2017年04月11日

バズマザーズを語る時に必ずハヌマーンを引き合いに出すのは、もう辞めようと思う。

バズマザーズ

Vo・G 山田 亮一

B・Ch 重松伸

Dr ・ 福岡"せんちょー"大資

(Staff)内田亮


IMG_0814.JPG


平成の阿久悠の異名を持つ(自称)山田亮一を中心として2011年に結成された場末ポップバンド。

結成時にドラマーとして在籍していた内田は現在、彼等の音楽を支える裏方(マネージャー)として常にバズマザーズを支え続けている。


言わずと知れた伝説のバンドex・ハヌマーン(〜2011年)の山田亮一率いる3ピース・ロックバンド。


彼の名前が出る時必ずと言って良いほど出る、元ハヌマーンのフロントマン。


ここでハヌマーンと言うバンドがいかに先駆的だったかを熱く語ろうかとも思った…


でもやめておきます。


ハヌマーン解散から6年もたった今、山田亮一がどれ程の思いでバズマザーズと言うバンドを続けているかを考えた時、もうハヌマーンと言う呪縛から解放してやりたい…


いや、正直語りたい。


2000文字ほどの時間を頂きたい…


でもやっぱり山田亮一の今現在の姿、バズマザーズの音楽を真っ直ぐ聴く為に、今回はやめとこう。





バズマザーズを結成した経緯



山田が27歳の時にハヌマーンと言うバンドは解散した。

彼はハヌマーンの活動に心血を注ぎ込んでいた。

彼自身が信者と語るカート・コバーンはじめ、ジミヘン、ジム・モリスンは3名とも27歳と言う若さで死去している。

自分も27歳、このタイミングで死のうと本気で考えた彼は、死ぬんなら生まれ故郷の北海道で、と考えていた。

そんな時「死ぬなら死ぬでええから、最後に会って一杯やってから死ねや」
と、現在のベース重松から誘いを受ける。

酒を飲みながらもう1度バンドをはじめようと声を掛けられ、飲んだ後に2人でよく通ったパチンコ屋に向かう。

運良くバカ勝ちを収めた2人はその勢いでバンドをスタートさせる事になる。





初期ドラマー内田、現ドラマー福岡との出会い


山田は友人であるバンド・マンに誘われフラフラと名古屋のリハーサル・スタジオに向かった。

内田とせんちょー(福岡)は名古屋在住。

内田はハヌマーン時代からのファンであり「山田さんですよね。」とそのスタジオで声をかけたのがきっかけ。

その後、山田の方から「そんなダサいバンドやめて、俺と一緒にロック・スターになろうぜ! 」と内田を引き抜く。


こうして初期バズマザーズはスタートした。


普通のバンドはライブを中心に活動するが、彼等は練習を重ねに重ね、まずは音源を作る事に専念する。


ライブが決まる前には、PVを作成しYouTube上でいつでも見れる様にした。


始めてのライブはイチからのスタートになる。


てっきりお客さんなどいないと思っていた彼等を待っていたのは、ソールドアウトのラッシュ。


初回のライブを含めその時に決まっていたライブは全てソールドアウトだった。


内田の脱退



嬉しい悲鳴を上げる一方で
「何年かかってもいいから、これからいいバンドにしようや。」
とメンバー内で話していた構想は崩れた。


スタート時にソールドアウトする程のお客さんを獲得していたのだ。


山田と重松の実力は折り紙つきだった。


内田は無名バンドのドラマーとして活動していたが、山田の作る難解な楽曲についていく事が出来なかった…


内田は電子ドラムを購入し、1日12時間程は練習したと言う。


「お客さんが1人や2人のなかでだったら違ったと思うんやけど、僕もだんだんストレスに感じてきていたし、ウッチー自身も申し訳ないと思ってた。」


内田は自ら「俺マネージャーやるわ。」とメンバーに打ち明けた。


悩んだ末、新しいドラマーに山田の知る中で1番のプレイヤー、福岡を招いた。

そして3人+1人の新生バズマザーズは本格的に活動を始める。





『クラシックなんかと比べると、ロック・ミュージックって音楽としては簡易的なものじゃないですか。例えばパンク・ロックなんかは、もうコード3つや2つ、最後は1つしかない。そこになにが乗るかっていうと、思想なんですよ。だから、僕からしたらロック・バンドでインストっていうのは本末転倒なんです。なぜ僕らがロックを選んだかっていったら、思想と言葉があるからじゃないですか。それがいま、僕が見受けた感じだと、ないバンドばかりなんですよね。だから、歌詞がすごく丁寧に書いてはりますよねって言ってくれて、ほんまその通りだからうれしいけど、そもそもロック・ミュージックってそうでしょって思うんですよ。』





山田亮一には解散後、死さえ考えた程のバンドがあった。


その存在感の大きさから、今だバズマザーズを受け入れる事の出来ないファンがたくさんいる。


ハヌマーンは2004年に結成され2011年に活動を休止している。(解散は翌2012年)


実際の活動期間は6年半だ。


バズマザーズも結成からすでに6年経過しており、ハヌマーンとして活動をしていた年数と変わらない。








ハヌマーンファンがバズマザーズを聴く

バズマザーズファンがハヌマーンを聴く

どちらも同じ様で全然違う。


私は前者から後者になろうと思う。


彼等の奏でるロックはいつでも真っ直ぐだ。


真面目に書き過ぎた事を、私自身が1番驚いている(笑)


最新4thアルバム

普通中毒






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 15:50| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: