2016年12月13日

映画【最強のふたり】を見た

最強のふたり
(さいきょうのふたり、原題: Intouchables)

2011年のフランス映画

骨髄損傷で体が不自由な富豪フィリップスと、
その介護人となった貧困層の移民ドリスとの交流を描いたドラマ。

IMG_0296.JPG


シリアスな題材で、とても難しい問題を映画にしています。

映画を見る前は、『最強の2人』って邦題はどうなの…って思いますよね(笑)

IMG_0299.JPG

見終わったときには、
よし! なかなか良い邦題だな!
なんて(笑)


フィリップスは身体が不自由なんですが、とてもお金持ち…
だから周りの人は彼の事をずーっと腫れ物扱い…


そんな生活に退屈していたフィリップスは、
生活保護を受ける為に、とりあえず面接不採用のハンコが欲しいだけの青年ドリスと出会います。

IMG_0298.JPG


介護人とはかけ離れた生活をしていた青年ドリスに、フィリップスの出した答えはイエス…

そう、周りの反対を押し切り介護人に採用される事に…

ドリスは純粋な一面があり、フィリップスをお金持ちだから…とか
障碍者だから…  とか全くない。

うん…  

無さすぎる…


ドリスはいつでも自然体でフィリップスに向き合います。

IMG_0297.JPG

これが見応えあるんですよね〜!


障碍者の方にそんな事したらダメだ!!
酷すぎる!!

ってならないんですよ…

親友同士がジャレ合うように、生活を楽しむ2人に、本当の絆を見る事が出来ます。


映画の背景には、障碍者や人種による差別の問題等が見え隠れしているのですが、この作品を見た人はそんなギスギスした心から解放されるハズです!


うん…
やっぱり邦題は最強の2人で!(笑)

見て良かったなぁって思える作品です。


IMG_0295.JPG

この映画は、実在の人物である フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴとその介護人アブデル・ヤスミン・セローをモデルにしている。



最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]








↓ポチリに感激
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 16:14| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: