2017年01月23日

米津玄師、2017年も止まらない

米津 玄師(よねづ けんし)

別名義はハチ

本名は同じ。

IMG_0584.JPG

シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファーを全て高次元でやってのける。


ギターやベース、ピアノもこなし、さらにダンスまで踊れる。


そもそも米津玄師(よねづ けんし)が本名な時点で、ヤバイ。


勝ち目が無い。


1991年3月10日生まれなんで、現在25歳ですが、彼は2008年から【ハチ】名義で活動を始めてますから、当時は17歳ぐらいかな?


その後2009年にはボカロを用いて、ニコニコ動画にオリジナル楽曲を投稿し、「マトリョシカ」や「パンダヒーロー」等の楽曲でミリオン再生を獲得。


IMG_0586.JPG


サイト上での総再生回数が2000万回を越え国内に留まらず、世界からの注目を集める。


すげぇ…

けんしはすげぇんすよねぇ〜


実は彼、大阪で美術専門学校の在学中にバンドを組んでいてベース&ボーカルだったらしいのですが、人と一緒にものを作る事が出来ずにやめてるらしいんですよ。


ボカロをはじめDTMやMTRは全て自分1人で完結できますから、納得いくまでトコトン突き詰めたんでしょうね…


私がけんしすげぇって思うのは、その囲まれた身内ノリから飛び出して、メジャーでもトンデモなくカッコよくいれる所。


誰が見ても、引いちゃうぐらいの才能で…


彼自身も「ボーカロイドを隠れ蓑にしたくなかった」と語っています。


ラッドやバンプ、アジカンに影響を受けたらしいが、そんなのは大体みんなそう…

 
なのに出来上がりが、こんなに違うなんて…


すでにシングル5枚とアルバム3枚を発表して、すでに手がつけられない状態です。



2012年  1stアルバム『diorama』発表。



diorama


ゴーゴー幽霊船


彼はフェンダーのテレキャスターを使っているみたいですが、欲しくなっちゃう(笑)

たまに不協和音を放り込んでくるが、癖になる。

もうこの一曲でヤラレた人が多いのでは?


vivi


前奏の危なっかしいフレーズが曲全体のバランスを支配していますね…

歌詞もストレートな部分と抽象的な部分のバランスが良い。

絵の才能だけでも貰いたい…




2014年 2ndアルバム『YANKEE』



YANKEE (通常盤)


前作『diorama』で100%自分の好きなリズム、メロディー、言葉を詰め込んだ彼が、今作『YANKEE』では「もっと光のある音楽」をテーマに作成。


サンタマリア



ずっと闇の中にいる人間が、光とどう接するかを試行錯誤する。
人間が生きていくうえで至上の命題だと彼は語っています。


アイネクライネ



純粋にギターとメロディーが美しい。
色々と音を重ねて作り上げる音楽も、根本にはこういう美しいメロディーが彼には流れているんでしょうね。




3rdアルバム『Bremen』 



Bremen



今作では前作『YANKEE』からさらに一歩先へ。

アルバムのタイトルは「ブレーメンの音楽隊」から取ったそうです。


今いる場所に疲れた動物達が、そこから脱走してブレーメンを目指す話しに自らを重ね合わせた今作。


自分をなるべく排除し、普遍的でみんなが共感できるアルバムを作りたかったと語っています。

光と闇の共存の様に相反する楽曲を、今作では披露してくれます。


アンビリーバーズ


ヘッドライトに押し出されて 僕らは歩いたハイウェイの上を
この道の先を祈っていた シャングリラを夢見ていた

この歌詞のイメージがアルバム名の『Bremen』 に込められています。


Flowerwall



普遍的でみんなが共感できる…

納得…




ラストに5thシングルのLOSERを




LOSER/ナンバーナイン(ナンバーナイン盤 初回限定)(CD+DVD+7inchサイズギャラリーパッケージ)



もうこれ見たら、マジしゃーない…

踊れるってなんで?

パソコンと音楽オタクじゃねぇじゃん…

同じ生き物なのかさえ疑わしい(笑)

カッコよすぎて引きますね…(笑)


2017年2月15日には6thシングルが発売されます。

『orion』要チェックです!!


2017年2月1日 MV 届いてました。




【早期購入特典あり】orion(ライオン盤 初回限定)(CD+DVD+紙ジャケ)(クリアブックマーカー付き)





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 21:17| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: