2017年03月29日

ライブチケットが高いのは 誰のせいで その曲は誰に届けたいんだよ?

あ〜  ライブ行きてぇ。


あ〜 らいぶいきてぇ。


あ〜いらぶゆうって言ってみてぇ。


失礼、とんだ願望が出ましたね。


バンド好きなら必ず行きたいのがライブ。


最近は大型フェスなんかもいっぱいあって、一口にライブと言ってもその形態は様々ですね。


ライブに行きたいとなれば、必ずチケットが必要です。


このチケット代がなかなかバカにならないんですよね…

毎月ライブへ行くには結構な負担で、みなさんも収入やお小遣いからなんとか捻出しているところでしょうね。


私は今でも音源購入はCD派です。
形で残したい気持ちとか、歌詞カードなんかを見るのが好きなんで、今でもCDで買っています。
中古も含めてですけどね。


これが新品のアルバムだと大体3000円ちょいぐらい。
インディーズで2000円〜ぐらいですかね。


チケット代はというと、小さいライブハウスで2000円〜2500円ぐらいかな?
アーティストにもよりますが、2000円だと安いなぁって感じ。


キャパ500人〜1000人の大型ライブハウス、クアトロとかダイヤモンドホールとかで大体3000円〜4500円。


この辺でCDの価格を超えてきます。
さらに物販狙うとなるとお金がいっぱいいります。


私は全然行きませんが、さらに大ホールやスタジアム、アリーナクラス、デカくなればなるほど6000円〜9000円みたいに値段が上がっていきます。


当然演奏する箱が大っきくなれば、それに伴うスタッフが増えていきます。

モギリや物販のアルバイトから警備、セキュリティの人や音響スタッフも…

ステージの作成や音響設備にしても相当な費用がかかるでしょうしね。


決して演者がいっぱい貰える訳では無いんですよね…


まぁそこに雇用が生まれて、音楽シーンや日本の経済…

おっ… あぶねぇ…良く考えたら、そんなに頭良くなかった(笑)


まぁとにかくチケット代が音源の価格を超えるのは当然と言えば当然なんでしょうか?


音楽の好みは30歳までで決まるとかなんとかって良く聞きます。


やっぱり若い方が刺激を受けやすかったり、感情移入しやすかったり、色々と敏感なんでしょうね。



いや…ココは下ネタじゃないから…


そんな若い人、なんなら中学生とか高校生とかも含めてどんどん聞いて欲しいハズの音楽。

30歳ぐらいまでに好みが決まるんならなおさら大事な世代。


なのにチケットって高すぎない?


ましてや学生の人が気楽に行ける値段なんか?


つい先日、気になるバンドのライブ日程をスマホでツンツン見てると、デカめのライブハウスでチケット取れそうだなぁなんて見てたら3800円だった。ドリンク別。


普通…


まぁそんなもんかもしれないですよね。


でも私は『高ぇ…』

そんなにすげぇバンドだったっけ?

めっちゃ駆け出しと思ってた…

結果行くのはやめました。



これね、値段じゃないんですよ。

私にとってはそんなに価値がないからです。

価値があるなら6000円ぐらいまで頑張って出すと思う。


ex・ELLEGARDEN
現・THE HIATUS.MONOEYES

泣く子も黙る細美武士。

IMG_0766.JPG

この人の行動はマジでカッコいいのよ。

『日本はレコードもライブも高すぎると思ってる。 高校生がお小遣いで月に2本のライブも行けない国なんて、音楽が文化になるわけねぇだろってずーっと思ってる。』


彼の在籍するバンドの人気はとてもすごい。


それでも彼はスタッフをギリギリまで削り、自分で重たい荷物も運び、すっげぇ安い宿に泊まりながら、さらに安い宿が無いかを探しながらツアーをする。

少ない資金で音響のクオリティとの兼ね合いに頭を悩ませながらも、少しでもチケットを安くする為に頑張っている。

ツアーTシャツはチケット代以下、チケット代はCDの値段以下を目指してると彼は言う。


実際ツアーTシャツが1500円だったりチケットが2500円だったりする。


全てはライブに足を運んでくれるみんなの為。


『安い方がたくさん売れるからでしょう。』

と心無いバカが言う。


彼は『そう思いたきゃ、思ってくれても痛くも痒くもない。』


私は社会人で家族がいますが、少しのお金は自由に出来ます。


私にとっての5000円と学生のみなさんの5000円は訳が違う。

会社の下らない飲み会だって5000円とか払っちゃう…

すっげぇ嫌だけど…


学生のみんなは勉強に励みながらも、多分お小遣いからなんとかライブの為に貯めたりするのかな?


家がお金持ちで親に言えばポーンと出してくれるとこばっかじゃないでしょ…


下手したら何ヶ月かかけて貯める子もいるかもしれませんね。


そもそもロックは金持ちのもんじゃないし、誰もが気楽に行けなければ、アーティストがステージから叫ぶ言葉は全部嘘だ。


BRAHMANのボーカルTOSHI-LOW

IMG_0764.JPG

『周りから武道館がどうとか、ステージのセットをどうとか言われても、チケット代2000円で出来る事をやりたい。』


彼だけで無く勿論、BRAHMANのメンバーも削れるスタッフなどは削り、自分達でやれる事をやってチケット代を限りなく抑えている。


THE HIATUSやMONOEYES・BRAHMANと言えば雲の上のアーティスト。

が、こんなにリスナーの事を考えてる。


音楽を鳴らす前に人間としての魅力に溢れてんだよね。


チケットが安いから良いとかじゃないよ。


余計な装飾の為に、リスナーへ負担をかけないでいる、バンドの姿勢が素晴らしいと思ってる。


私達は、物=価格、の図式は慣れっこです。

物の価値がその金額に見合ったものかを吟味してから対価を払います。

なんなら払う前に、少しでも安いお店を探してみたり、ネットで検索してみたり。

食料品なんて、1円でも安い店に行くぐらいみんなお金を大切にしている。


物によっては100円でも高く感じたり、10万円でも安く感じたりもするしね。


ライブに関して言うとその価値を金額にするのはすごく難しい。

物じゃなく空間だからね。

だからこそ簡単に値段を決めて欲しくない。

仮に9000円としても、その金額が絶対に必要でそれ以下にするとクオリティーが酷く損なわれるとか、セキュリティ面で安全に開催する事が出来ないならしょうがない。


ただバンドの格だとか、毎年少しづつ上げて来た結果の金額ならなんかバカらしい。


派手な花火や、装飾も結構だが中、高生やその子を送り出す親への金銭的な負担はすげぇよ。


こんな事を言い出すと
『そんな事まで考えてライブ楽しめますか?』
『行かなきゃいいんじゃない?』
とか聞こえてきそうだけど、私にとっては大事なんですよ。


そのバンドの持っているポリシーとか、生き様の様な物があって初めて熱くなれるんですよね。


この前もTHE STARBEMS、日高さんのツイッターを見ていたら、メンバーの高地さん運転で長距離を車移動されてたりして、なんかズシンと来ました…

つい『お気をつけて』とリプしたら丁寧に返信までくれて感激しました。

IMG_0769.JPG

有名な方々でも音楽と真摯に向き合って、少しでも経費を抑え、その分をリスナーに還元されてると思うと、ポッと出の本物かどうかもわからんバンドが結構良い値段を取ってるのを見ると、『マジでこいつらクソだな…』と思ってしまうんですよ。


損な性格なのかなぁ…


音楽とそれを別で考えれないんですよね。

絶対繋がってる。


こうなると曲うんぬんじゃねぇじゃんって話しですね(笑)




バンドが少し有名になって、チケットが売れてソールドアウトし出すと、値段上げて、人雇って、荷物運ばせて、その負担はそのままリスナーに…

じゃ悲しすぎる。


そんなバンドの作った曲なんて聴きたくないんだよね…


結局すぐに消えてくバンドはそんなバンドなのかも知れませんね。


リスナーってそんなバカじゃ無いから、たぶんみんな同じ事様な事を色んな場面で感じたりすると思う。


チケット代に限らずね。


世の中にごまんといるバンドたちへ。

絶対にリスナーをバカにすんなよ。







↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 20:22| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

ライブ中のMCを学ぶんなら、曲書けよ。

ライブ中のMCって本当に必要ですか?

IMG_0750.JPG

私の認識では、曲と曲の繋ぎだったり、ファンからの声援がたまたま耳に入って、そこから話しが広がったり。


その場の雰囲気で出来上がる。


私の中でのMCって基本そんな感じ。


ファンの心理としては、憧れのミュージシャンが日常の何気ない事を話すだけでも、「同じ人間なんだ。」みたいに感じて嬉しくなったり。


でもね。
これってファンが望んで望んでやまない時に、初めて成立すると思うんです。


会場に足を運んでくれたファンに、少しでも満足して欲しくて、口ベタなミュージシャンが頑張って話をしてくれる。


するとファンは「キャー。」とか「うぉー!」で返事をする訳です。


曲の冒頭に

「大阪〜!!」

「名古屋〜!!」

「福岡〜!!」


これね。


みんな知ってる。


知った上で暮らしています。


でも会場にいると、正直盛り上がる。


今から特別な時間が始まるんだ!

なんてファンなら思っちゃいます。

いいよ、何言ったって盛り上がるんだもん。


みなさん頭の中でイメージしたのは、結構デカイホールで、人気のあるバンドがツアーで1年振りに自分の地元へ来た時のライブって感じませんでした?


この一曲目の前に「大阪〜!!」でしょ?


小さいライブハウスで「大阪〜!!」はなかなか言わない。


大阪代表を語れるほどの人数ではない。


MCってそもそも寒いんですよね。


でもファンが望むなら、ミュージシャン達も答えてくれる。


会場との一体感や、お客さんとのちょっとしたやりとりが本人にとっては一生の宝物になるんです。


ところが

【MCの重要性は、MCだけが持つ「3つの役割」を理解することで見えてきます。その役割とは、「感動を増幅させる」「人間性を伝える」「情報を伝える」の3つです。】


こんな事になったら、もう気持ち悪い。


ごめんなさい。
『MC いる?』で検索したらどえらい立派な記事が出て来て、なんか読んでる内にしんどくなって…

もう1人では抱えきれねぇよ…


【ミュージシャン・バンドの中には、ライブMC(=トーク)の重要性を認識していない人が多いです。その証拠に、歌や楽器はきちんと練習しても、MCについてはほとんど練習しない人がほとんどです。
さらには、「ライブMCはいらない」と考え、MCをしない人すらいます。しかし、お客様に満足してもらうことを考えた場合、MCは絶対に必要となります。】


いやいや絶対、その時間も楽器と歌の練習した方がよいでしょ…


あのね…


MCって絶対寒いから、望まれて初めて成立するんすよねぇ…


たまに素人バンドで、MCにくだらんネタ入れて来たり、お客さんに挙手とか求める奴ってこんな記事をマジで読んでんのかなぁ?


本気でマジに読んでんのかなぁ…


こっちはバンド名も知らないのに、メンバー紹介からのちょっとしたクソエピソードとかもう失禁しそうになってますよ…


あの面白くない地獄の様な空気をMCと名付けるのか…


【演奏でお客様を感動させるためには、何が必要でしょうか。このとき、多くのミュージシャンは、技術やパフォーマンスだけを重視します。しかし、MCを工夫することによっても、演奏が持つ魅力をさらに高めることができます。
例えば、「別れ」をテーマにしたバラードを演奏するとします。このとき、あなたが過去に経験した「別れ」や、楽曲に込めたメッセージについて、具体的にMCで語るようにします。

何も語らずにいきなり演奏するのと、「…な別れがあり、当時はとても辛かったですが、相手への感謝の気持ちを曲にしました」と語ってから演奏するのでは、同じ曲でも全く違うものに聴こえることでしょう。

このように、演奏の前後で適切なMCを行うことで、あなたの演奏をより魅力的に伝えることができます。すなわち、MCは演奏が与える感動を増幅させる力を持っているのです。】


なげぇ…


殺す気か?

もうせいや!せいや!せいや!せい!


【何も語らずにいきなり演奏するのと、「…な別れがあり、当時はとても辛かったですが、相手への感謝の気持ちを曲にしました」と語ってから演奏するのでは、同じ曲でも全く違うものに聴こえることでしょう。】


これ、絶対やったらダメなヤツ!


現在、既にさぶいぼビンビン。


ライブの払い戻しを受ける権利が欲しい程の事例。


素人に毛が生えた程度のバンドが作った曲で、イキナリ本人からのネタバレ&曲知らねぇとか、正気ではいられない。


楽曲は作品。


詩の作者がネタバラしするなんて、とんでもない。


歌詞なんて受け取る側の想像力が物を言うのに、想像力を壊す所から曲を始めるなんて、もうバンドを解散した方がお客さんの為です。


歌詞の内容なんて、受け取る側の感受性にかかっている。


同じ曲を聴いても、聴いている1人1人が違う相手を思い浮かべて、違う感情を抱いている。


楽曲は発表された所から既に本人だけの物では無いはず。


歌詞の捉え方は聞く人の自由で、こんなネタバラしされたら、曲のイメージが台無しで作者としては最低の行為に値する。




演者側だってお客さんを喜ばしたい一心でMCの練習だったり、トークの話題を考えたりするのは正直わかる。


でもマジ望まれてないよ。


演者側なら、バンド名を覚えて貰う為にスタート時に、『何処から来ました、何々です。』とか『曲名』を言うとかで充分。


告知もなるべく簡潔に、物販とライブのフライヤーが置いてあります。程度でいいっしょ。


ライブの出来が80%なのにそれを100%にするためのMCなんぞ存在しない。


無理に笑いを取るとか、結果取れないけど…

感動を誘おうとか、結果誘えないけど…


MCは100%のライブをファンを喜ばす為に120%にする物だと思う。


あんなもっともらしい文章で書かれていたら、いかにも正しい事が書いてあるかの様な錯覚を起こすのも分からなくもない。


でも、本当の答えはあなた達の立つステージからよく見える筈だろ。


目の前にいるお客さん達の望んでる物を考えれば良い。


様々なスケジュールの中1人1人のお客さんがお金払ってまでそこに集まってくれてるんだろう?


くだらないMC聞きに来たと思ってんの?


まだ見ぬバンドと痺れる様な楽曲を待ってんだよ。


余計なMCなんかどうせクソの役にも立たないんだから、死ぬ気で演奏しよう。


1人でも届いてくれと願う様に歌えばいい。


バンドが大っきくなって、本当にお客さんが望んだ時は何をしゃべっても、喜んでくれると思う。


MCの勉強なんかしなくて大丈夫だから。


死ぬ程悩んで曲を書けば、伝わる事はきっとある。






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 23:28| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

メジャーデビューするってバンド仲間がいたら、一晩中説得して止めると思う。


IMG_0748.JPG


「You メジャー行っちゃいなよ。」

ジャニーさんが亀梨くんに放った一言。


あっっ、これ野球の方だった…


メジャーデビュー…


この夢のある響きにどれだけのバンドが無残にも散っていっただろう?


無限の可能性と才能を武器に、インディーズでブイブイ言わせたバンドも、メジャーデビュー後は外見でのイメチェンや楽曲ノルマ、歌詞の差し替えなどに苦しみ最後には解散に追いやられるケースもある。


メジャーデビュー時に、バンドのメンバーをバッサリ切り捨てられソロでのデビューを迫られたりする事もある程プロの世界は厳しい。


音楽とアーティストを商品化して、陳列棚へ並べる。


音楽はさて置き、顔を覚えてもらうだとか、コネをフルに使ったりだとか…


余程の大物新人以外はそれほどのプロモーションもなく、ラジオや雑誌に小さく取り上げられる程度…


たいして売れなければ約2年の契約でサヨナラ。


CDを小売店へ押し付け、売れなかった分は返品されるのだが、その前に同社の他アーティストのCDを押し付け、前CD返品分の返金をその売り上げでまかなう。


まるで自転車操業だ。


作品のクオリティーより、リリースのスピードが物を言う。


新作以外は余程の名盤じゃない限り、返品されゴミの様に扱われる。


夢を現実に置き換えればこんな物なのかもしれない。


満を持して発売されたメジャー1stシングル!


トップ10は無理でもソコソコ売れるんじゃないねぇの〜。


俺たちの夢が叶う瞬間だぜー!


メジャー契約でCD1枚1000円で売った場合。

売り上げの内訳

レコード会社  546円
小売店  300円
原盤製作者  90円
作曲家  17円
作詞家  17円
音楽出版社  17円
JASRAC手数料  4円
アーティスト  9円

IMG_0747.GIF

えっっっっっ?


ちょっっっっ…     えっっっっっっっ?


やすっ!   やっやすっ!!


そりゃそうだ…

レコード会社からすれば

「宣伝にどんだけ金使ったと思ってはりますのん?」

「ワテらの会社、社員どんだけ抱えてると思ってますのん?」

「辞めるんやったら、アルバム2枚しっかり出してから、辞めてもらいまっせ!!」


地獄…


仮に2000枚売れたとしましょうか?

売れないけど、まぁ売れたとしましょう。


アーティスト取り分18000円…


あれっ? 俺達4人なんですけど…


まぁ待てよ!


作詞作曲もこなす俺達だからさっ!


34円×2000枚=68000円

68000円+18000円=86000円

でっ俺達4人だよね…

1人21500円かぁ…


毎月10枚シングル出せばよくねぇ?


ないわ…

これ、正直ないわ…

もうバイト辞めちゃったよ…


これが現実。


実際はこれに安い固定給が上乗せされれば良い方…


メジャーに憧れ、メジャーデビューこそが、さもゴールの様な幻想を抱いてたバンドに訪れる悲劇。


バイトの掛け持ちをこなしながらの音楽活動はインディーズとなんら変わりがない。


しかしメジャーレーベルのすごい所はこれがビッグスターの方々なら、パイの大きさでどえらい事にもなりうる訳です。


宝クジレベルの確率で、限られた天才達がブレイクする。


1000円×100万枚とかなっちゃったら?


43円×1000000=43000000円

あっ4300万だ…


アルバムなら倍以上はいっちゃうね。

ダウンロードもあるし、ライブやればもっと稼げるしね。


印税で億なんてのもあるでしょう…


サザンやミスチル、バンプやラッド、クラスなんて実際はこんなもんじゃないだろう…



でも、そんな所まで到達出来るバンドなんて数えるほどでしょ?


一握りとかよく言うけど、海辺の砂浜からウミガメの卵を見つけるぐらいの確率。


意外と見つかるか…


まぁとにかくバンドマンの夢だったメジャー行きの夢はとっくに崩壊してるんですよ。


逆にインディーズで2000枚売ったら、80万ぐらいは手元に残るハズ?


ってか、メジャーで2000枚だからインディーズだと250枚も売ればまぁどっこいぐらいの売り上げが残るね。


そうなんですよ…


こうやって音楽をお金に換算すると一気にくだらなくなる。


夢なんて本当に無い…


自分の音楽を突き詰めた結果を、オーディエンスの人が判断する。


その音楽に魅力を感じた人が多かろうが、少なかろうがアーティストの思いはたぶん変わらない物だと思う。


キャパ100人のライブハウスとキャパ1万人の大ホールで演者側の意識が変わってしまうなら、とても悲しい。


そんな大ホールなんて、当然誰しもが経験出来る事じゃないし、選ばれた者のみが立てるとしても、客が5人だろうが全力でやる様な人達がああいうデカイステージに立ってると思いたい。


なのにメジャーに入った途端に、会社というフィルターを通して物差しが、お金や売り上げに変換されるんですよね。


どれだけ良い音楽をやってたって、売れる、売れない、売れた、売れなかった、お金になった、ならなかった。


ハイスタmongol800ゴールデンボンバーなどのビッグアーティストがインディーズにこだわるのは、会社や他人が自分達の音楽に介入するのを防ぐ意味でも素晴らしいと思うし、これからの主流になるような気がする。


もうなってんのかな…?


インターネットの普及でCDが売れなくなったという一面もあるけど、今まで到底出来なかった個人での情報発進が簡単に出来る時代だし、米津玄師ぼくのりりっくのぼうよみの様に、ネット上で話題になり、人気先行でメジャーレーベル相手に有利な契約を結ぶか、現在のポルカドットスティングレイの様にとりあえず行ける所までインディーズで良いと思う。




ここまでの人気をセルフプロデュースで得るには、余程の才能がいるでしょうけど…


ボーカルの雫は会社員で、アプリの開発をしているみたいだし、PVの監督も彼女らしい…


でも今がピークかもしれませんが…


アイドルやEXILEの様に、楽曲提供などを受けるならメジャーの方が圧倒的有利かもしれないが、自分達で曲を作るならメジャーの様に締め切りに追われる事なく作業の出来るインディーズの方が良作を生み出す環境としては良いと思う。


インディーズの敵はそこから得る自由でしょうね。


自由な故に音楽に没頭出来なかったり、セルフプロデュース業が逆に忙しくなったり。


しかし全てを自分達でこなし、相当な知名度を持ってからでもメジャー行きは遅くない様な気がしてならない。


ジャンル的にメジャーとは程遠い場所で活動してる方々にも、ネットを通じてもっともっと活躍して欲しいですね。


リスナーは常に探してますよ。


カッコいいバンドと音楽を。


メジャーレーベルに頼らなくたって、ライブとMVでのし上がって来て欲しいと思う。


バンドマン達の夢がメジャーデビューじゃなくなる日は近い。






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 19:10| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする