2016年12月07日

初心者のエレキギター選び

ギターを始めてみよう!
と、思い立ったのは好きなアーティストに憧れてって方がほとんどですよね。

私もバンドに憧れて中学1年生の時に、初めてエレキギターを購入しました。

その時は情報なんて何もなく、色々困る事だらけ…

今はインターネットから何でも情報が見れますからうらやましいですねー!

しかし情報と言うのは困ったもんで、的確に悩みを解決出来る事もあれば、
何時間もページを閲覧した挙句に得る物が無かった…

って事もよくある話…


なのでココからはギター選びに必要な事だけを書いてみましょう!

ギター選びに必要な事は?


@見た目


これ重要(笑)

憧れのアーティストと同じ形のギターを選んでみたり、素直にカッコいい形を選んでみたり。
カッコいいギターを選ぶ事は、モチベーションを保つ大事な事ですからね!


A音色


ギターの本質はココでしょうね…

これはモチロン値段とも関係ありますし、一流ブランドの物の方が良いに決まってます。

私は最初のギターにそこまで高望みをしませんでした。

値段が安くて、音さえ鳴れば良いぐらいで考えていましたし、
現在でも最初のギターは安くても良いと思っています。


まずはギターの仕組みを知る事で、ギターの音色を大きく2つのパターンに分けてみましょう。


ギターの音色をピックアップで判断する


エレキギターにはピックアップという物が付いています。

1本の物をシングルコイル

IMG_0271-9d13c.JPG

2本の物をハムバッカー

IMG_0269.JPG

と呼びます。

これを覚えればもうほとんど解決!

ねっ簡単でしょ(笑)


シングルコイル搭載代表

ストラトキャスター

IMG_0259.JPG


ハムバッカー搭載代表

レスポール

IMG_0260.JPG


まずはこの2つのデザインが主流と思って下さい。


シングルコイル


ストラトキャスタータイプは、シングルコイルですから特徴をあげると

@ひとつひとつの音が綺麗に出る。

A高音よりな音で、基本クリーンな音で
カッティングやアルペジオに強い。

B歪ませるとノイジーになりがち。


こんな感じ。

ハムバッカー


レスポールタイプはハムバッカーですので

@音が太い

Aやや中音よりで、低音はズンズン響く。

B歪みに強く、どちらかと言うとクリーンはやや濁る。



という特徴があります。


欲しいギターの形が、この2大デザインとは違う方は、
ギターのピックアップに注目して下さい。


シングル? ハムバッカー?
それともフロントにハムバッカー、
センターにシングル、
リアにハムバッカーが搭載されていますか?

IMG_0264.JPG


2つのピックアップを組み合わせた様々なタイプもあります。

そしてギターのスイッチで、それらを使い分けることが可能です。


とにかく色々と形がありますが、音を出す時は、基本的にこのシングル、
ハムバッカーのどちらかから音が出ますから、
好きなギタリストのピックアップに注目してギターを選べば同じ様な音色を出す事が可能になります。


みんな安いギターから始めるんです、メーカーの事や品質の事は
少し弾ける様になったらわかります。

安いギターのメリットは安いギターにしかありませんから
まずはあなたの相棒を見つけましょう!

そしてあなたの相棒を恥ずかしがる様なギタリストにはならぬ様に…




PhotoGenic エレキギター Amazonオリジナル12点 Pathfinder10セット ストラトキャスタータイプ ST-180/MRD メタリックレッド ローズウッド指板




PhotoGenic エレキギター 初心者入門年始セット レスポールタイプ LP-260/BK ブラック




ネットの楽器屋さん↓↓
サウンドハウス




↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 15:29| Comment(0) | ギター・バンド活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: