2017年04月15日

ギターの良いところって? ギターを始めたかったのに、タイミングを逃した人の背中を全力で押してみる。

春ですね。


この季節は物事を始めるのに1番良いみたいですよ。

IMG_0816.JPG


あっっ嘘です…


そんなの聞いた事ないけど、本当っぽいでしょ(笑)


ギターをやってみて良かった事とか、ギターの良さとか、今回はこれを考えてみようと思います。

IMG_0818.JPG

もしギターに興味があるけど、あと一歩が踏み出せない人がいるなら、もう半歩の後押しがしてみたい(笑)


どのみち決めるのは本人ですけど、ギターのうんちくよりも、まずはやれるかどうかみたいな… ねっ!


ちなみに私が始めてギターを買ったのは、中学1年生のお正月でした。


お年玉で買った白いストラト、凄く嬉しかったですね〜。


でも、ギターを始めるのに年齢は関係ありませんよ。


だって13歳から始めたって、私自身が全然上手くないですから(笑)


みなさんが何歳なのか知るすべもありませんが、『プロを目指す』以外なら何歳だろうが関係ありません。


プロを目指すなら若い方が良いってのは、しょーがないよね…


まぁ、まずは何歳だろうが独学でまぁまぁやれる。

これはギターの凄く良いところですね。


もちろんギター教室なんかに通えば、上達が早かったりすると思いますよ。


でも、毎週決まった時間に通える人ばっかじゃないし、習い事にイヤイヤ行く感じになったら正直楽しめません…


私はずーっと独学で練習しました。


私は同時にバンドもやっていて、ライブハウスに出て音源作って、本気で音楽をやってたんですが、ギター=バンドって訳じゃないですよね。


コレがベースや、ドラムなんかだとなかなか自立が難しい楽器だと思うんですよ。


もちろん個人で演奏されてるプレイヤーの方もたくさんいるでしょうけど、どうしても他の楽器とのセッションが多い様に思います。


ギターは単体で自立が出来る楽器なんですよね。


弾き語りや、ギターのメロディーだけでも単体で成り立つんです。


これもすごく良いところ。


ピアノなんかはもっと優れた楽器で、リズム、ベース音、メロディーを同時に鳴らす事が出来る素晴らしい楽器。


でも敷居が高いのは確かです。


もちろんムズいし、とりあえず高額。


で、重い。 場所もけっこう取るしね。


ギターは軽い、小さい、安い。


手軽さにおいては、ハーモニカ、リコーダーの次ぐらいじゃない?(笑)


部屋のソファーに置いとくと、テレビ見ながら弾いちゃうレベルの手軽さ。


でも、出来れば音楽好きな人が良いかも?


これは根本的な事ですけど、音楽バカぐらいがちょうどストライク。


たぶんこの記事を読んでる人はそーとーバカ…


じゃなくて(汗)音楽愛がすごいでしょ?


ギターやるならせめて音楽好きな人ですね。


だったら続きますよ。


よく言うFコード地獄みたいな…


簡単に言うと押さえにくいコード(和音)があって、その壁を越えれずにギターが部屋のオブジェになっちゃうパターン。


これもたいした問題じゃないと思うけどなぁ…


実際やってりゃすぐ出来るようになるし…


もし面白く感じなければ、やめたって良いんだもん。


続けなければならない理由はありませんよ。


気楽にやるぐらいがちょうどいい。


しばらく部屋の飾りになってても、ふと思い立ってやり出した人も私の周りに居ますしね。


音楽が凄い好きで、家、車、ウォークマンとかスマホでずーっと音楽聴くぐらい好きな人って山ほどいるでしょ?


そーいう人ならハマると思うなぁ…


音楽って人に説明しきれない部分あるじゃないですか…


その…


なんでその曲好きなの?って聞かれた時に、『だって好きだから。』みたいな(笑)


『カッコイイから。』とか
『ノレるから。』みたいな感じになるじゃないですか…


だけど仮にギターでその曲を弾ければ、その大好きな曲を、なんで好きになったのかが少しわかるんですよね…


なんで悲しく聴こえるのか?

なんで明るく、楽しく聴こえるのか?

それぞれ理由があって

その理由が少しわかるんですよね。


精神論とかじゃなく、音楽理論ってか自分はこんな和音の組み合わせが好きなんだっとか、こういう和音の組み合わせは好きじゃないとか知る事が出来ますね。


その曲を書いた人の思考というか、歌詞に対してメロディーをどんな思いで作ったのか少しだけ理解出来る様な気になれるんですよ(笑)


こんな和音(コード)使ってるんだ…とか

たぶんココに繋げる為の前フリだろうとかねっ。


それはギターを始めて良かったんじゃないかなって思います。


あと友達なんかの結婚式とか、まぁまぁ弾いてますね。


後ろで弾いてあげる事もあるし、マジの友達なら『あの曲歌って〜』とか頼まれたりして、それが良いかは別としてもお祝いしてあげる事は出来ます。


社会人でも、会社で3回ぐらいバンドに誘われたりして…


私は全部断ったんですけどね(笑)


でも、あまり仲良く無かった人でも、ギターの話なんかで盛り上がったり出来ます。


コレ、ギターだからって話じゃないですね(笑)


趣味を始める時、同時に続くのかどうかってやっぱ気になりますよね。


特に高い買い物するとか、けっこう慎重になっちゃう…


趣味としてはギターってけっこう安い。


モチのロンで高いギターもありますけど、それは趣味として続けば買えば良いって話。


ギブソンやフェンダーだけがギターじゃないでしょ?


ネットなんか見てると、初心者セットがどーだとか、安いギターはなんとか、とにかくうるっさい。


ザッツ雑音……







オッケー?


8万円代〜は国産でとか、マジでしらねぇ。


初めてやるんなら何でも良い。


物は値段相応ってのは、みなさんご存知の通り。

そりゃ高けりゃ良くて当たり前だもん。


そんな事で初めの一歩を先延ばしする方が絶対もっちぃない。


安くたって、どこの工場で出来たギターだって、ちゃんと音が鳴れば大丈夫。


揃える物も、ギター本体、アンプって呼ばれるスピーカーでしょ、あとはギターとアンプを繋ぐケーブル。

ピック、ストラップ、チューナーぐらいかな。

エフェクターなんかはちょっとづつ揃えるのが楽しみなところもあるし。


私は部屋のアンプをブックオフの中古屋で、マーシャル15Wのヤツをたしか3000円ぐらいで買いました。

前のが壊れたから。


だから続けるのもそんなにお金はかかりません。


スタジオ入ったって1人で2時間2000円ぐらいだし、毎週バンドで入っても月8000円とかそんなもんです。


ちなみに音符なんて読めなくても全然大丈夫。


そのうち耳コピーって言って、楽曲を聴いたらそのままギターで音を出せる様になりますから、TAB譜って言われるギター用の楽譜も買わなくなります。


すっげぇヤバいのは無理ですけど、大概は弾けると思います。


ギターはすごく敷居が低く出来てるんですよ。


誰もが楽しめる楽器として、世界中で愛されるのには訳があるんでしょうね。


エレキでもアコースティックでも、楽しさは同じ。


自分で鳴らす大好きな曲はやっぱり良いですよ。


何でも上手い人が偉い訳じゃない、下手でもずーっと続けてる人がやっぱりカッコイイ。


って事はカッコいいギタリストになる敷居も意外と低いかもね。





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 19:45| Comment(0) | ギター・バンド活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: