2016年12月30日

招かざる客…

大阪を飛び出して、4ヶ月が経とうとする頃…


地元で一番仲の良かった女の子、Rと私は
あの夜を境に友達と恋人の間に立っていました…

IMG_0470.JPG

本当はお互い、深い仲になる事が怖かったのかもしれません…


私は地元で悪さばかりを繰り返し、縁を持ってしまった方々も半端な人達ではありません。


大阪に帰る事は許される事ではありませんでした…


私がRに送った手紙は、彼女の元には届かず私の居場所を知らせるだけの物として、ポストから抜き取られました…

IMG_0472.JPG

手紙には、今の暮らしが落ち着いたらゆっくり話したい事があると書きました。


その時の私は自分の暮らしで精一杯でした。


ましてや誰かを幸せにする事など出来る訳がないと…


でも、もう少しの時間があれば…


早く彼女に読んでもらいたい…、でも一向に届かない手紙の事を不思議に思いました。


ある日、私の働くパチンコ店へ母親から電話があったのです。

IMG_0474.JPG


 母は焦った様子で話します…


名前を名乗らない男からの電話で、息子さんを今の場所から逃せと…


手紙の住所から居場所を知られたんだと…


電話をくれたのは、たぶん私に目をかけてくれていた先輩の方です…


あの電話が無かったら、今頃どうなっていたかわかりません…


私は手紙が届かない理由を知りました。


すぐに店長に掛け合い、寮へ戻りました。


身支度を整え、名古屋駅から少し離れたビジネスホテルへ…


そして公衆電話からRに電話をかけ、当時Rが住んでいたマンションを引き払い、携帯も解約して、実家へ戻る様に言いました。

IMG_0476.JPG




そして、私の事も忘れる様に…


私に関わる人はみんな不幸になってしまう…


でも、死ぬ事すら出来なかった私…


3日程たち、私は店長へこれまでの事情を話しに行きました。


そこで防犯カメラの映像に心当たりが無いか尋ねられました…


店の前に止められた車は、私が預けられて乗っていた高級車でした。


5人の男性も全て知っている方々です…


寮のガラスは割られ、部屋も荒らされていたそうです…


店長は全ての弁金を給料から引いても良いか?と言いました。


そして残った分を、後日取りにおいでと言ってくれました…


本当に良くして頂いた店長に深々と頭を下げ私はホテルへ戻りました…


数日後にお店へ行き、手渡しで給料を受け取ると私は店を去りました。


行くあてはありません…


知り合いも、生きる意味すら無かった…


ホテルへ戻ろうとする私を、店内から1人の女性が走って追いかけて来ました。


店長から事情を聞き、熱心に夕食を誘ってくれるのです…


私のような奴をなぜわざわざ…


あてもない私は、彼女と約束を交わすと一度ホテルへと戻りました。


続きはコチラ





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 01:09| Comment(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

届かなかった手紙

地元を離れて3ヶ月…

私は21歳になっていた…


21歳で0から人生のスタートを切るのは、幸せな事なのか、不幸な事なのかまだまだ私にはわかりませんでした…


あの日からRとは何度か電話で話しました。


名古屋へ来てから、連絡先もない私…


夜の公衆電話からかかってくる電話を、彼女はどう思っていたのでしょう…

IMG_0463.JPG

私達はこれから2人がどうなるのかもわからず、ごまかしながら友人のままで…


そんな時、Rはまた名古屋へ来ました…


どんなふうに接したらいいのか…


名古屋駅へRを迎えに行くと、いつもの明るい彼女がいて、私は何を悩んでいたのだろう?って…


私は考えるのをやめて、とにかく楽しむ事にしました。


その日は栄でお祭りみたいなイベントがあり、確か歩行者天国的な感じだったと思います。


変なイベントにノリで参加したり、買い物したり、手を繋いでみたりなんかして、ブラブラ楽しみました。

IMG_0465.JPG


2人で夕食を食べ終え、日が沈む頃には、名古屋駅へ帰って来ました…


「今日は帰ろうかなぁ?」


驚くのと同時に、私はRの気持ちがなんとなくわかりました…


6年間も友達でいたからこそ、彼女も色々考えたのだろう…


あの日だけは特別だったんだと…


「そやなぁ… 今日はそうしよか…。」

私は彼女を引き止める事が出来ませんでした…


手を振りながらRは泣きました…


何のあてもなく名古屋へ出て来たようなヤツに、誰の事も幸せに出来る訳がないのです…


今は友達のままが1番だと…


しばらくして私はRに手紙を書きました。

IMG_0467.JPG

名古屋での暮らしが落ち着いたら、また会おう…
その時は言いたい事があるって…


しかし、この手紙がRに届く事はありませんでした…


彼女の家のポストから抜かれたこの手紙に、バカな私は住所を書いていました。


私を探す人達は、そこまでやる人達なのです…


私は届かぬ手紙に、不安を感じながら過ごしていました…


続きはコチラ






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 01:40| Comment(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

音楽スタジオ【個人練習】のススメ

音楽リハーサルスタジオ

みんながバンド練習に使う音楽スタジオ。

IMG_0452-b2374.JPG

機材はほぼ全て揃っていますし、何よりも大きな音で演奏できる場所として、バンドをやるには必須の場所ですよね!


私も初めてスタジオに行ったのは、バンドを組んでからでした。


しかし中学生の時にギターを買って自宅で練習している時には、早くデカイ音で弾いてみたいなぁ〜って願望は常々持っていましたね…
  
IMG_0461.JPG

ギターを買って、1人自宅で練習に励むみなさんにも是非オススメなのがスタジオの個人練習というものです。


音楽スタジオはバンドを始め様々な形で利用する事が出来ます。


その1つが【個人練習】通称、個練というものです。 


個練のメリット

@MarshallやFender、Roland等、アンプの特性を知る事が出来る


音楽スタジオは、様々なメーカーのアンプや機材があります。
それぞれ音を鳴らして見ないと、わからない特徴や癖がありますから
練習と同時にそれらも学ぶ事が出来てお得です。


A大きな音量でのセッティングに慣れる


自宅用の小さなアンプとセッティングが全く異なりますから、エフェクターとアンプの相性も見ながらベストなセッティングを探すのも楽しみのひとつですね。


Bモチベーションが上がる


これ大事!!(笑)

バンドを組んだ時でも、スタジオが初めてのギタリストとは雲泥の差が出ますよ!
   


料金もバンドで利用する時と比べて、半額程度の所が多く、お得にレンタルする事が出来ます。


平日の昼間なんかは、1時間500円!
なんてスタジオもありますから、調べてみると安くて良いスタジオがありますよ!


私の通うスタジオは1時間だいたい1000円ぐらいです。


シールドやスティック等の小物は持参しましょうね!


だいたいの物はフロントで販売されていますが、若干割高ですね…


憧れの大きいアンプに繋いで、デカイ音を鳴らすだけで本当に気持ち良いですよ〜!

IMG_0458-66531.JPG

ちなみに私はマーシャル派です…


私の知っているスタジオはだいたい2名まではお得に利用できるので、ドラムとベース2人で個人練習なんてのもアリです!


とにかくギターの練習には、モチベーションを保つのも重要な課題です。


周りの人にもギターを始めたけど、すぐ辞めちゃう人が多くて残念です…


私は自分のモチベーションの為や、時間をかけての音作り、友人の結婚式で弾き語りを頼まれたり…
で、今でも個人練習は欠かせません。


学生の方でも、社会人の方でもお得にスタジオへ通ってみると本当に楽しいですよ〜!


ネットの楽器屋さん↓↓
サウンドハウス






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 19:49| Comment(0) | ギター・バンド活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

BEAT CRUSADERS ロック界の異端児

BEAT CRUSADERS
(ビートクルセイダース)

1997年〜2010年

Vo・G  ヒダカトオル
B          クボタマサヒコ
G          カトウタロウ
dr         マシータ
Key      ケイタイモ

1997年にヒダカトオルを中心に結成。

IMG_0448.JPG


略称ビークルでロック=硬派の壁をぶち破った異端児!

メンバー全員がトレードマークのお面をつけている。


2003年にヒダカトオルを残し他のメンバーが脱退…


しかし新しいメンバーと共に2004年にはミニアルバム『A PoPCALYPSE NOW〜地獄のPOP示録〜』でメジャーデビューを果たす。


このミニアルバムの3ヶ月後に1stメジャーシングル『HIT IN THE USA』を発表。



この曲はアニメ【BECK】のオープニングで起用され、同番組の音楽プロデュースをヒダカトオルが担当。


IMG_0445.JPG


それにしても、いや〜ふざけてる…

ふざけすぎだよヒダカさん…


第1印象はとりあえずイロモノかぁ…(笑)

って感じ…

食べず嫌いって怖いですね(笑)


当時、たまたま何処かのお店で流れてる曲を聞いたのがキッカケなんですが、たぶんHIT IN THE USAだったと思います。


キャッチーだけど、なんか音がカッコいいなぁ〜
英語の発音からたぶん日本人だろうなぁ〜
っと調べてみると…




えっ…、あのイロモノの人達なんですか…?


ならばもっと調べてみようと、インディーズ時代の曲を聴いてみる…


あれ…


もしかしてカッコいいのか…


カッコいいのかヒダカさん…

IMG_0446.JPG
写真は現在のヒダカさん(THE STARBEMS)


それにベースのクボタさんは、BAND WAGONのギタリストだったり、レーベルの社長だったりします。


ギターのカトウさんは元FUN SIDE!!

けっこうライブ行ってたし…


聴き込んでわかった事は、かなりのセンス!


ポップに重きを置いてますが、相当凝ってますし、コーラスワークや全体的なクオリティーが高い!


エモな曲も私にはツボですし、まぁとりあえずカッコいい!


好きな歌が多いから、逆に困る…

メジャー1stアルバムから

LOVEPOTION #9


LOVE DISCHORD




2ndアルバムから

DAY AFTER DAY


Ghost
 


2010年の解散は残念でしたが、ヒダカさんは現在THE STARBEMSとして活動中です。

IMG_0450.JPG


こちらも、もちろんカッコいい!

DESTINY



メジャー1stミニアルバム

P.O.A.~POP ON ARRIVAL~


2ndアルバム

EPopMAKING~Popとの遭遇~


THE STARBEMS
1stアルバム


SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD(初回生産限定盤)(DVD付)








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 12:34| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

映画【ルーム】を見た

『ルーム』(room)は、2015年にカナダとアイルランドで製作されたドラマ映画である。
フリッツル事件を基に書かれたエマ・ドナヒューの小説『部屋』を原作としている。監督はレニー・エイブラハムソン、主演はブリー・ラーソンが務めた。

IMG_0430.JPG


母親を演じたブリー・ラーソンのアカデミー主演女優賞を初ノミネートで受賞するという快挙をはじめ、トロント国際映画祭での最高賞(観客賞)など計74の映画賞を獲得した。世界最大の映画批評サイトRotten Tomatoesで今も支持率94%を誇る注目作。

IMG_0432.JPG

ニックと呼ばれる男の自宅(納屋)に、7年もの間監禁された女性ジョイと、ニックとの間に出来た息子ジャック(5歳)が納屋から脱出し、自らの生活を取り戻すまでの葛藤を描いた作品。


素晴らしい映画でした。

IMG_0436-f7d16.JPG

監禁された部屋からの脱出を描いた作品なら、多数存在するのですがこの映画は

母子の愛情

犯罪被害者へ向けられる視線

環境の変化に対応する難しさ

など様々な視点から描かれていて、とても見応えがあります。


普通なら監禁された納屋からの脱出がゴールだったりしますよね。


犯人から追われ、危険を回避しながら逃げ出すスリルだったり、緊張と安堵の狭間を行ったり来たりする感じの…


この映画は脱出の方法から、すでに感動します。

ジャックの世界はあの狭い納屋が全てでした…

そして母親のジョイそのものが世界でした…

毎朝起きると椅子やテーブルに挨拶して、狭い部屋での運動…

IMG_0431.JPG

テレビに映る物は全て偽物だと信じていました。

純粋に母親ジョイの教えを受け入れて、すくすく育っていきます。

IMG_0433.JPG

IMG_0434.JPG

ある日、ニックと口論となり食料と電気の供給を止められてしまいます。

寒さに凍える2人…

ジョイは本当の事をジャックに話そうと決意します。

そして危険を冒してでも外の世界へ出る約束を2人で交わすのです。

IMG_0435.JPG


IMG_0439.JPG

普通はココでゴール。

しかしけっこう序盤で脱出するのです…


ここからがこの映画の見所です。

環境の変化になんとか順応しようとする、息子ジャックと、順応するのが困難な母親ジョイ…

IMG_0438.JPG


ジョイの両親は、ジョイが監禁の被害にあった後に離婚しており、脱出をキッカケに久しぶりに家族で再会するのですが、ジョイの父親はジャックの存在を受け入れる事が出来ません…


もう見ていて歯痒いのなんのって…


ジャックの父親は、ジョイを監禁した張本人で憎むべき犯人…

ジャック本人の事を見ずに、ジャックに流れる血を憎むのです。


ジョイは1人で監禁の被害にあいました…
その辛さなど、私達には想像すら出来ません…

息子のジャックが生まれた時、もう1人じゃない、それがどれだけ心強かった事でしょう…


ジョイは自分を監禁していたニックにも、ジャックに指一本も触れさせませんでした…


このシーンからもジョイのジャックを思う気持ちの強さが表れています。


ジョイにとってジャックは天使なのです。

IMG_0440.JPG




親子の愛と子供の素晴らしい成長に心打たれます…






ルーム [DVD]








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 19:21| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

男女の友情って…

私は名古屋で新しい生活を始めてから、人との関わりを絶っていた。


大都市である大阪から名古屋へ移り住む人は少ない…


ましてやパチンコ屋さんの独身寮に住むなんて、ワケありなのは明白です。


ココの従業員は若い人が多く、みんな優しく遊びへと誘ってくれたが、私は一度もみんなと出掛ける事は無かった。


そうして2ヶ月程が経ち、いつもの様に店内をグルグル歩いていると、なにか見たことのある様な後ろ姿が…

IMG_0408.JPG

地元で1番仲の良かった女の子Rでした。


「おぉぉぉぉーーー!」


ホールに響く程の声が出ちゃいました…


と、同時に???…


何でココが判ったのか?


あいつやな…


私が名古屋へ来た事を知ってるのは、本当に信頼出来る地元の数人だけ…


ましてやこの店を知ってるのは1人しかいません…


親友のTです。


Rから聞いた所によると、「名古屋駅前のパチンコ屋さんで働いてるから、安心して!」
と、聞かされたらしいです、


駅前といっても、表側と裏側には8店舗ほどパチンコ屋さんがありましたから、私を探すのは大変だったそうです…


「元気そうで良かった…」
微笑むRですが、ほとんど泣き顔でした。


Rと知り合ったのは15歳の頃で、隣の中学校の少しヤンチャな女の子でした。


いつも大勢に囲まれて過ごしている感じで、付き合う男性はいつもの年上ばかり…

IMG_0411.JPG


初めて見た時は、可愛くてトキメキましたが、時間が経つにつれ友達として仲良くなっていきました…


私もだいたい彼女がいて(歳を取ると若い頃の自慢をしたがるタイプ笑)

Rにもいつも彼氏がいましたから恋愛感情などを抱く事はありませんでした。


18歳になってお互い車に乗り出した時ぐらいから、たまに2人で会う事があったのです…


キッカケは私が1人で車に乗っている時に、偶然歩いているRを見かけたのです。

「どこ行くん?」

「あっ、メシア! ちょうどよかったー! 車壊れてるから、駅まで乗っけて。」


なかなかずーずーしぃ奴(笑)


それまでは大勢の中で遊んでいたので、車内で2人きりになると変な感じ…

IMG_0413.JPG


お互いに彼氏、彼女、持ちですから変な事にはなりませんが、なんか新鮮で楽しかったのを思い出します。


それからはたまに連絡をしたり、くれたりで遊んだりしてましたから変な関係でした…


いきなり朝イチで家に来たりするから、訳がわかりません。


家に来た時はさすがに私も危なかった(笑)

でも、耐えましたよ…
うん、でもオトコってそんなモンだ…


Rは男っぽくて、サバサバした性格で2人きりでも何とも思わない感じ?


そうして何でも話せる仲の良い友人同士でいました。


私は当時付き合っていた彼女と別れて、大阪を離れるあの夜に、女の子で唯一知らせたのもRでした…
1人号泣するRに「また会おうな。」
と言うのが精一杯でそのまま別れたんですよね…

 
しかし、1人でこんなに遠くまで来るなんて想像も付かなかったんですよ…


仕事が終わると2人とも話したい事が沢山です(汗)


やはり大阪では、私の周りの友人や知人に随分迷惑がかかっていた様子でした…


私のせいで周りの人に迷惑をかけてしまった… 

自分だけ逃げ出して…


しかし必ず更生するとの約束で、友人達はみんな許してくれました(涙)


今でもみんな親交があり、現在は笑い話でこの頃の話が必ず出て来ますが…



その日Rは私に、今日は泊まって行くと言いました。

IMG_0415.JPG


えっっっ…


独身寮は絶対に外部の人間を入れてはいけない規則です…(こういうトコは真面目笑)


そもそも布団一つに2人で寝たら…

ほら…

それはもう…

理性もお手上げでしょ…


晩御飯は当然私のオゴリですから、まずは美味しい物を食べに行く事に。

IMG_0417.JPG

2ヶ月の間、私の主食はカップラーメンでしたから、久しぶりに友人と食べるご飯の美味しさは最高でした。


次にカラオケへ行ったのですが、私もRも飲み過ぎた…


いよいよ新幹線も走ってない時刻です…



おいおい、どーするんだ俺…


ラブホはキツイ…
友達同士でも、男と女だし、変な感じになると嫌だし…

思いついたのはビジネスホテルでした!

IMG_0419.JPG

寮の少し裏手にビジネスホテルがあった事を思い出し、そこへ向かいました。


フロントでシングルベッドのツインをお願いしました…


だって…  そーなんですよ…
私は当時、あくまでも若い頃は、けっこう女好きです…
残念ながら、決して草食男子ではありません。
完全肉食男子でございます…


だからこそのツインです、じゃないと無理でしょ!

フロントマンが言いました。

「あいにく満室で、ダブルのお部屋しか空いておりません…」


「…」



ナイス!

じゃなかった!


ヤバイ…  これは肉食男子代表の私にはもうヤバ過ぎる…

 
R「じゃあ、そこで。」




えーーーーーーーーっ!!


こいつ強者か?


強者なのか?

「えっ、マジか?」と私…

「だって、空いてないからしゃあないやん」
とR


おーい!男女入れ替わってるから!!


こいつ中々の無防備ぶり…

私を賢者かホモと思っているのか?


いやいや欲だらけですよー!
私は欲にまみれてますよと大声で言ってやりたい(笑)


で、部屋へ入る…


お酒も入っている…


よしよし! ここはお風呂へ入ろう!

IMG_0421.JPG

欲ごと流してやろうじゃないか!


風呂からあがると、タッチ交代でRがお風呂へ…



普通限界でしょ?
ねぇみなさん、もう無理でしょ!(笑)


上がって来たRは備え付けの浴衣みたいなのを着てます…


よーし、そっちがそう来るなら、ワイン一気飲みで先に寝る作戦です!


本当に寝てしまった私…
そうだ、俺って酒弱かったんだ(笑)


「ちょっと〜!メシア! 先に寝るん?」


私を起こすR…


ゲームセット!


私はもう頭真っ白です…


Rは私が知り合った女性の中でも本当に可愛くて綺麗で困るぐらいの人です…


そんなヤツが、浴衣みたいなの着て…


ゲームセーーット!


6年間も続いた友情が吹っ飛び、抑えていた感情は爆発しました…


本当に頭って真っ白になるんだって、この時に知りました…


翌朝に少し照れたRと、すっげぇ二日酔いの私…


昨夜の出来事には全く触れずに、名古屋駅で別れました…


男女の友情とは、永遠の片思いか、永遠のすれ違い…


私達もそうだったのでしょうか…



続きはコチラ





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 23:46| Comment(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SNUFF イギリス・メロコアの先駆者

SNUFF

1986年、イギリスのロンドンで結成される。

IMG_0389.JPG

イギリス・メロディックコアの先駆者でその音楽性を早い段階から確立させる。


BAD RELIGIONやNOFX、OFF SPRING等とともに海外シーンの開拓者的な役割を担っていましたね!


日本のメロコアブームにも当然影響しており、2001年にはハイスタのレーベルPIZZA OF DEATHからも音源を出しています。

IMG_0393.JPG

再結成を経て現在も勢力的に活動中!


ダンカンは親日家として知られ、日本の楽曲を数多くカバーしており、日本語で唄っている曲もあります。

メンバー

Dr・Vo  ダンカン・レッドモンズ
G           ロズ・ウォン
B           リー・バッツフォード
Tb         デイヴ・レッドモンズ
Key       リー・マーフィー        など…


SNUFFが結成された頃の音楽シーンには、
当然メロコアなんてジャンルはなく、
1978年にはパンクロックの象徴である
Sex pistolsの解散があり、80年代に入るとDischargeやG・B・H、Ex Proitedなどのハードコアパンクが全盛期を迎えます。


そんな中イギリスでは、ハウスやユーロビート等の音楽が人気を獲得し始めた頃、
今までのパンクロックよりも速く、
ハードコアよりもメロディアスに歌いあげる現在のメロコアスタイルが各地で生まれます。


その代表格がSNUFFである事は間違いありません。


1989年に発表された1stアルバムsnuff saidから新しいシーンが生まれました。


Too Late



 Another girl



アナザーガールはアルバム版と違う音源ですね!
私も初めて聴きましたけど、両方カッコいい!

What kind of love



これはヤバイわ! マジでカッコいいなぁ〜(笑)


Snuff Said




Blue Gravy: Phase 9








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村





posted by メシア at 01:33| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

映画【カレンダーガールズ】を見た

カレンダー・ガールズ

2003年に制作されたアメリカ・イギリス合作映画。

IMG_0365.JPG

イギリス・ヨークシャーの田舎町ネイプリーに住む主婦たちが、白血病の研究に対する寄付のため、自分達がモデルになってヌード・カレンダーを制作したという実際の出来事が元になっている。



イギリス・ヨークシャー

IMG_0371.JPG


IMG_0375.JPG


まず景色がヤバイ!

イギリスの田舎町ネイプリーが舞台です。


この町の婦人会がやがてイギリスとアメリカ全土を巻き込むフィーバーを起こします!


婦人会メンバーのクリスとアニーは親友同士。

家族ぐるみの付き合いです。

IMG_0369.JPG

性格は正反対なんですが何故か馬の合う2人は見ていてほのぼのです。


婦人会には参加するものの、テーマは『秘伝のジャム作り』や『ブロッコリーの栽培』等、退屈な物ばかりです。

IMG_0368.JPG


そんな中、アニーの夫であるジョンが白血病で亡くなってしまいます…


最愛の人を無くした悲しみは計り知れません…


アニーはジョンがお世話になった病院に、彼の名前が入ったソファーを贈ろうと考えますが、思っていたよりも随分と高額です。


なんとかアニーの笑顔を取り戻したいと悩むクリス…


毎年、婦人会で販売するカレンダーの売り上げでは、到底ソファーの値段には届きません…


そこでクリスがとんでもない事を思い付きます。
婦人会でヌードカレンダーを出したいと言い出すのです。

IMG_0376-e0ab2.JPG

このカレンダーから全てが始まります!


田舎町のお堅い婦人会メンバーや、幹部の面々は当然猛反対です!


しかしクリスの思いは変わりません…


ジョンの為にも必ずやり遂げると言う思いが、見ていて熱くなります。


クリス、アニーの思いに少しづつ賛同者が増え出しメンバーがついに揃います!


カメラマンのスカウトも大変…

IMG_0370.JPG
逃げれない状態…(笑)


IMG_0373.JPG

ストーリーが流れるに連れて、もう輝きに輝いていく女性達が、見ていてニヤニヤする程、可愛いんですよねぇ〜^ ^

《これ、キモいコメントですけど、見たらこの気持ち伝わりますよ(笑)》


この話題は、イギリス全土どころかアメリカにも飛び火し彼女たちは一躍時の人となります!

IMG_0366.JPG

成功を収める一方では、周囲の妬み、ヌードだけを取り上げスキャンダラスに報道するメディア、思春期の息子やダンナさんの事…


良いことばかりではありません…


彼女達はやっぱり妻であり、お母さんです…


若者とは違って、人生経験豊富な彼女達ですから、自分達の居場所をしっかりとわかっている所がまた感動するんですよね〜


この映画は実話を元にしてるってところも尚更勇気をもらいました。

IMG_0364.JPG 
何かを始める事や楽しみを見つけるのに、年齢は関係ないって事ですね!


私もがんばりまーす!



カレンダー・ガールズ 特別版 [DVD]









↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 19:17| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

人生のリスタート

私達は何のあてもなく高速道路を走りました。

何とも言えぬ開放感で、今でもその感覚は覚えています。


私の大好きだったバンド活動が終わり、
中学時代からの素行の悪さで、落ちてはいけないドロ沼へ落ちました…


もちろん、自業自得…


汚れて、疲れ切った私は全てをリセットするしか方法がありませんでした。


私は携帯電話も持たず、誰とも連絡を取らないと決めて新天地へ…

IMG_0343.JPG


行き先に見えてきたのは、一宮という看板…


どこやねん…(笑)


その下に小さく名古屋の文字?


「おい! あれ有名やぞ!」

「名古屋って都会やで(笑)」


このノリで決定です!


本当に何もあてはありません…

20歳のパワーはハンパない(笑)

とりあえず高速を降りて、名古屋方面へ!


「すんませーん? この辺で1番栄えてるとこってドコですか?」


通りすがりの女性に聞いてみる…

IMG_0345.JPG


「栄です…」



「おーーーーぇ!!」と2人でコケる(笑)

これ実話です…

なかなかのボケをかましてきたなぁと思っていたら、

「ほんとに栄と言う所です…」


らしいです…

とりあえず栄と言う街に向かいます。


名古屋の中心部は栄と言う街になっていて、パルコがあったり、LOFTだったりがあります。

IMG_0347.JPG


私はこの時の為に少しだけお金を貯めていたので、親友と2人でビジネスホテルへ泊まりながら1週間程、ココで過ごします。


その間に求人誌で、社宅や寮付きの職場を片っ端から電話します。


しかし住所が大阪で、連絡先の無いような奴を雇ってくれる訳もなく、5日程経ちました…


夜になると一気に不安が襲ってきます。


もう大阪では大事になっているはず…
帰ることはできません…


そんな中、やっと雇ってくれる所が見つかりました。


名古屋駅付近のパチンコ屋さんです…


親友とそれはもう喜びましたよ!

私には立派な就職先です。


面接では、踏み込んだ質問もされずに優しくして頂きました(涙)


お店には色々な事情があって、沖縄、九州、四国出身の方なんかが働いていました。


近くのワンルームマンションが寮になっていて、家賃も従業員はタダ同然で貸してくれるというのです。


テレビやエアコンも備え付けられていて、6畳ほどですが充分過ぎるマンションです。


まずは家電屋さんでコンポを購入!
この時はインターネットなんて今の様に普及しているはずもなく、スマホなんてないですから何をするにも調べるのが大変!


マンションの前で私を降ろした親友のTは
「また来るわ!」と一言…

IMG_0349.JPG


私はココまで付き合ってくれた親友のTに言葉では言えない程、感謝しています。


今でも家族ぐるみで親交があり、まぁまぁ?いい奴なんですよ(笑)


とにかくコンポとカバン1つでの人生再スタートを切る所まで来ました。


そりゃ孤独ですよ…
もう孤独すぎるぐらい孤独です…
心を閉ざし日々過ごします。


それとは真逆にパチンコ屋さんは華やかで、従業員もわりと若い人が多いんですね…


2週間程たつと少し仕事に慣れ始めます。


ココにはパチンコ屋さんが4軒ほど並ぶ駅前のお店です。


パチンコ屋さん同士は、お互いお客さんの人数を数えるのが日課みたいで、新人の私は毎日近隣のお店に数えに行きました。


隣のお店に入ると、若い女の子ばっかりで
みんな積極的なんですよね…


ある日の夜のこと…
私の部屋のインターフォンが鳴りました。


隣のお店の女の子でした…


私はなぜだか酷く拒絶反応を示しました。


自分でもその時の感情がわかりませんが、とにかく人と関わりたくない…


何を話したかも覚えてませんが、質問ばかりされた様な…


いや、綺麗な女の人なんですよ、茶髪でカラコンみたいな。

どうやら女子大生らしく、明るくキラキラでしたね…


私とは違いすぎる…


次第に私はうつむいて過ごすようになっていきました…

IMG_0352.JPG


出来るだけ目立たない様に、自らの視界を閉ざしたのです…


続きはコチラ






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 16:09| Comment(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

映画【オールドボーイ】を見た

『オールド・ボーイ』(Old Boy)は、2003年公開の韓国映画です。

IMG_0336.JPG
原作は土屋ガロン(作)、嶺岸信明(画)の
漫画『ルーズ戦記オールドボーイ』。


第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリ、第37回シッチェス・カタロニア国際映画祭で
グランプリを受賞しています。 


この第57回カンヌ国際映画祭では、バイオレンスアクション映画の巨匠
クエンティン・タランティーノが審査委員長でした。


中央日報は「流血、バイオレンスアクション映画の大家クエンティン・タランティーノが2004年、
カンヌ映画祭の審査委員長でなければパク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』が2等賞である
審査委員大賞を受けることができなかった。」と報じました…


いやいや…

でもね…

すげーいい映画なんですよー!



ここからあらすじですがネタバレなしです。


ごく平凡な生活を送っていた主人公オ・デスはある日、お酒を飲んだ帰り道に、突然誘拐されます。


目覚めるとの狭い密室…

IMG_0339.JPG

食事は、ドア下の小窓から入れられる質素な揚げ餃子ばかり…


そんな中、部屋に備え付けられたテレビで
妻が殺害されたニュースを見てしまいます。


気が狂う…


彼は正気を保つ為に、身体を鍛え始めます。
毎日、毎日、硬い壁を殴り続け、
身体の至る所を鋼のように鍛えあげます…


いつ来るかもわからない解放される日まで…


その日が来たのは監禁されてから、15年も経っていました。


誘拐された時と同じ場所で解放されます。


なぜ…

何の為の監禁で、何の為に解放されるのか…


ここから復讐のはじまりです。

IMG_0338.JPG


15年間も食べ続けた揚げ餃子の味を、忘れる訳がない!


まずはそのお店を探すのですが、そこで1人の女性に出会います。


IMG_0330.JPG

この運命的な出会いも、複雑に絡み合いながら、オ・デスは復讐する為に鬼と化して行きます…

IMG_0340-89611.JPG

IMG_0341.JPG





もう食い入るように見ましたよ。


息つく間もなくラストまで…


あぁ、チップス食べながらですけど(笑)



ストーリーは濃厚で斬新です…


そして結末は残酷でショッキング…


でも下品にはならず、全体的にはどこか悲しげな雰囲気があります…


見るべき良作だと思います。



オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]







↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村








タグ:復讐 映画 親子
posted by メシア at 06:24| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする