2017年07月03日

『DOLL MAGAZINE』が私に教えてくれた事。『MONOEYES』ってバンド名の由来と超ロックな『ガンダム』

昔、『DOLL MAGAZINE』っていうパンクやロックの専門誌があって、インターネットが普及する前なんかはこの雑誌からの情報だけ!ぐらい重要な雑誌だった。


パンクキッズ、バンドキッズだった私も、もれなくこの雑誌にお世話になってました。


少し説明を…


『DOLL MAGAZINE』(ドールマガジン)

かつて発行されていた日本の音楽雑誌。

1980年の創刊(1980〜2009)

邦楽・洋楽を問わずパンク、ロック、ハードコア、ガレージ、スカ、メタルなどを中心に取り上げていた。発行元は株式会社DOLL。

約30年間続いた音楽情報雑誌であった。

ラモーンズやセックス・ピストルズ、クラッシュ、ミスフィッツ、グリーン・デイなど、海外アーティストの特集なども数多く組まれている。


IMG_0973.JPG


残念ながら2009年で廃刊になっちゃったんです…


私もバンドのメンバー募集したり、いい感じのメン募に釣られて電話したらガチガチの勘違いパンクマンだったり、カッコいいと思って買ったCDが、とんでもなくハズレだったりと色んな思い出がありますが…


今でも頭に残っている良い記事がいくつかあるんですが、ひとつだけ不思議なくらいに思い出す記事があるんです…


『ガンダムが流行ったのはロック魂があったからだ!』

IMG_0975.JPG


マジでだいたい…


ニュアンスはこんな感じの記事でした…


パッと見では、不釣り合いなテーマだと思ったんだけど…


しかも、雑誌的にもかなり後ろの方の、もうココからそんなに見る人いねぇよな的な所らへんにあった記事…


それが何故か頭に残ってる…


いや、MONOEYESが2枚目のアルバム出すから盛り上がってるでしょ…


MONOEYESって名前はガンダムに出てくる敵国のロボット(モビルスーツ)が単眼(モノアイ)って所からつけられた名前だって思い出して…


細美さんもメンバーもガンダム好きなんかなぁって…


記事の中身はこんな感じだった。


かなり自分流な捉え方なのはご勘弁。


当時のヒーロー物では、基本的に正義と悪。


わかりやすい白と黒の戦い。


正義が悪を懲らしめて一件落着。


当然見せ場のヒーローピンチタイムがあって、子供たちの声援を受けたヒーローは傷つきながらも立ち上がる。


ギリギリで立ち上がって、最後の必殺技で悪を倒す。


それ、最初に出せや…っていう突っ込みなんてする奴はいない!


このわかりやすい構図が子供達の絶対だ。


それに、NOを突きつけたのが『機動戦士ガンダム』ってアニメだった。


それまでのヒーロー的な主人公達は世界平和の為だったり、誰か1人を守る為に必死で戦う。


それが、誰だろうと救っちゃう。


『えっ、俺ら初対面だし…』とか言わない。


『ちょっ、今?…メシ時はキツイわ〜』とか萎えない…


凄まじいモチベーションで、悪を許さん!ってなんのよ。


でもね、正直死ぬかもしれないんだよ…


死ぬってか、殺されちゃう…


普通に考えたらすげぇ、恐怖でしょ…


それも毎回戦うたびに、敵も強くなってくし…


倒しても、倒しても、自分1人で戦わなきゃなんないの…


ありがとう!とかってみんなに言われて…


現実の世界ならマジで『みんなで戦おうよ!』ってなるよね…


なんで俺ばっかなの?って…


俺だって恋愛して、家庭作って幸せになりてぇよって…


休日ぐらいゆっくりライブ行きてぇよ!とか魚釣りさせろや!ってのが普通でしょ?


ところがガンダムは舞台が戦争なんです。


簡単な善、悪じゃないの…


人間VS人間っていう悲しい戦争が舞台。


まず、戦争に善、悪は無い。


お互いに違った理想と正義を持っていて、どちらも信じるものの為に戦ったり…


選んだ選択肢が絶対的に間違えてる戦争ってやつ…


視聴者は子供だから、ガンダムー!いけー!ってなるけど、よくよく考えたら人を殺しちゃうんだよね…


で、この主人公がやたらひねくれてる…


『なんで、僕が戦わなきゃいけないんですか?』って言っちゃう。





いや…ダメじゃん、そこは戦おうよって子供心に思ってた(笑)


でも、主人公が

何故戦わなきゃならないのか?

何故、僕なんだ?

誰の為なんだ?


って自問自答しながら、戦争に身を投じて行く姿は、当時のヒーロー物には無かったリアリティだったと思う。


精神的に病んでしまって、戦えなくなったりするんだけど、今ではすごくリアルでしょ?


とにかく1979年に始まったこのガンダムってアニメは、それまであったヒーロー物の当たり前をぶち壊し続けた。


スポンサーからのゴチャゴチャにも結構反抗的だったみたいで、それまでの、ロボット、合体、決めポーズとかが無い。

そういうの無しでしょ…

ダセェじゃん…

って感じを出して、スポンサーのいう事も聞かない…

って、マジでパンクだな、おい!


この姿勢は、当時の視聴者に全く受け入れられない。


子供には難し過ぎる設定と、リアルを追求するスタイル、合体シーンや決めポーズも無くて、番組は打ち切られるんです…


知ってました?

まぁ、クビってやつです。


打ち切られた後になって、ジワジワ反響を呼び、時間をかけて爆発的ブームを呼ぶ事になるんです。


この一連の作者、スタッフたちの思いや、姿勢が、ロックであり、パンクだろうが!


ハナから大衆受けなんて狙ったら、俺らの作品の意味がないんだよ!


それがプライドってヤツだろ?ってスタイルを、打ち切り覚悟で最後まで譲らなかった。


っていう感じの記事でした。





ロックやパンクの定義ってそれこそ死ぬほど議論されてて、何が本当で当たりだとかもうわかんない…


それぞれが自分の中で定義だったり、これだ!みたいな物があって、そのどれもが正解なんだと思う。


ただ本物のロックスター、忌野清志郎や甲本ヒロトなんかは口を揃えて『ルールを決めたり、定義付けした時点でロックじゃない。 その定義やルールを破るのがロックだ。』的な発言をしている。


誰かの真似じゃダメって事…




誰の真似もせずにオリジナルにこだわったヤツはジャンルに限らず、パンクでロックだって話。


大衆受けをハナから狙った様な音楽で、ロックだ、パンクだとか言ったって完全にファッションだけ。


誰にも理解されなくても、自分達の信じた事をやり切るヤツらだけが本物だよ…


この話は私の中で全てに通ずる物があって、事あるごとに思い出す。


そんな私は、長いものにわりと巻かれるタイプじゃねぇか?


でも、そんなつまんない大人になりたくないって、わずかな抵抗してる事こそがあの良記事を書いた筆者の方への唯一の恩返ししだと思ってる。


ロック好きの人にガンダム好きが多いのは、こんな事が少しは関係しているのかもしれない…


ん〜、無いか…(笑)


まぁ、まとめるとMONOEYESは本物のロックでパンクだ。って事か…




えーーっと…


こちらからは以上でーす…





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 12:45| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: