2017年01月05日

映画【告白】を見た。あらすじと評価

『告白』(こくはく)

2010年公開の日本映画。
湊かなえによるベストセラー小説の映画化。

監督:中島哲也 主演:松たか子

IMG_0499.JPG


あらすじ


ある中学校の終業式が終わり、雑然としたホームルーム。


中学1年のまだ落ち着きがない生徒たち…


教壇に立つ担任の森口悠子(松 たか子)が静かに語り出します。

IMG_0493.JPG

「私は、シングルマザーです。私の娘は、死にました。警察は、事故死と判断しました。でも事故死ではありません。このクラスの生徒に殺されたんです。」


静かな語り口とは相反しこの衝撃的な告白から、物語は始まります。


娘の父はHIVに感染しており、話し合った結果、結婚はしませんでした。


彼女は愛娘を殺された母親であり、教職者という立場なのですが、すでに感情は崩壊しており人間味は全くありません…


クラスの生徒、AとBが犯人だと彼女は続けます。


13歳の幼き犯罪者


生徒A・渡辺 修哉

IMG_0500-4d09d.JPG

森口の娘を殺した事件の主犯格。

頭脳明晰で成績はトップクラス。
周りからは一目置かれる存在ですが、自分の周りの人間を見下しています。

自己顕示欲が強く、自分が注目されるためなら殺人さえも計画する歪んだ性格の持ち主。

幼少の頃に母から捨てられ、愛に飢えた極度のマザーコンプレックス。


生徒B・下村 直樹

IMG_0498.JPG

同じく森口の娘を殺した共犯者。

クラスの中ではおとなしく平凡な直樹は、理想ばかり押し付けてくる母親に嫌悪感を抱いている。

母は完璧主義の超過保護。

ある日、校則違反を犯した直樹はゲームセンターで保護されてしまいます。

学校の先生が迎えにくるとのことで、森口が来てくれると思っていたが、迎えにきたのは担任ではなく体育教師。

その事から森口を恨むようになり、殺人計画を企てようとしている修哉に利用されてしまう。



この2人の境遇は正反対です。

事件の主犯格である渡辺は研究者である母から、捨てられ母の愛に飢えながら育ち、事件の共犯者である下村は母から理想ばかりを押し付けられ、過保護に育てられます。


殺害する相手は誰でも良かった…


主犯格の渡辺は世間や、周りがあっと驚く事をやってみたかった…


その幼稚な殺意は、森口のまだ幼い娘に向けられるのです。

IMG_0502.JPG

そして、森口は先ほど2人に配った牛乳の中に夫の汚染された血液を入れたので、二人には「命」をしっかりと噛み締めてほしいという。


娘を殺された母親の静かな復讐劇が幕を開けます…


映画の評価と興行成績



IMG_0504-62f26.JPG

映画観客動員ランキングでは、公開から4週連続のトップ。

2010年の興行収入では公開第8週目で35億円を突破し第7位を記録している。

日本アカデミー賞においても4冠を達成し映画『告白』は大成功を収めた。


しかしこの映画には賛否両論があって、評価が割れています。


映画雑誌「映画芸術」では2010年に公開された映画のワーストワンの映画であるという位置づけであった。


このワーストワンの理由とは、松たか子が淡々と語る長いセリフの部分が映画的ではないというところだそうです。


小説を原作とし、確かに松たか子始めキャラクターが、BGMをバックに淡々とセリフを語っていき、また映像もテレビのコマーシャルの様な映像を流す手法がとられています。


斬新なんですが、映画としてはあまり評価されなくてのワーストワンという事らしいです。


犯した罪


先生の娘を殺害する、犯人の年齢は中学1年、つまり13歳です。

刑法41条が適用され、14歳に満たざる者の行為は罰しない。


よって処罰されることはありません。


児童相談所へ送られて終了…

これ、マジです…

恐ろしい事ですが、彼らが社会的制裁やハンデを受ける事はありません…


森口はそれを知っているからこそ自ら復讐するのです。


娘を殺害された森口先生の罪はどうでしょう…


少しネタバレあり


彼女が復讐の為に仕掛けた罠で、何人かは亡くなりますが、直接犯行は犯していません。


@エイズ患者の血液を牛乳に混ぜる

これは結果として混入させてませんので、傷害罪にはあたりません…

たぶんこれは立件不可能です。


A後任の熱血教師を使い少年Bを精神的に追い詰めるような行為を行う


後任教師を操っている証拠はありません。

操っていたとしても、その結果が少年Bの母親を殺しに発展したかどうかは誰にも判らない。結果的にそうなった、というだけ。


Bこれは完全にネタバレになりますので、あえて伏せます…


全てを含めても、これらを蓋然性の殺人と言います。

簡単に言うなら「起きるかもしれないけど、起きないかもしれない(どっちでもいい)」こと。

まさに「告白」内の事件は全て「起こるかもしれないし、起こらないかもしれない」のです。


これは作者が意識的に仕掛けています。


作者の思い


作者の湊さんは、この作品を書いた動機を、無差別殺人を起こした犯人が口々に語る「誰でも良かった」
という言葉に対する疑問、つまり「誰でも良かったのなら、何で身内を殺さないのか?」
という疑問点から出発したと語っています。


つまり、そこには、「誰でも良い」と言いながら「(私の知らない人の中からなら)誰でも良い」という、酷く身勝手なエゴイズムが根底にある、ということを湊さんは描きたかったそうです。


未必の故意、蓋然性の殺人は、まさに「起こっても起こらなくても良い」んですね。

物凄く身勝手で、エゴイスティック。

無差別殺人と根底がつながってるんですよ。


この映画では、腐敗した人間模様が映し出され、育児放棄やいじめ、殺人、数々のショッキングな出来事が詰め込まれています。


しかし全てのキッカケは少年Aを捨てた母親から始まっているのです…


少年Aを育児放棄したことにより、全ての人を巻き込み、負の連鎖が始まります。


そしてその罪を誰に問えば良いのでしょうか?








告白 【DVD特別価格版】 [DVD]



告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 12:28| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

映画【ルーム】を見た

『ルーム』(room)は、2015年にカナダとアイルランドで製作されたドラマ映画である。
フリッツル事件を基に書かれたエマ・ドナヒューの小説『部屋』を原作としている。監督はレニー・エイブラハムソン、主演はブリー・ラーソンが務めた。

IMG_0430.JPG


母親を演じたブリー・ラーソンのアカデミー主演女優賞を初ノミネートで受賞するという快挙をはじめ、トロント国際映画祭での最高賞(観客賞)など計74の映画賞を獲得した。世界最大の映画批評サイトRotten Tomatoesで今も支持率94%を誇る注目作。

IMG_0432.JPG

ニックと呼ばれる男の自宅(納屋)に、7年もの間監禁された女性ジョイと、ニックとの間に出来た息子ジャック(5歳)が納屋から脱出し、自らの生活を取り戻すまでの葛藤を描いた作品。


素晴らしい映画でした。

IMG_0436-f7d16.JPG

監禁された部屋からの脱出を描いた作品なら、多数存在するのですがこの映画は

母子の愛情

犯罪被害者へ向けられる視線

環境の変化に対応する難しさ

など様々な視点から描かれていて、とても見応えがあります。


普通なら監禁された納屋からの脱出がゴールだったりしますよね。


犯人から追われ、危険を回避しながら逃げ出すスリルだったり、緊張と安堵の狭間を行ったり来たりする感じの…


この映画は脱出の方法から、すでに感動します。

ジャックの世界はあの狭い納屋が全てでした…

そして母親のジョイそのものが世界でした…

毎朝起きると椅子やテーブルに挨拶して、狭い部屋での運動…

IMG_0431.JPG

テレビに映る物は全て偽物だと信じていました。

純粋に母親ジョイの教えを受け入れて、すくすく育っていきます。

IMG_0433.JPG

IMG_0434.JPG

ある日、ニックと口論となり食料と電気の供給を止められてしまいます。

寒さに凍える2人…

ジョイは本当の事をジャックに話そうと決意します。

そして危険を冒してでも外の世界へ出る約束を2人で交わすのです。

IMG_0435.JPG


IMG_0439.JPG

普通はココでゴール。

しかしけっこう序盤で脱出するのです…


ここからがこの映画の見所です。

環境の変化になんとか順応しようとする、息子ジャックと、順応するのが困難な母親ジョイ…

IMG_0438.JPG


ジョイの両親は、ジョイが監禁の被害にあった後に離婚しており、脱出をキッカケに久しぶりに家族で再会するのですが、ジョイの父親はジャックの存在を受け入れる事が出来ません…


もう見ていて歯痒いのなんのって…


ジャックの父親は、ジョイを監禁した張本人で憎むべき犯人…

ジャック本人の事を見ずに、ジャックに流れる血を憎むのです。


ジョイは1人で監禁の被害にあいました…
その辛さなど、私達には想像すら出来ません…

息子のジャックが生まれた時、もう1人じゃない、それがどれだけ心強かった事でしょう…


ジョイは自分を監禁していたニックにも、ジャックに指一本も触れさせませんでした…


このシーンからもジョイのジャックを思う気持ちの強さが表れています。


ジョイにとってジャックは天使なのです。

IMG_0440.JPG




親子の愛と子供の素晴らしい成長に心打たれます…






ルーム [DVD]








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 19:21| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

映画【カレンダーガールズ】を見た

カレンダー・ガールズ

2003年に制作されたアメリカ・イギリス合作映画。

IMG_0365.JPG

イギリス・ヨークシャーの田舎町ネイプリーに住む主婦たちが、白血病の研究に対する寄付のため、自分達がモデルになってヌード・カレンダーを制作したという実際の出来事が元になっている。



イギリス・ヨークシャー

IMG_0371.JPG


IMG_0375.JPG


まず景色がヤバイ!

イギリスの田舎町ネイプリーが舞台です。


この町の婦人会がやがてイギリスとアメリカ全土を巻き込むフィーバーを起こします!


婦人会メンバーのクリスとアニーは親友同士。

家族ぐるみの付き合いです。

IMG_0369.JPG

性格は正反対なんですが何故か馬の合う2人は見ていてほのぼのです。


婦人会には参加するものの、テーマは『秘伝のジャム作り』や『ブロッコリーの栽培』等、退屈な物ばかりです。

IMG_0368.JPG


そんな中、アニーの夫であるジョンが白血病で亡くなってしまいます…


最愛の人を無くした悲しみは計り知れません…


アニーはジョンがお世話になった病院に、彼の名前が入ったソファーを贈ろうと考えますが、思っていたよりも随分と高額です。


なんとかアニーの笑顔を取り戻したいと悩むクリス…


毎年、婦人会で販売するカレンダーの売り上げでは、到底ソファーの値段には届きません…


そこでクリスがとんでもない事を思い付きます。
婦人会でヌードカレンダーを出したいと言い出すのです。

IMG_0376-e0ab2.JPG

このカレンダーから全てが始まります!


田舎町のお堅い婦人会メンバーや、幹部の面々は当然猛反対です!


しかしクリスの思いは変わりません…


ジョンの為にも必ずやり遂げると言う思いが、見ていて熱くなります。


クリス、アニーの思いに少しづつ賛同者が増え出しメンバーがついに揃います!


カメラマンのスカウトも大変…

IMG_0370.JPG
逃げれない状態…(笑)


IMG_0373.JPG

ストーリーが流れるに連れて、もう輝きに輝いていく女性達が、見ていてニヤニヤする程、可愛いんですよねぇ〜^ ^

《これ、キモいコメントですけど、見たらこの気持ち伝わりますよ(笑)》


この話題は、イギリス全土どころかアメリカにも飛び火し彼女たちは一躍時の人となります!

IMG_0366.JPG

成功を収める一方では、周囲の妬み、ヌードだけを取り上げスキャンダラスに報道するメディア、思春期の息子やダンナさんの事…


良いことばかりではありません…


彼女達はやっぱり妻であり、お母さんです…


若者とは違って、人生経験豊富な彼女達ですから、自分達の居場所をしっかりとわかっている所がまた感動するんですよね〜


この映画は実話を元にしてるってところも尚更勇気をもらいました。

IMG_0364.JPG 
何かを始める事や楽しみを見つけるのに、年齢は関係ないって事ですね!


私もがんばりまーす!



カレンダー・ガールズ 特別版 [DVD]









↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 19:17| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

映画【オールドボーイ】を見た

『オールド・ボーイ』(Old Boy)は、2003年公開の韓国映画です。

IMG_0336.JPG
原作は土屋ガロン(作)、嶺岸信明(画)の
漫画『ルーズ戦記オールドボーイ』。


第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリ、第37回シッチェス・カタロニア国際映画祭で
グランプリを受賞しています。 


この第57回カンヌ国際映画祭では、バイオレンスアクション映画の巨匠
クエンティン・タランティーノが審査委員長でした。


中央日報は「流血、バイオレンスアクション映画の大家クエンティン・タランティーノが2004年、
カンヌ映画祭の審査委員長でなければパク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』が2等賞である
審査委員大賞を受けることができなかった。」と報じました…


いやいや…

でもね…

すげーいい映画なんですよー!



ここからあらすじですがネタバレなしです。


ごく平凡な生活を送っていた主人公オ・デスはある日、お酒を飲んだ帰り道に、突然誘拐されます。


目覚めるとの狭い密室…

IMG_0339.JPG

食事は、ドア下の小窓から入れられる質素な揚げ餃子ばかり…


そんな中、部屋に備え付けられたテレビで
妻が殺害されたニュースを見てしまいます。


気が狂う…


彼は正気を保つ為に、身体を鍛え始めます。
毎日、毎日、硬い壁を殴り続け、
身体の至る所を鋼のように鍛えあげます…


いつ来るかもわからない解放される日まで…


その日が来たのは監禁されてから、15年も経っていました。


誘拐された時と同じ場所で解放されます。


なぜ…

何の為の監禁で、何の為に解放されるのか…


ここから復讐のはじまりです。

IMG_0338.JPG


15年間も食べ続けた揚げ餃子の味を、忘れる訳がない!


まずはそのお店を探すのですが、そこで1人の女性に出会います。


IMG_0330.JPG

この運命的な出会いも、複雑に絡み合いながら、オ・デスは復讐する為に鬼と化して行きます…

IMG_0340-89611.JPG

IMG_0341.JPG





もう食い入るように見ましたよ。


息つく間もなくラストまで…


あぁ、チップス食べながらですけど(笑)



ストーリーは濃厚で斬新です…


そして結末は残酷でショッキング…


でも下品にはならず、全体的にはどこか悲しげな雰囲気があります…


見るべき良作だと思います。



オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]







↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村








ラベル:復讐 映画 親子
posted by メシア at 06:24| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

映画【さまよう刃】を見た

2004年  東野圭吾による長編小説。

現在までに150万部を超すベストセラー。

2009年  小説を元に寺尾聰主演で映画化される。

2014年には韓国においても映画化されています。

IMG_0323-1a68d.JPG


凶悪な少年犯罪の被害者となった少女の父親が主人公。



5年前に妻を亡くし、父と娘の2人暮らし…
悲しみの中でなかなか娘と上手くコミニュケーションが取ることが出来ない普通のお父さんです。


ある日、娘が友達と出掛けたまま帰って来ません…


娘は車で少年グループに拉致され、薬物投与、暴行されたあげく薬物の過剰摂取により亡くなります…


文字で見るよりも映像の方が残忍な犯行で、
目を背けたくなるシーンがあります。


少年らは近隣の川に死体を遺棄し、何食わぬ顔で普通の生活へ戻ります…


娘の突然の死に警察から詳しい事は何も聞かされずに、悲しみに暮れる父親…

IMG_0319.JPG


そこへ罪を逃れようとする少年メンバーの1人が、被害者の父親へ電話をする所から急展開を迎えます。


無残にも娘を殺された父親は復讐の為に、何が出来るでしょう…

IMG_0322.JPG


テーマは3者それぞれのさまよう刃

重い…

テーマが重いです…


少年犯罪の被害者と父親

少年法に守られ罪を犯す事を何とも思わぬ
少年犯罪者達

その少年犯罪者を復讐から守ろうとする警察…


誰の為の法律で、誰が裁かれるべきなのか…


正義とは何かを問う作品です。


IMG_0321.JPG


少年法とは誰の為にあるのか?

そもそも少年法は少年(少女)達に罪を悔い改めさせ、更生させる為の物です…


ですから少年犯罪者が社会復帰しやすい様に
前科等の社会的ハンデを与えず、
人生の再出発をしやすくするのです。


少年法は治安維持の為だと弁護士の方々や何やら専門家の方たちはおっしゃります…


社会的ハンデを与えてしまう事で仕事に付けず、少年らはやがて窃盗や強盗などを繰り返す様になり国全体の治安が悪化するという考えなのです。


犯罪被害者の事など関係ないみたいですね…


むしろ犯罪を犯した少年らを見守り、幸せに暮らせる為のサポートをするのです…


少年犯罪の被害者や親族には何一つケアなどありません。
誰にも守られていないのです…


少年法の在り方など、私如きが語れる事ではありませんが…


とにかくこんな私にも考えるキッカケをくれる様な作品です。


ハッピーエンドとは程遠いですが、
メッセージ性のある素晴らしい映画でした。



さまよう刃 (角川文庫)



さまよう刃 [DVD]









↓ポチリに感激
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 22:35| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

映画【最強のふたり】を見た

最強のふたり
(さいきょうのふたり、原題: Intouchables)

2011年のフランス映画

骨髄損傷で体が不自由な富豪フィリップスと、
その介護人となった貧困層の移民ドリスとの交流を描いたドラマ。

IMG_0296.JPG


シリアスな題材で、とても難しい問題を映画にしています。

映画を見る前は、『最強の2人』って邦題はどうなの…って思いますよね(笑)

IMG_0299.JPG

見終わったときには、
よし! なかなか良い邦題だな!
なんて(笑)


フィリップスは身体が不自由なんですが、とてもお金持ち…
だから周りの人は彼の事をずーっと腫れ物扱い…


そんな生活に退屈していたフィリップスは、
生活保護を受ける為に、とりあえず面接不採用のハンコが欲しいだけの青年ドリスと出会います。

IMG_0298.JPG


介護人とはかけ離れた生活をしていた青年ドリスに、フィリップスの出した答えはイエス…

そう、周りの反対を押し切り介護人に採用される事に…

ドリスは純粋な一面があり、フィリップスをお金持ちだから…とか
障碍者だから…  とか全くない。

うん…  

無さすぎる…


ドリスはいつでも自然体でフィリップスに向き合います。

IMG_0297.JPG

これが見応えあるんですよね〜!


障碍者の方にそんな事したらダメだ!!
酷すぎる!!

ってならないんですよ…

親友同士がジャレ合うように、生活を楽しむ2人に、本当の絆を見る事が出来ます。


映画の背景には、障碍者や人種による差別の問題等が見え隠れしているのですが、この作品を見た人はそんなギスギスした心から解放されるハズです!


うん…
やっぱり邦題は最強の2人で!(笑)

見て良かったなぁって思える作品です。


IMG_0295.JPG

この映画は、実在の人物である フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴとその介護人アブデル・ヤスミン・セローをモデルにしている。



最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]








↓ポチリに感激
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 16:14| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

映画【ザ ロード】 を見た

2010年公開

ストーリー

大災害により文明を失ってから10年以上経った世界、
空は塵に覆われ寒冷化が進み動植物は死滅していく。

生き残った人間は餓死するか自殺するかお互いを喰らい合う…

僅かな希望を胸に、父と息子は南へ向かう…

息子を守るために誰の事も信じない父と、
荒廃した世界でなお、純粋で有り続ける息子…

IMG_0279.JPG


映像美に見とれる場面もありますが、常に緊張感の漂った映画です。


人間が人間に怯えて暮らす…

食物連鎖の頂上に位置する、人間が選ぶ道とは…


そんな世界の終わりを描いています。


見終わった時には必ず何かが残る、そんな映画でした。






ザ・ロード [DVD]







↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
ラベル:映画 親子 愛情 洋画
posted by メシア at 16:59| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

BACK BEATを久し振りに見たら、とんでもなくカッコ良かった!

この映画は面白い!


IMG_0238.JPG

公開が1994年らしいので、私が10代の頃の映画です。

私はビートルズをあまり知りません。
CDが何故か一枚ありますが、そんなに食い付きもせず、有名な曲を知ってるぐらいです…
ファンの方すいません…


で、ビートルズがデビューする前の話から始まって、初期メンバーであった
スチュワート・サトクリフと言う人物が主人公。

このスチュさんが、この後に大ヒットするビートルズを脱退して、恋人と画家になる夢を選んだ話しです。








この劇中に流れるビートルズの曲がヤバい!
どうやらアメリカの有名バンドのメンバーが演奏してるらしいのですが、とりあえずカッコいい!

原曲に忠実ながらも、アレンジや雰囲気が完全に違ってます。

当時ビデオで見ていたので、もう見る事が出来ないと思っていたら、最近DVD化されたみたいなので良かったら皆さんも是非〜!


バックビート BACKBEAT [DVD]
posted by メシア at 14:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする