2017年01月09日

THE MAD CAPSULE MARKETS ミクスチャーロックの先駆者

THE MAD CAPSULE MARKETS
(ザ マッド カプセル マーケッツ)

IMG_0520.JPG

Vo・KYONO
B・TAKESHI UEDA
Dr・MOTOKATSU MIYAGAMI


KYONO 、TAKESHI UEDA 、室姫深 (G)が中心となり、高校時代に前身バンドBERRIE(ベリー)を結成。


1990年に現在のバンド名に改名、その頃に公募でMOTOKATSU MIYAGAMI が加入。


初期 (1990年〜1994年)


IMG_0519-b0320.JPG

インディーズでアルバム『HUMANITY』リリース。


HUMANITY



室姫深の脱退によりギタリストが元ローディだったISHIG∀KIへ交代。


1991年にビクターエンタテイメントよりシングル『ギチ』『あやつり人形』『カラクリの底』3枚同時リリースでデビュー。

その後メジャー1stアルバム『P・O・P』をリリース。


あやつり人形



3秒間の××



パンクバンドとしてスタートした彼らだが後に日本のラウドロックを代表するモンスターバンドとなり、その後の日本のバンドに多くの影響を与え、沢山のフォロワーが存在する。


布袋寅泰(BOØWY)やhide(X JAPAN)、今井 寿(BUCK-TICK)などがインディーズ時代の彼らを極めて高く評価していた。


この頃にライブに行きまくりましたね〜
ほんとカッコよかった!


自分達のライブでも、アンコールの時はネタ切れでたまに演奏させてもらいました。


私たちのオリジナル曲より何倍も盛り上がって複雑な気持ちでしたよ(笑)



中期〜後期 (1995年〜2006年)


90年代半頃からは初期のパンク色が徐々に薄れ「ストリート系」文化からの影響が見えはじめる。


神歌



Good Girl



私の中ではこの辺りからMADらしい音楽が全開です。


初期のストレートな楽曲とは一味違い、より重く、オリジナル色が強まった印象ですね。


日本における本格的なラップロックや・ラップメタル勃興以前のミクスチャーロックの先駆者であり、早くからデジタルサウンドを取り入れたバンドの1つ。


1996年にギターのISHIG∀KIが脱退した後は、メンバー3人という体制で活動していた。


1997年頃まではTHE MAD CAPSULE MARKET'S名義(Sの前に' が付く)であった。


2005年、ソニーミュージック・レコーズに移籍したが、CD等のリリースは結局行わなかった。


2006年4月活動休止を発表。


個々人の方向性の違いが理由とされた。また、メインソングライターのUEDAは当時「MADの曲を作る気持ちになれなくなった」とも語っていた。


もっと続けて欲しかったですよね…
私は最後まで好きでした。

デジタルサウンドの拒絶反応も、このバンドで無くなりました。

TAKESHI氏の作る楽曲はいつもセンスがあって、コード進行1つとっても斬新なんですよね〜


もしあまり知らない方がいるなら、この機会に是非聴いてみて下さい!


間違いなく為になりますよ!


メンバーのその後


KYONO
IMG_0525.JPG

バンド活動休止後の2006年4月より自身がプロデュースするウェアブランド「WAGDUG FUTURISTIC UNITY」を展開中。

音楽活動としては2007年9月にウェアブランドと同名のソロプロジェクトをスタートさせる。


TAKESHI UEDA


IMG_0526.JPG

THE MAD CAPSULE MARKETSの全ての楽曲をプロデュース。


2005年9月より自身がプロデュースするウェアブランド「FUZZ REZ ZWEEP(ファズ・レズ・ズウィープ)」を展開中。
ブランド名は「激しく歪んだ電子音」の意。

2008年10月、ソロユニットAA=して活動開始。


AA=の記事はコチラ

2012年、難波章浩(Hi-STANDARD)とアーケード用ゲーム機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOSTのオープニング楽曲

2014年2月、BABYMETAL「ギミチョコ‼︎」楽曲提供&サウンドアレンジで世界的な大ヒットとなる。

2014年5月、椎名林檎「渦中の男」サウンドアレンジ。


MOTOKATSU MIYAGAMI

IMG_0524.JPG

現在はrally(他メンバーはRadio Carolineのウエノコウジ、GLAYのHISASHI、TERU)

THE ANONYMOUS(他メンバーはRadio Carolineのウエノ、東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志)に在籍、稀にライブを行う他、様々なアーティストのサポートメンバーとして活動している。




HUMANITY



P.O.P.



4 PLUGS



OSC-DIS








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 22:47| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

拾う女神?

待ち合わせの時間は彼女の仕事が終わる夕方でした。


私は誘われるまま、彼女の行きつけらしいお店へ入りました。

IMG_0509.JPG

店のすぐ近くで、割と賑やかなお店です。


何やらレゲエミュージックがガンガンに流れるお店です…


彼女は当時25歳ぐらいでしょうか?


私より4歳程年上で、働いていたパチンコ店ではほとんど話したことはありませんでした…


ご飯を食べながら色々話しました。


私がなぜ寮を荒らされ、店を辞めなければならなくなったのか理由を遠回しに聞いてきます…


私はあの人達の元で365日以上、休みなく働きました。


なぜこんな目に合わされるのか、私にはもうわかりません…


悪に染まった私は、友人と離れ、故郷さえ離れたのに…


でもやっぱり自業自得なんですよね…


恐怖と悲しみ、悔しさでいっぱいだった私は、上手く話す事が出来なかった様に思います…


彼女は自分の両親の事や、友達の話をゆっくりと話してくれました。


そして私が仕事を見つけるまでの間、家に泊まったらいいよと言ってくれました。



…んっっ?


そんなバカな話があるわけ…



んっっ?


マジっすか?


これ嘘みたいな本当の話です。


1週間程のホテル暮らしで、お金がキツくなりだした私は、半信半疑で彼女に聞きました。

IMG_0511.JPG

「なんでそんな事をしてくれるん?ほとんど話した事もなかったし…」


「なんとなく、ほっとけないタイプなんだよね〜。」と彼女


そんな理由で…





ほっとけないっぽく見せた俺、ナイス!



じゃなかった(汗)


彼女は彼氏との同棲生活が終わり、家を引き払おうか考えていたらしいんです。


1人で暮らすには寂しいと、彼女は気を使って言ってくれましたが…





そこでドブネズミ…

IMG_0513.JPG



いやいや浮浪者…



ちがうちがう…


私を可哀想に思って、自らそんな提案をしてくれた訳です…


彼女には今でも本当に感謝しています。


引っ越し道具も持たない私は、次の日の朝に彼女へ連絡し、本当に居候することに…


待ち合わせのマックへ行くと、もう1人女性が…


なんかこわい人っぽい…


心配した彼女の親友が、私を面接に来たみたいです。


そりゃそうだ…


大阪から来た謎の男を家に居候させるなんて出来ます?


私にはできません(笑)


面接?では、結構厳しい質問や、現実的な話をしました。


私は2週間の時間をもらい、その間に仕事を見つけて彼女の家を出ていけるようにする。
っていう約束をして、彼女の家に案内されました。


彼女の家は名古屋駅から近くで、2LDK程のマンションでした。


彼女に出来るだけ迷惑をかけないよう、翌日から求人誌を買いあさり、とにかく電話をかけまくりました。

IMG_0515.JPG


が…


土地勘が無さすぎて面接が遠すぎる…

ってかそもそも辿りつけない…


彼女のアドバイスで、ある程度範囲を絞ります。


初日は大失敗です…


明日こそは、仕事をみつけよう!


そろそろ寝る時間です…


そう、一つ屋根の下に…


男と女が…




しかしここは大丈夫でした。


あぶない、あぶない…


さすがに私もそんな事出来ません。

彼女は恩人ですからね!


次の日は範囲を絞って、面接に向かいます。


パチンコ屋さんはいつでも求人している所が多くて、すぐ寮にも入れてくれます。


私は2日目にして、名古屋駅からは結構離れますがなんとかお店で雇って貰える事になりました。


その日の夜に彼女が振舞ってくれた手料理が、スッゲェ美味しかったのを今でも覚えています。


彼女に心の底からありがとうを言うと、私はまたも知らない土地へ引っ越しました。


新しいお店で、初めて貰った給料日には恩人の彼女へプレゼントを届けました。

IMG_0517.JPG


彼女のちょっとこわい親友の分も忘れずに渡しておきました(笑)


こうして助けられながら、なんとか新しい勤め先と住む所を見つけることが出来ました。


本当に感謝です…



続きはコチラ





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 00:04| Comment(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

映画【告白】を見た。あらすじと評価

『告白』(こくはく)

2010年公開の日本映画。
湊かなえによるベストセラー小説の映画化。

監督:中島哲也 主演:松たか子

IMG_0499.JPG


あらすじ


ある中学校の終業式が終わり、雑然としたホームルーム。


中学1年のまだ落ち着きがない生徒たち…


教壇に立つ担任の森口悠子(松 たか子)が静かに語り出します。

IMG_0493.JPG

「私は、シングルマザーです。私の娘は、死にました。警察は、事故死と判断しました。でも事故死ではありません。このクラスの生徒に殺されたんです。」


静かな語り口とは相反しこの衝撃的な告白から、物語は始まります。


娘の父はHIVに感染しており、話し合った結果、結婚はしませんでした。


彼女は愛娘を殺された母親であり、教職者という立場なのですが、すでに感情は崩壊しており人間味は全くありません…


クラスの生徒、AとBが犯人だと彼女は続けます。


13歳の幼き犯罪者


生徒A・渡辺 修哉

IMG_0500-4d09d.JPG

森口の娘を殺した事件の主犯格。

頭脳明晰で成績はトップクラス。
周りからは一目置かれる存在ですが、自分の周りの人間を見下しています。

自己顕示欲が強く、自分が注目されるためなら殺人さえも計画する歪んだ性格の持ち主。

幼少の頃に母から捨てられ、愛に飢えた極度のマザーコンプレックス。


生徒B・下村 直樹

IMG_0498.JPG

同じく森口の娘を殺した共犯者。

クラスの中ではおとなしく平凡な直樹は、理想ばかり押し付けてくる母親に嫌悪感を抱いている。

母は完璧主義の超過保護。

ある日、校則違反を犯した直樹はゲームセンターで保護されてしまいます。

学校の先生が迎えにくるとのことで、森口が来てくれると思っていたが、迎えにきたのは担任ではなく体育教師。

その事から森口を恨むようになり、殺人計画を企てようとしている修哉に利用されてしまう。



この2人の境遇は正反対です。

事件の主犯格である渡辺は研究者である母から、捨てられ母の愛に飢えながら育ち、事件の共犯者である下村は母から理想ばかりを押し付けられ、過保護に育てられます。


殺害する相手は誰でも良かった…


主犯格の渡辺は世間や、周りがあっと驚く事をやってみたかった…


その幼稚な殺意は、森口のまだ幼い娘に向けられるのです。

IMG_0502.JPG

そして、森口は先ほど2人に配った牛乳の中に夫の汚染された血液を入れたので、二人には「命」をしっかりと噛み締めてほしいという。


娘を殺された母親の静かな復讐劇が幕を開けます…


映画の評価と興行成績



IMG_0504-62f26.JPG

映画観客動員ランキングでは、公開から4週連続のトップ。

2010年の興行収入では公開第8週目で35億円を突破し第7位を記録している。

日本アカデミー賞においても4冠を達成し映画『告白』は大成功を収めた。


しかしこの映画には賛否両論があって、評価が割れています。


映画雑誌「映画芸術」では2010年に公開された映画のワーストワンの映画であるという位置づけであった。


このワーストワンの理由とは、松たか子が淡々と語る長いセリフの部分が映画的ではないというところだそうです。


小説を原作とし、確かに松たか子始めキャラクターが、BGMをバックに淡々とセリフを語っていき、また映像もテレビのコマーシャルの様な映像を流す手法がとられています。


斬新なんですが、映画としてはあまり評価されなくてのワーストワンという事らしいです。


犯した罪


先生の娘を殺害する、犯人の年齢は中学1年、つまり13歳です。

刑法41条が適用され、14歳に満たざる者の行為は罰しない。


よって処罰されることはありません。


児童相談所へ送られて終了…

これ、マジです…

恐ろしい事ですが、彼らが社会的制裁やハンデを受ける事はありません…


森口はそれを知っているからこそ自ら復讐するのです。


娘を殺害された森口先生の罪はどうでしょう…


少しネタバレあり


彼女が復讐の為に仕掛けた罠で、何人かは亡くなりますが、直接犯行は犯していません。


@エイズ患者の血液を牛乳に混ぜる

これは結果として混入させてませんので、傷害罪にはあたりません…

たぶんこれは立件不可能です。


A後任の熱血教師を使い少年Bを精神的に追い詰めるような行為を行う


後任教師を操っている証拠はありません。

操っていたとしても、その結果が少年Bの母親を殺しに発展したかどうかは誰にも判らない。結果的にそうなった、というだけ。


Bこれは完全にネタバレになりますので、あえて伏せます…


全てを含めても、これらを蓋然性の殺人と言います。

簡単に言うなら「起きるかもしれないけど、起きないかもしれない(どっちでもいい)」こと。

まさに「告白」内の事件は全て「起こるかもしれないし、起こらないかもしれない」のです。


これは作者が意識的に仕掛けています。


作者の思い


作者の湊さんは、この作品を書いた動機を、無差別殺人を起こした犯人が口々に語る「誰でも良かった」
という言葉に対する疑問、つまり「誰でも良かったのなら、何で身内を殺さないのか?」
という疑問点から出発したと語っています。


つまり、そこには、「誰でも良い」と言いながら「(私の知らない人の中からなら)誰でも良い」という、酷く身勝手なエゴイズムが根底にある、ということを湊さんは描きたかったそうです。


未必の故意、蓋然性の殺人は、まさに「起こっても起こらなくても良い」んですね。

物凄く身勝手で、エゴイスティック。

無差別殺人と根底がつながってるんですよ。


この映画では、腐敗した人間模様が映し出され、育児放棄やいじめ、殺人、数々のショッキングな出来事が詰め込まれています。


しかし全てのキッカケは少年Aを捨てた母親から始まっているのです…


少年Aを育児放棄したことにより、全ての人を巻き込み、負の連鎖が始まります。


そしてその罪を誰に問えば良いのでしょうか?








告白 【DVD特別価格版】 [DVD]



告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 12:28| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

SUBLIME 悲劇のバンド

Sublime(サブライム)

アメリカのロックバンド。

1988年〜1996年

メンバー

Vo&Gブラッドリー・ジェイムス・ノウェル
B        エリック・ウィルソン
Dr      バド・ゴウ

IMG_0485.JPG

このトリオ編成は解散まで一貫して不変であった。


地元カリフォルニアでライブを繰り返すことで次第に人気を集めた彼らは、1992年にデビューアルバム『40オンス・トゥ・フリーダム』をブラッドの設立したインディーズレーベル「スカンク・レコード」からリリース。


同作に収録された『デート・レイプ』は地元のラジオ局で頻繁に流され、アルバムの人気を後押しした。




まさに順風満帆、デビューとほぼ同時に地元ラジオのヘビーローテーションを獲得し、若者を中心に人気を集めました。


2ndアルバムも彼等のセンスに飛びついた若者で期待以上のセールスを残した彼等。


とうとうメジャーへの扉が開かれ、彼等の才能が開花しまさにこれからという時に、事件が起こります…


SUBLIMEの中心人物Vo&Gのブラッド・ノウェルが1stメジャーアルバム発売の2ヶ月前に死亡。


死因は薬物の過剰摂取だった… 


ヘロインのオーバードースにより死亡しているのを、カリフォルニアのモーテルで発見されます…


遺作となったアルバム『サブライム』はプラチナムを超えるセールスとなり大成功を収めましたが、フロントマンを失いその後は解散となります…


実にもったいない…


ブラッドを失ってなかったら、このバンドはもっと有名になるはずだったんですよね…


当時、私がお店でCDを買った頃には、すでに解散していたバンドなんですが、まさかメジャー1stアルバム前に亡くなってたなんてその時は知りませんでした。


アルバム『サブライム』を聴いた時はブラッドの声と、ごちゃ混ぜのサウンドにやられました…


パンクにレゲエやスカの要素が程よくスパイスされていますが、決して染まってはいない…


彼等独特のサウンドで、その後のミクスチャーと呼ばれるバンドに影響を与えています。


スローやミドルテンポが多いのですが、けっして聞き手を飽きさせない…


曲の展開や幅の広い音楽を凝縮しているサウンドがそうさせるのでしょう。


今だにファンが多いのは納得です。


遺作となったアルバム『サブライム』から






Sublime








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 16:44| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

RADWIMPS NHKの『SONGS』と紅白出場について

みなさん紅白は見ましたか?


演りましたね〜!



天城越え!!



じゃなかった(汗)



RADWIMPSが前前前世!!

ドラムが2人でしたね〜!!



映画『君の名は。』の大ヒットに一役買って、さらにRADの知名度もうなぎ登り!

IMG_0480.JPG

まさにノリに乗っているRADWIMPSですが、紅白出場が決定する直前の
その裏側では、実に辛い決断もありました…


メンバーの無期限休養


昨年RADWIMPSのメンバーで、2004年から長年の間ラッドの難解なリズムを支え続けたドラマー・山口 智史の無期限休養がありました。


フォーカル・ジストニアと言う神経の病気を患いながらも、必死で叩き続けたドラム…


ライブ中に右足が思うように動かず、メンバーが駆け寄るシーンがあったり…


リハビリの甲斐も虚しく、病状の悪化により本人からは脱退の申し入れがあったそうです…


しかしメンバーは彼の席をRADに残したまま、無期限の休養という形を取りました。


その心意気はたくさんのファンに熱く伝わったのではないでしょうか(涙)


辛い1年でもあり
紅白出場はファンやスタッフ、ラッドを支えた全ての人への恩返しだったのかもしれません


ところがその前にこんな記事が

紅白初出場のRADWIMPSが音楽番組で「君の名は。」劇中歌を封印して批判殺到!



気になる内容なんですが…


大ヒットアニメ映画「君の名は。」の劇中歌を担当したことで、一般的知名度が急増したRADWIMPS。

その彼らが11月24日放送の音楽番組「SONGS」(NHK)に出演し、4曲を披露した。

IMG_0482.JPG

この選曲を巡って視聴者からは「いったい何様のつもり?」との批判が殺到している… 。

うんぬんかんぬん…




はぁ?  



ってなりました?


そりゃなりますよねぇ…


どっちが何様?だろうが!


この選曲が当然、新しいアルバム人間開花から4曲やったんですよ。


棒人間

AADAAKOODAA

告白

トアルハルノヒ


ファンにとっては、たまらない曲ですよ…

私も鳥肌が立ちました(笑)


ところがテレビの前でお菓子食べながら人の演奏を見るだけの人達が、それがまた気に入らないらしく、NHKをアルバムの宣伝に使ってるとかで、もうクレーマーLv90ですよ…


レベル上げ過ぎ!!


『いやいや、そもそも映画の歌をやるために、存在してるバンドじゃねぇーし!』


『RADファンには映画がオマケですよ(笑)』

↑そりゃそうだ…


NHK側が紅白の目玉として大ヒット曲の『前前前世』を紅白当日まで封印したかったという話です…


突然のメディア露出


RADWIMPSのテレビ出演は様々な意見があって当然。


デビューして10年、テレビで露出する事なく口コミで広がった人気と楽曲は本物です。


急な方向転換で、映画とのタイアップにテレビ出演…


今までのファンの中には気に入らない方もたくさんいるでしょう…


しかし映画『君の名は』で初めてRADを知り、テレビ出演をキッカケに今からファンになる方が増えると言うのも素晴らしい事です。


だって彼等はとてもカッコいい!


素晴らしい才能もあり、今や日本のトップクラスと言っても良いですよね!


誰もが無料で見れるテレビ番組へ出演する等のメディア戦略を取らないバンドが増える要因には、少なからずこう言った原因もあると思います。


時間の関係で、魂を込めた楽曲をバッサリ2分にされたり、出演時間に対して演奏時間の短さ、訳のわからないインタビュー等


今やメリットの方が少ないんじゃないかと思えるぐらいです…


間違いなく彼等は自分達のやりたい音楽をやっています。


売れたいだけなら、少なくとも『狭心症』なんてタイトルの曲をシングルにはしません(笑)

私は無茶苦茶好きですよ(笑)




もちろん聞いてくれる人が居てこその、音楽業界なのは重々承知してますが、発信する側は必ずしも商業的成功がゴールでは無いと思います。


自分達の好きな音楽をやり続けるのが目的であり、ある意味ゴールですから…


好きな音楽をやり続ける為に、オーディエンスの望む音楽を作り商業的成功を目指すのは本末転倒でしょう…



ですので、クレーマー視聴者のみなさまには黙って野田くんとRADWIMPSの才能に浸るようオススメします…




人間開花(初回限定盤)(DVD付)



人間開花(通常盤)








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 15:12| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする