2016年12月08日

早過ぎたバンドの解散…

IMG_0274.JPG

19歳になった私は、仕事を転々としながら日雇い労働などをしながら過ごしていました…

毎週土曜日にはスタジオに入りバンド活動を続け、これだけが私の支えとなっていました。

私とベースのSがオリジナルを作る様になっていたので、よく2人で楽曲を煮詰めながら 、
ボーカルのメロディーやハモリ等を話し合いながら決めていきます…


当初の内は、ハードコアに色濃く影響を受けておりメロディーよりも勢いや、
楽曲のコード進行だけに気をつけていたのですが、
3年程やっていると演奏技術的にも難しくなり、ボーカルのメロディーにも幅が欲しくなってきました。


何日間もサビのメロディーやハモリを考え、いざスタジオでメンバーに披露します…


確かに音楽性が変わってきていたのは間違いありませんが、ボーカルのYは
メロディーなど関係なしのゴリゴリスタイル…


私達2人も何日間かかけて作っているので、こうして欲しいとか、ああして欲しいなど
技術的要求は高まるばかりでした…


こういった日々が続き、ノリだけで作って来た今までの様にはなかなか進みません…


何度か私がボーカルをとり、3ピースでスタジオ入りしました。


少し手応えの様な物があり、このまま3人で…


という話が何度も出ましたが、話し合った結果、私達4人は中学の同級生であり、
ボーカルだけを外してやっていくのは、余りにも残酷だと考え解散になりました…


人から見れば単なる無名バンドの解散….


ですが私にとっては、大きな、大きな、出来事です…

中学3年生の時から毎週土曜日の夕方にスタジオへ通ってましたから、
土曜日に予定などは一切入れた事がなかったのですが…

これからどうしよう…


私は糸の切れた凧のように、
右へ左へとフラフラしながら、やがて墜落していく事になるのです…

続きはコチラ

↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



posted by メシア at 16:15| Comment(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: