな感じだった。


かなり自分流な捉え方なのはご勘弁。


当時のヒーロー物では、基本的に正義と悪。


わかりやすい白と黒の戦い。


正義が悪を懲らしめて一件落着。


当然見せ場のヒーローピンチタイムがあって、子供たちの声援を受けたヒーローは傷つきながらも立ち上がる。


ギリギリで立ち上がって、最後の必殺技で悪を倒す。


それ、最初に出せや…っていう突っ込みなんてする奴はいない!


このわかりやすい構図が子供達の絶対だ。


それに、NOを突きつけたのが『機動戦士ガンダム』ってアニメだった。


それまでのヒーロー的な主人公達は世界平和の為だったり、誰か1人を守る為に必死で戦う。


それが、誰だろうと救っちゃう。


『えっ、俺ら初対面だし…』とか言わない。


『ちょっ、今?…メシ時はキツイわ〜』とか萎えない…


凄まじいモチベーションで、悪を許さん!ってなんのよ。


でもね、正直死ぬかもしれないんだよ…


死ぬってか、殺されちゃう…


普通に考えたらすげぇ、恐怖でしょ…


それも毎回戦うたびに、敵も強くなってくし…


倒しても、倒しても、自分1人で戦わなきゃなんないの…


ありがとう!とかってみんなに言われて…


現実の世界ならマジで『みんなで戦おうよ!』ってなるよね…


なんで俺ばっかなの?って…


俺だって恋愛して、家庭作って幸せになりてぇよって…


休日ぐらいゆっくりライブ行きてぇよ!とか魚釣りさせろや!ってのが普通でしょ?


ところがガンダムは舞台が戦争なんです。


簡単な善、悪じゃないの…


人間VS人間っていう悲しい戦争が舞台。


まず、戦争に善、悪は無い。


お互いに違った理想と正義を持っていて、どちらも信じるものの為に戦ったり…


選んだ選択肢が絶対的に間違えてる戦争ってやつ…


視聴者は子供だから、ガンダムー!いけー!ってなるけど、よくよく考えたら人を殺しちゃうんだよね…


で、この主人公がやたらひねくれてる…


『なんで、僕が戦わなきゃいけないんですか?』って言っちゃう。





いや…ダメじゃん、そこは戦おうよって子供心に思ってた(笑)


でも、主人公が

何故戦わなきゃならないのか?

何故、僕なんだ?

誰の為なんだ?


って自問自答しながら、戦争に身を投じて行く姿は、当時のヒーロー物には無かったリアリティだったと思う。


精神的に病んでしまって、戦えなくなったりするんだけど、今ではすごくリアルでしょ?


とにかく1979年に始まったこのガンダムってアニメは、それまであったヒーロー物の当たり前をぶち壊し続けた。


スポンサーからのゴチャゴチャにも結構反抗的だったみたいで、それまでの、ロボット、合体、決めポーズとかが無い。

そういうの無しでしょ…

ダセェじゃん…

って感じを出して、スポンサーのいう事も聞かない…

って、マジでパンクだな、おい!


この姿勢は、当時の視聴者に全く受け入れられない。


子供には難し過ぎる設定と、リアルを追求するスタイル、合体シーンや決めポーズも無くて、番組は打ち切られるんです…


知ってました?

まぁ、クビってやつです。


打ち切られた後になって、ジワジワ反響を呼び、時間をかけて爆発的ブームを呼ぶ事になるんです。


この一連の作者、スタッフたちの思いや、姿勢が、ロックであり、パンクだろうが!


ハナから大衆受けなんて狙ったら、俺らの作品の意味がないんだよ!


それがプライドってヤツだろ?ってスタイルを、打ち切り覚悟で最後まで譲らなかった。


っていう感じの記事でした。





ロックやパンクの定義ってそれこそ死ぬほど議論されてて、何が本当で当たりだとかもうわかんない…


それぞれが自分の中で定義だったり、これだ!みたいな物があって、そのどれもが正解なんだと思う。


ただ本物のロックスター、忌野清志郎や甲本ヒロトなんかは口を揃えて『ルールを決めたり、定義付けした時点でロックじゃない。 その定義やルールを破るのがロックだ。』的な発言をしている。


誰かの真似じゃダメって事…




誰の真似もせずにオリジナルにこだわったヤツはジャンルに限らず、パンクでロックだって話。


大衆受けをハナから狙った様な音楽で、ロックだ、パンクだとか言ったって完全にファッションだけ。


誰にも理解されなくても、自分達の信じた事をやり切るヤツらだけが本物だよ…


この話は私の中で全てに通ずる物があって、事あるごとに思い出す。


そんな私は、長いものにわりと巻かれるタイプじゃねぇか?


でも、そんなつまんない大人になりたくないって、わずかな抵抗してる事こそがあの良記事を書いた筆者の方への唯一の恩返ししだと思ってる。


ロック好きの人にガンダム好きが多いのは、こんな事が少しは関係しているのかもしれない…


ん〜、無いか…(笑)


まぁ、まとめるとMONOEYESは本物のロックでパンクだ。って事か…




えーーっと…


こちらからは以上でーす…





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 12:45| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする