2017年03月21日

メジャーデビューするってバンド仲間がいたら、一晩中説得して止めると思う。


IMG_0748.JPG


「You メジャー行っちゃいなよ。」

ジャニーさんが亀梨くんに放った一言。


あっっ、これ野球の方だった…


メジャーデビュー…


この夢のある響きにどれだけのバンドが無残にも散っていっただろう?


無限の可能性と才能を武器に、インディーズでブイブイ言わせたバンドも、メジャーデビュー後は外見でのイメチェンや楽曲ノルマ、歌詞の差し替えなどに苦しみ最後には解散に追いやられるケースもある。


メジャーデビュー時に、バンドのメンバーをバッサリ切り捨てられソロでのデビューを迫られたりする事もある程プロの世界は厳しい。


音楽とアーティストを商品化して、陳列棚へ並べる。


音楽はさて置き、顔を覚えてもらうだとか、コネをフルに使ったりだとか…


余程の大物新人以外はそれほどのプロモーションもなく、ラジオや雑誌に小さく取り上げられる程度…


たいして売れなければ約2年の契約でサヨナラ。


CDを小売店へ押し付け、売れなかった分は返品されるのだが、その前に同社の他アーティストのCDを押し付け、前CD返品分の返金をその売り上げでまかなう。


まるで自転車操業だ。


作品のクオリティーより、リリースのスピードが物を言う。


新作以外は余程の名盤じゃない限り、返品されゴミの様に扱われる。


夢を現実に置き換えればこんな物なのかもしれない。


満を持して発売されたメジャー1stシングル!


トップ10は無理でもソコソコ売れるんじゃないねぇの〜。


俺たちの夢が叶う瞬間だぜー!


メジャー契約でCD1枚1000円で売った場合。

売り上げの内訳

レコード会社  546円
小売店  300円
原盤製作者  90円
作曲家  17円
作詞家  17円
音楽出版社  17円
JASRAC手数料  4円
アーティスト  9円

IMG_0747.GIF

えっっっっっ?


ちょっっっっ…     えっっっっっっっ?


やすっ!   やっやすっ!!


そりゃそうだ…

レコード会社からすれば

「宣伝にどんだけ金使ったと思ってはりますのん?」

「ワテらの会社、社員どんだけ抱えてると思ってますのん?」

「辞めるんやったら、アルバム2枚しっかり出してから、辞めてもらいまっせ!!」


地獄…


仮に2000枚売れたとしましょうか?

売れないけど、まぁ売れたとしましょう。


アーティスト取り分18000円…


あれっ? 俺達4人なんですけど…


まぁ待てよ!


作詞作曲もこなす俺達だからさっ!


34円×2000枚=68000円

68000円+18000円=86000円

でっ俺達4人だよね…

1人21500円かぁ…


毎月10枚シングル出せばよくねぇ?


ないわ…

これ、正直ないわ…

もうバイト辞めちゃったよ…


これが現実。


実際はこれに安い固定給が上乗せされれば良い方…


メジャーに憧れ、メジャーデビューこそが、さもゴールの様な幻想を抱いてたバンドに訪れる悲劇。


バイトの掛け持ちをこなしながらの音楽活動はインディーズとなんら変わりがない。


しかしメジャーレーベルのすごい所はこれがビッグスターの方々なら、パイの大きさでどえらい事にもなりうる訳です。


宝クジレベルの確率で、限られた天才達がブレイクする。


1000円×100万枚とかなっちゃったら?


43円×1000000=43000000円

あっ4300万だ…


アルバムなら倍以上はいっちゃうね。

ダウンロードもあるし、ライブやればもっと稼げるしね。


印税で億なんてのもあるでしょう…


サザンやミスチル、バンプやラッド、クラスなんて実際はこんなもんじゃないだろう…



でも、そんな所まで到達出来るバンドなんて数えるほどでしょ?


一握りとかよく言うけど、海辺の砂浜からウミガメの卵を見つけるぐらいの確率。


意外と見つかるか…


まぁとにかくバンドマンの夢だったメジャー行きの夢はとっくに崩壊してるんですよ。


逆にインディーズで2000枚売ったら、80万ぐらいは手元に残るハズ?


ってか、メジャーで2000枚だからインディーズだと250枚も売ればまぁどっこいぐらいの売り上げが残るね。


そうなんですよ…


こうやって音楽をお金に換算すると一気にくだらなくなる。


夢なんて本当に無い…


自分の音楽を突き詰めた結果を、オーディエンスの人が判断する。


その音楽に魅力を感じた人が多かろうが、少なかろうがアーティストの思いはたぶん変わらない物だと思う。


キャパ100人のライブハウスとキャパ1万人の大ホールで演者側の意識が変わってしまうなら、とても悲しい。


そんな大ホールなんて、当然誰しもが経験出来る事じゃないし、選ばれた者のみが立てるとしても、客が5人だろうが全力でやる様な人達がああいうデカイステージに立ってると思いたい。


なのにメジャーに入った途端に、会社というフィルターを通して物差しが、お金や売り上げに変換されるんですよね。


どれだけ良い音楽をやってたって、売れる、売れない、売れた、売れなかった、お金になった、ならなかった。


ハイスタmongol800ゴールデンボンバーなどのビッグアーティストがインディーズにこだわるのは、会社や他人が自分達の音楽に介入するのを防ぐ意味でも素晴らしいと思うし、これからの主流になるような気がする。


もうなってんのかな…?


インターネットの普及でCDが売れなくなったという一面もあるけど、今まで到底出来なかった個人での情報発進が簡単に出来る時代だし、米津玄師ぼくのりりっくのぼうよみの様に、ネット上で話題になり、人気先行でメジャーレーベル相手に有利な契約を結ぶか、現在のポルカドットスティングレイの様にとりあえず行ける所までインディーズで良いと思う。




ここまでの人気をセルフプロデュースで得るには、余程の才能がいるでしょうけど…


ボーカルの雫は会社員で、アプリの開発をしているみたいだし、PVの監督も彼女らしい…


でも今がピークかもしれませんが…


アイドルやEXILEの様に、楽曲提供などを受けるならメジャーの方が圧倒的有利かもしれないが、自分達で曲を作るならメジャーの様に締め切りに追われる事なく作業の出来るインディーズの方が良作を生み出す環境としては良いと思う。


インディーズの敵はそこから得る自由でしょうね。


自由な故に音楽に没頭出来なかったり、セルフプロデュース業が逆に忙しくなったり。


しかし全てを自分達でこなし、相当な知名度を持ってからでもメジャー行きは遅くない様な気がしてならない。


ジャンル的にメジャーとは程遠い場所で活動してる方々にも、ネットを通じてもっともっと活躍して欲しいですね。


リスナーは常に探してますよ。


カッコいいバンドと音楽を。


メジャーレーベルに頼らなくたって、ライブとMVでのし上がって来て欲しいと思う。


バンドマン達の夢がメジャーデビューじゃなくなる日は近い。






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 19:10| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: