2016年12月18日

MR.ORANGE 全ての歯車が噛み合った1stシングル

MR.ORANGE(ミスターオレンジ)

メンバー
SCHONボーカル、ギター)
SUGGY(ベース)
SHUNTARO(ドラムス)

元メンバー
Yu-ki(ボーカル、ギター)
oioi-Tukuru(ベース)
Eiji(ドラムス)

1996年7月結成。

翌年の97年には、SNAILRAMPが立ち上げたレーベルSCHOOL BUS RECORDSから
1stシングル「TIME FILES」をリリース。

わずか1年足らずで、当時絶大な人気を誇るSNAILRAMPのTAKEMURA氏から
プロデュースをされるなんて、MR.ORANGEに相当なセンスを感じたのでしょうね…


私は発売された時にたまたまHMVでこのCDを発見し、何気に購入しました。

帰って聴いてみると、もう若さ全開ですよ!

このシングルが4曲入りなのですが、今だにファンの間では語り継がれてますね…


時代はメロコア全盛期で、その後押しも勿論ながら、メンバーはこの時平均年齢18歳です。


楽曲も凝ったものではなく、ストレートそのもの…


いかにもメロコアで耳の肥えたオーディエンスには、物足りないかと思えるんですが…


なぜかそれをガツンと突き破る勢いがあります!


この頃からギターの歪みも抑え気味のバンドが増える中で、さすが18歳はイケイケです。




ギリギリの歪みで実に気持ち良いサウンド!

こういうのって狙ってどうこうじゃない…

再録しても絶対同じ様な作品にはならないですもんね!

ボーカルの声に、全てのパートがバチッとハマってる感じ…




この時のボーカルはYu-ki氏で、この1枚だけを残しベースのTukuru氏と共に脱退しています。


メンバーチェンジを経て1999年にミニアルバム『Who can understand it?』をリリースし
7万枚を越すセールスを上げる。

このアルバムではギターだったSCHON氏がVo&Gを担当しています。


もちろん私も買いましたよ!

でもね…

ほら…

もうボーカル変わっちゃってるから…

うん…


2000年に自主レーベル「HOME MADE」から1stアルバム『RADIOSTATIC-ACTIVITY』を
リリースしインディチャート1位を獲得した。

2002年にメジャーデビューしたのですが、同年に解散しています…


オリジナルメンバーで続いていれば、
誰もが知るビッグバンドの仲間入りしていたかもしれませんね…

しかしあの瞬間の音楽は本物でした。


Time flies


2008年には解散後6年経ってのベストアルバムが
発売されました。


MR.ORANGE BEST(DVD付)






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村





posted by メシア at 22:56| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

Descendents アメリカンパンクの勢い

  Descendents(ディセンデンツ )

1978年に結成されたアメリカのパンクロックバンド。

IMG_0327.JPG

カリフォルニア・パンクの代表格として知られる。

エピタフやファット・レックといったレーベルから音源を発表してますので、
知ってる方が多いかも知れませんが、他の大御所に比べるとややマイナーかもしれませんね?

IMG_0326.JPG

Vo  マイロ・オーカーマン 
(1980–82, 1985–88, 1995–97, 2002–04, 2010–現在)

 G  ステファン・エガートン 
(1987–88, 1995–97, 2002–04, 2010–現在)

 B  カール・アルバレス 
(1987–88, 1995–97, 2002–04, 2010–現在)

Dr  ビル・スティーヴンソン 
 (1979–83, 1985–88, 1995–97, 2002–04, 2010–現在)


活動休止やメンバーチェンジがありますが、
現在も活動しています。


このバンドはとにかく勢いがハンパない(笑)


ストレートな楽曲が中心で曲も短めですが、
Voのマイロにやられます。

声がカッコ良すぎる!  もちろん曲のセンスも抜群です!

  アルバム

Milo Goes to College (1982)

I Don't Want to Grow Up (1985)

Enjoy! (1986)

All (1987)

Everything Sucks (1996)

Cool to Be You (2004)

今回は96年のEverything Sucksから!







マイロの声にやられましたか?(笑)



Everything Sucks








↓ポチリに感激
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 17:28| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

Hi-standard カバーシングル 12/7にリリース

「Vintage & New,Gift Shits」

IMG_0287.JPG

01. I Get Around(原曲:The Beach Boys)

02. You Can't Hurry Love(原曲:The Supremes)

03. Money Changes Everything(原曲:シンディ・ローパー)

04. Happy Xmas(War Is Over)(原曲:ジョン・レノン)



ハイスタ再結成後の2ndシングルが発売されました。

彼等らしいカバーシングル!

MVも、ハイスタらしいっちゃらしくて笑えますね^ ^


Vintage & New,Gift Shits


昔に発売された音源(Happy Xmas)も再録されてます。

昔からカバー上手で知られる彼等ですが、
今回の選曲とリアレンジセンスもやっぱり良い!
本格的に活動して、どんどん新しい音源を発表してくれるのは嬉しいですね!


ハイスタのカバー曲といえば、カッコイイ曲がたくさんあります!

こちらはファーストアルバムから
↓特に私の思い入れが強いのがコレ





グローイング・アップ


ちなみに1stアルバムに収録されてますが、輸入盤には収録されてませんので…

CALIFORNIA DREAMIN' 
作詞:Michele Gillian John Phillips / 作曲:Michele Gillian John Phillips

原曲はママス&パパス

初めて聴いた時は完全にヤラレましたよ。

ナンさんとケンさんのボーカルとか、
別次元の格好良さです!

何気にギターソロ間のツネさんのドラミングも難しいし…



その他にも
SINCE YOU BEEN GONEや
SATURDAY NIGHT
THE KIDS ARE ALRIGHT
Have You Ever Seen The Rain
Gotta Pull Myself Together
Can't Help Falling In Love、などなど

はじめてのチュウ、なんてのもありましたね!

こう見ると多いなぁ〜!


ANGRY FIST




Love Is a Battlefield



KIDS ARE ALRIGHT








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 21:26| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

カモン・アイリーンを車でガンガンにかけたい!

Come on Eileen (カモン・アイリーン)

この曲を知ったのは、私が10代の頃です。

大阪の深夜ローカル番組で初めて耳にしました。

すごく雰囲気が良く、えらく凝った楽曲で、
作曲した人はどんなん?

たぶん天才が作ったハズだ!


と凡人は感じました(笑)


しかし番組テロップで曲名を調べるのがやっとで、当時はモヤモヤしてました…


すると97年に

COKEHEAD HIPSTERS(コークヘッド・ヒップスターズ)がカモン・アイリーンの
カバー曲を発表しました。

ナイスタイミング!

このカバーもカッコイイ!





COME ON EILEEN


↑この表紙も本家からパロってます(笑)



で、謎が解けました。
1978年に結成されたイギリスのバンドで

Dexys Midnight Runners
デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ

と言うバンドが本家です。

リーダーのケビン・ローランドのワンマンバンドであり、毎回作る音楽、
ファッションが違う。この為、メンバーチェンジも激しい。

う〜ん、さすが天才… よくわからん…

1983年、『カモン・アイリーン』が全米1位に輝き、代表曲となる。

らしいです(笑)

でもこの曲は絶対すごいですよね?

もうアイデアもコーラスの雰囲気から、計算され尽くした感があります。

実際にこの曲だけで無く、イギリスチャートの上位には何曲か
ランクインしていたみたいです。



うん、やっぱ良い!



カモン・アイリーン








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 21:20| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

AA= (All Animals Are Equal) これは大音量で聴くしかない!

AA=(エーエーイコール)

2008年〜

ex MAD CAPSULE MARKETSのベーシスト
クレイこと上田剛士のソロプロジェクト。

サポートメンバー

白川貴善(BACK DROP BOMB)-ボーカル

児島実(室姫 深)ギター・コーラス

金子 ノブアキ(RIZE)- ドラム

ZAX(Pay money to my pain)-サポートドラム

草間敬 - プログラミング


現在はアルバム「#1」「#2」「#3」「#・4」「#5」までが製作されている。

すでにこのメンバーがヤバイです。

ちなみに児島さんは室姫深の名前でMADの初代ギタリストですね。

MAD時代からその溢れんばかりの楽曲センスでオーディエンスを沸かせて来た
上田剛士がやりたい様にやってます!

デジタルを取り入れたベースサウンドは洗練されていくばかり…

私は初期も現在も、この人の作る楽曲は大好きです。

この先も聴き続けるでしょう…

#1から




#1



こちらはDragon Ash Kjとのコラボ



「M Species (#5 Ver.)」収録


#5


最後に東日本大震災の復興支援プロジェクトとして
上田剛士本人からのオファーにより実現した
すっげぇメンバーです!

Akihiro Namba(Hi-STANDARD), Hayashi(POLYSICS), HIROSUKE(BALZAC)
K(Pay money To my Pain), Kj(Dragon Ash)などなど…

被災者を思う気持ちを形で表すのは、やっぱりすごい…









↓ポチリに感激
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 15:44| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

Nirvanaという生き方

Nirvana(ニルヴァーナ)

メンバー

Vo&G カート・コバーン
B クリス・ノヴォセリック
Dr デイヴ・グロー

1987年〜1994年

1994年にVo&G カート・コバーンの自殺と言うショッキングな事件で幕を下ろした、伝説のバンド。

2ndアルバムのNevermindは全世界で7,500万枚のセールスを記録している。

独自の世界観を最後まで貫いた、アメリカのアンダーグラウンド最強バンド。

アンダーグラウンドから飛び出してしまった途端に嫌気が差し、3rdアルバムでは原点回帰している。

Smells Like Teen Spirit

この曲が良くも悪くもカートの運命を変える事になる。

歴史に残る名曲…




ネヴァーマインド





3rdアルバムから

Rape me



このバンドのカッコ良さを語るのはやめましょう。
聴いてみて肌で感じるのが1番です…



イン・ユーテロ







↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村






posted by メシア at 22:47| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

BACK DROP BOMBのセンスがヤバイ!

IMG_0256.JPG



BACK DROP BOMB

白川貴善(v)、小島真史(v)、田中仁(g)
寿千寿(g)、篭橋俊樹(b)、有松益男(d)


このバンドはとにかくヤバイんですよ…

もう1stのミニアルバムを聴いた時から、電気走りました…

ミクスチャーなんですが、メンバーのセンスが有り過ぎて、通り越してますよって時もあるぐらい…

演奏のレベルが高く、ボーカルのメロディーはメジャーなラインから外してあります。

でも、外れ過ぎずサビで程良く返ってきます。

これはvoタカのセンスなのか、マサのセンスなのか…

このバンドを聴いてなかったら、マジで損してたって思うぐらいの完成されたバンドです。

現在はミニアルバムが3枚、フルアルバムが5枚ぐらい出てます。

ライブも何度か行きましたが、カッコよかった〜!


1stミニ
1996年08月21日
The New South Hand Blows and North Kick Blows





THE NEW SOUTH HAND BLOWS AND NORTH KICK BLOWS



1stフル
1999年12月22日
MICROMAXIMUM




MICROMAXIMUM



2stフル
2003年07月16日
NIPSONG





Nipsong



どうでしたか?
いや〜まちがいないでしょ(笑)






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 13:05| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

CHINA DRAM 埋もれた才能…

CHINA DRUM

イギリス北東部スコットランド出身の三人組1989年結成。

IMG_0244.JPG


イギリスのパンクバンドといえばスナッフ、レザーフェイスなど私も好きなバンドが沢山いますが、
このバンドはカッコいいです。


確かレザーフェイスのフランキーが何かしらのメディア(ラジオ?)でチャイナドラムの
名前を出した所、人気に火がついたと記事で読みました。

彼らは人前で演奏する前に、ガレージを改造したスタジオで長い間練習に励んだそうで、
デビュー当時から演奏力が高いです。




初期の頃はメンバーが3人で、ボーカルのアダム・リーがドラムボーカルと言うスタイルです。

アダム・リーの歌声が素晴らしく、後期になると新しいドラマーを迎えボーカルに専念するのですが…

初期の頃の勢いは次第になくなり、ジャンルも少しづつ離れていきます。

私は完全に初期派ですが、後期の頃にも良曲があり、才能を埋もれさせてしまったバンドのひとつかもしれません…

とにかく初期の頃のアルバムは必聴です!






posted by メシア at 12:55| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

MISFITSが30年振りにオリジナルメンバーで活動再開!

MISFITS

1970年後半から1980年前半にかけて活動し
その先駆性でもはや伝説となったアメリカのパンクバンド。

名前を知らなくてもこのシンボルマークは知っているんじゃないですか?

IMG_0242.JPG

その後もボーカルのグレン・ダンジグの脱退と言う形で、活動は続けていたのですが
私は聴いていません。

ダンジグのセンスがズバ抜けており、
ダンジグ抜きのMISFITSなど私にはありえません。

ダンジグ名義のソロアルバムは買いましたが、MISFITS時代の曲が
アレンジを加えて再録されてたりで…

MISFITSの魅力はホラー色だけではなく、楽曲センスとメロディーの良さに他なりません。



1990年代に入ってもはその魅力に取り憑かれた人達で、シングルレコードの
HALLOWEENなんかは手の届かない最上段に飾られ、値段もプレミア価格の3万ぐらいになってましたよ(笑)

有名なバンドも多数カヴァーしていて、改めて影響力の強さを感じますね!

メタリカはMISFITS大好き!



あのGREENDAYも!


Walk Among Us


本家より演奏が数段うまし(笑)


30年振りにオリジナルメンバーで、活動再開するみたいですが、
聴きたい様な聴きたくない様な複雑な気分です…

記念すべき1stアルバム

Walk Among Us




posted by メシア at 20:43| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

CIVILIAN(ex.Lyu:Lyu) 最近、気になるバンド

CIVILlAN(ex.Lyu:Lyu)


2016年7月に『Lyu:Lyu』から『CIVILIAN』に改名。



ボーカロイドプロデューサー・ナノウとしても知られるコヤマヒデカズ(Vo, G)と、
純市(B)、有田清幸(Dr)による3ピースロックバンド。

IMG_0559.JPG

Vo&Gのコヤマ氏が作詞、バンドで作曲をしているのですが、
Lyu:Lyu時代の楽曲も闇が深くて一般受けしなかったのか?






GLORIA QUALIA




相当カッコいい…
かなりの才能をお持ちのようで、ギターの音ひとつ取ってみても、ストラト最強と思わせる…

ちなみにベースラインも相当キテます。


詩にも独自の世界観があり、これは玄人好みされる事間違いない!



改名の理由とは?


コヤマヒデカズ氏談

IMG_0558.JPG

『Lyu:Lyu』っていうバンド名でずっと活動をしていたんですが、いろんな理由で2年くらいリリースが止まっていた時期があって。ライブ活動と音楽活動自体は止めずにやってはいたんですけど、その2年の間に事務所を移ったりいろんなことがあったんです。


今年の初めに新しい体制がやっと整い、これまで『Lyu:Lyu』としてやってきたことをもう一度3人で見つめ直す時間を作りました。
その時に「もっともっとたくさんの人に音楽を聴いて欲しい!」という3人の共通の思いがあり、
「たくさんの人に自分たちの音楽を届けるには、あとは何が足りてなくて、自分たちはどうしていくべきなんだろう?」って考えた時に、
「かつて『Lyu:Lyu』としてやってきたことも引き継ぎつつ、今までできなかったことにもチャレンジしたい!」と思ったんです。

歌詞を書いているのは自分なんですけど、今まで歌詞の中で書くことをためらっていた言葉だったり、そういうものも一度フラットに戻して、「やりたいと思ったことを自由にやっていこう!」って思って。

それで、再出発として『CIVILIAN』という新しい名前のバンドに生まれ変わったわけです。


コヤマ氏は「もっと広い視野を持って、自由に音楽を表現したい。」
とも語っています。

『CIVILIAN(市民)』というバンド名を選んだのもそういう理由からだそうです。


CIVILIANとなって一発目のシングルもヤバい…

今年は飛躍の年になるだろうなぁ…





Bake no kawa





posted by メシア at 23:04| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする