2016年12月24日

男女の友情って…

私は名古屋で新しい生活を始めてから、人との関わりを絶っていた。


大都市である大阪から名古屋へ移り住む人は少ない…


ましてやパチンコ屋さんの独身寮に住むなんて、ワケありなのは明白です。


ココの従業員は若い人が多く、みんな優しく遊びへと誘ってくれたが、私は一度もみんなと出掛ける事は無かった。


そうして2ヶ月程が経ち、いつもの様に店内をグルグル歩いていると、なにか見たことのある様な後ろ姿が…

IMG_0408.JPG

地元で1番仲の良かった女の子Rでした。


「おぉぉぉぉーーー!」


ホールに響く程の声が出ちゃいました…


と、同時に???…


何でココが判ったのか?


あいつやな…


私が名古屋へ来た事を知ってるのは、本当に信頼出来る地元の数人だけ…


ましてやこの店を知ってるのは1人しかいません…


親友のTです。


Rから聞いた所によると、「名古屋駅前のパチンコ屋さんで働いてるから、安心して!」
と、聞かされたらしいです、


駅前といっても、表側と裏側には8店舗ほどパチンコ屋さんがありましたから、私を探すのは大変だったそうです…


「元気そうで良かった…」
微笑むRですが、ほとんど泣き顔でした。


Rと知り合ったのは15歳の頃で、隣の中学校の少しヤンチャな女の子でした。


いつも大勢に囲まれて過ごしている感じで、付き合う男性はいつもの年上ばかり…

IMG_0411.JPG


初めて見た時は、可愛くてトキメキましたが、時間が経つにつれ友達として仲良くなっていきました…


私もだいたい彼女がいて(歳を取ると若い頃の自慢をしたがるタイプ笑)

Rにもいつも彼氏がいましたから恋愛感情などを抱く事はありませんでした。


18歳になってお互い車に乗り出した時ぐらいから、たまに2人で会う事があったのです…


キッカケは私が1人で車に乗っている時に、偶然歩いているRを見かけたのです。

「どこ行くん?」

「あっ、メシア! ちょうどよかったー! 車壊れてるから、駅まで乗っけて。」


なかなかずーずーしぃ奴(笑)


それまでは大勢の中で遊んでいたので、車内で2人きりになると変な感じ…

IMG_0413.JPG


お互いに彼氏、彼女、持ちですから変な事にはなりませんが、なんか新鮮で楽しかったのを思い出します。


それからはたまに連絡をしたり、くれたりで遊んだりしてましたから変な関係でした…


いきなり朝イチで家に来たりするから、訳がわかりません。


家に来た時はさすがに私も危なかった(笑)

でも、耐えましたよ…
うん、でもオトコってそんなモンだ…


Rは男っぽくて、サバサバした性格で2人きりでも何とも思わない感じ?


そうして何でも話せる仲の良い友人同士でいました。


私は当時付き合っていた彼女と別れて、大阪を離れるあの夜に、女の子で唯一知らせたのもRでした…
1人号泣するRに「また会おうな。」
と言うのが精一杯でそのまま別れたんですよね…

 
しかし、1人でこんなに遠くまで来るなんて想像も付かなかったんですよ…


仕事が終わると2人とも話したい事が沢山です(汗)


やはり大阪では、私の周りの友人や知人に随分迷惑がかかっていた様子でした…


私のせいで周りの人に迷惑をかけてしまった… 

自分だけ逃げ出して…


しかし必ず更生するとの約束で、友人達はみんな許してくれました(涙)


今でもみんな親交があり、現在は笑い話でこの頃の話が必ず出て来ますが…



その日Rは私に、今日は泊まって行くと言いました。

IMG_0415.JPG


えっっっ…


独身寮は絶対に外部の人間を入れてはいけない規則です…(こういうトコは真面目笑)


そもそも布団一つに2人で寝たら…

ほら…

それはもう…

理性もお手上げでしょ…


晩御飯は当然私のオゴリですから、まずは美味しい物を食べに行く事に。

IMG_0417.JPG

2ヶ月の間、私の主食はカップラーメンでしたから、久しぶりに友人と食べるご飯の美味しさは最高でした。


次にカラオケへ行ったのですが、私もRも飲み過ぎた…


いよいよ新幹線も走ってない時刻です…



おいおい、どーするんだ俺…


ラブホはキツイ…
友達同士でも、男と女だし、変な感じになると嫌だし…

思いついたのはビジネスホテルでした!

IMG_0419.JPG

寮の少し裏手にビジネスホテルがあった事を思い出し、そこへ向かいました。


フロントでシングルベッドのツインをお願いしました…


だって…  そーなんですよ…
私は当時、あくまでも若い頃は、けっこう女好きです…
残念ながら、決して草食男子ではありません。
完全肉食男子でございます…


だからこそのツインです、じゃないと無理でしょ!

フロントマンが言いました。

「あいにく満室で、ダブルのお部屋しか空いておりません…」


「…」



ナイス!

じゃなかった!


ヤバイ…  これは肉食男子代表の私にはもうヤバ過ぎる…

 
R「じゃあ、そこで。」




えーーーーーーーーっ!!


こいつ強者か?


強者なのか?

「えっ、マジか?」と私…

「だって、空いてないからしゃあないやん」
とR


おーい!男女入れ替わってるから!!


こいつ中々の無防備ぶり…

私を賢者かホモと思っているのか?


いやいや欲だらけですよー!
私は欲にまみれてますよと大声で言ってやりたい(笑)


で、部屋へ入る…


お酒も入っている…


よしよし! ここはお風呂へ入ろう!

IMG_0421.JPG

欲ごと流してやろうじゃないか!


風呂からあがると、タッチ交代でRがお風呂へ…



普通限界でしょ?
ねぇみなさん、もう無理でしょ!(笑)


上がって来たRは備え付けの浴衣みたいなのを着てます…


よーし、そっちがそう来るなら、ワイン一気飲みで先に寝る作戦です!


本当に寝てしまった私…
そうだ、俺って酒弱かったんだ(笑)


「ちょっと〜!メシア! 先に寝るん?」


私を起こすR…


ゲームセット!


私はもう頭真っ白です…


Rは私が知り合った女性の中でも本当に可愛くて綺麗で困るぐらいの人です…


そんなヤツが、浴衣みたいなの着て…


ゲームセーーット!


6年間も続いた友情が吹っ飛び、抑えていた感情は爆発しました…


本当に頭って真っ白になるんだって、この時に知りました…


翌朝に少し照れたRと、すっげぇ二日酔いの私…


昨夜の出来事には全く触れずに、名古屋駅で別れました…


男女の友情とは、永遠の片思いか、永遠のすれ違い…


私達もそうだったのでしょうか…



続きはコチラ





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 23:46| Comment(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: