2017年05月14日

カヴァー曲にチャレンジ! 原曲選びとアレンジのポイントは?

みなさんバンド楽しんでますか?

IMG_0858.JPG


バンドと言えば、やっぱりオリジナルでしょ。


なんて言いません。


いきなりオリジナルの曲を作ろうと思っても当然それなりの知識も必要ですし、演奏的な技術が追いついてないと、せっかく良いフレーズやメロディーを思いついてもなかなかイメージ通りに演奏出来ませんよね。


コピーバンドとして何曲か演奏出来るようになったら、オリジナル曲を作る前にカヴァーにチャレンジしてやりましょう。


これ、マスオススメ!!


あぁ…



マジオススメだった。



『マスオ、ススメ』ってサザエさん一家崩壊を題材にした曲とか、ちょっと重いわ…

IMG_0856.JPG


で、サザエさんのカヴァー曲ですが、


あっっ、方向まちがえた…





まぁ、とりあえずカヴァー曲のススメって感じで始めてみましょう!


コピーとカヴァーの違いって?



コピー曲は演奏しているアーティストの原曲通りに演奏する事ですよね。


完コピ(完全コピー)とか言って、出来るだけ原曲通りに演奏したりします。


徹底的にコピー曲だけにこだわるバンドなんかもあって、趣味としてそれはそれで楽しい。


音楽好きが集まって演奏、もうこれだけで正直楽しいもん(笑)


カヴァーってのも詳しく言うと、原曲を演奏、歌っている人以外がその曲を演奏する事、歌う事を指すみたいです。


だから、コピー曲もその分類に入るんですが、今回のカヴァー曲ってのは、自分達で原曲から更に作り上げるタイプの曲とします。


カヴァーしてみよう



まずは、私の中でカヴァー曲と言えばコレ。


原曲は1960年代にアメリカで活躍した『The Mamas & the Papas』のCalifornia Dreamin'と言う曲




ハイスタにかかるとこんなんなっちゃう。




とりあえずカッコいい(笑)

まぁ、やり過ぎですよね(笑)


BPMもメチャメチャ早いし、イジリ過ぎですが、バンドのカラーがそのまま出ていてカッコいいと思います。


スピーディー・ワンダーの 『I Just Called To Say I Love You』なら




NIRVANAの『Smells Like Teen Spirit』をMAN WITH A MISSION がやると




エレクトロとスクラッチ入ってこんなんとか。


これらの曲はあくまでも私個人が好きなだけで、パンクやロックに限らず色んなジャンルで色んな曲がカヴァーされています。


様々な手法があるけど、極端な例を出しました。


トリビュートアルバムなんかを聴けば、全曲カヴァーですから勉強になりますね。


原曲の選び方



コレ、要センス。

出来れば同じジャンルは避けたいですよね…

同じジャンルから選ぶと、アレンジとかカブって難しい様な気がします。

あと、あんまりコピーしてんのと変わらなかったりして勉強にならないしね…


メロディーが良かったり、自分が凄く好きな曲でいいんですが、まずは有名な曲から選ぶのが良いと思う。


ある程度、知名度のある曲や誰もが耳にした事のある曲じゃないと、カヴァーって気付かれないし、ライブで盛り上がるなら有名曲の方がいい。


この記事を読むのはやっぱりギターキッズかな?

たぶんロックバンドをやってたり、やりたいなぁって人達かな?


渋いジャズバンドマンとかいないよね(笑)

IMG_0857.JPG

まぁなかなか原曲のカッコ良さは越えれませんが、自分達のバンドのカラーをしっかり出して、カヴァーならではの良さを追求しましょう。


とりあえず選曲は、有名な曲って事で。


アレンジ



まずは原曲からコードを拾ってきます。


そこからは自由。


なんですが、例に挙げた通り原曲がミドル、スローな曲で、それらを早く、激しく、演奏するのがある意味定番かなって思います。



ミドル、特にスローな曲にはボーカル的にたくさんの音を(メロディーライン)入れる事が出来ます。


元々スピードのある曲にはメロディーラインを入れる限界がある為、元々速い曲をスローにするには、かなりアイデアがいります。

ボーカルがスカスカになっちゃったり、なんかダサくなったり。


本来はスローテンポで、メロディーラインが綺麗に入っている曲をアップテンポに変える事で、速いのにメロディーラインが複雑で、綺麗に入るのでオススメです。


これは作曲の時もそうなので、まずはミドルテンポから作ってみると良いかも知れません。

曲のBPM(速度)は作った後で変えても良いですよね。


曲の入りなんですが、カウント?ベースから?ギターから?

とか

思い切ってサビスタートに変えても有りですね。


これからオリジナルを作っていこうとする上で、カヴァーにもギターのリフや、ベースラインなんかはガンガン入れていけば良いと思いますよ。


作曲者以外の、ギター、ベース、ドラム、もちろんボーカルにも編曲の勉強としてカヴァーするんですから、みんなで意見を出し合う事が大事です。


最初はベタベタでもいいでしょ!

原曲のまんまで入って、次のフレーズで速くなって、真ん中で止まったり、単楽器になって、裏打ち入ってみたいなのでもオッケーだと思います。

最初から懲り過ぎても、しょーがないし…


とにかくカヴァーの良いところは、作曲の大変さを無視して、編曲の練習が出来る所にあります。


ライブなんかでも、知ってる曲ってだけでお客さんの反応も変わりますし、やって損はないですよ。


ただし、音源として正式にリリースとかになったら著作権の問題で、JASRACへ所定の料金を払ったり、編曲に関しては作曲者の許可だとか難しいですから、まずは自分達で楽しむ目的で、カヴァー曲にチャレンジしてちょーだい。




まぁ、リリースは無いよね(笑)





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 15:32| Comment(0) | ギター・バンド活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

KOOLOGI AKIOとアベ フトシのツインギターはヤバイっしょ。

KOOLOGI


IMG_0851.JPG


Vo・G AKIO(米田アキオ)

G アベ フトシ ex.Thee michelle gun elephant

B KATSUYA.N ex.東京スカンク

Dr BAGI ex.ONE TRACK MIND


KOOLOGI(コオロギ)は、2002年にSNAIL RAMPから脱退したAKIOが、2004年からスタートさせたソロプロジェクト。


爆発的人気を誇った、SNAIL RAMP。


説明を少々…


1995年結成のSNAIL RAMP。

90年代を代表するスカ、メロコアバンド。

2ndシングル『MIND YOUR STEP』で爆発的なセールス。

オリコンチャートにも食い込んだ。

当時、人気音楽番組だった『HEY、HEY、HEY』に出演するなどジャンル的には珍しくメディアにも出ていた。

2002年 4thアルバム『GRAVITY』発売後惜しまれつつ脱退。

オリコンチャート3位に食い込んだ。



そんなビッグバンドを脱退後、彼が始めたバンドは、ロカビリーとブルースを母体にしてロックンロールを乗っけた様な感じ。


あくまでもソロプロジェクトなんだろうけど、ギターにアベ フトシ。


そうあのTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのアベ フトシだ。


ミーハーバンドなんて言われた、スネイルだったけど、AKIOは正直ギターが上手い。


これ、マジで。


彼の声も相当カッコいい。


じゃないと、アベさんは絶対なびかない。


私の中のアベさんはたぶん本物のバンドでしかギターは弾かないと思う。


実際、AKIOのソロプロジェクトなのにアベさんファンから『AKIOバッシング』が起こるぐらい彼の存在感は凄い。


この2人が組む時点でアルバムを買う事決めてたバンド。


ベースもウッドベースでロカビリーの雰囲気もガッツリ出てるし、当時はすごく良く聴いた。





アベさんが在籍していたのは、2004年のKOOLOGI立ち上げから、2006年頃まで。


彼の鬼のようなカッティングは健在で、KOOLOGIのサウンドでもバリバリ聴くことが出来る。





AKIOに話を戻すと、彼はスネイル初期なんかほとんど歌ってない。


メインボーカルを取ってるのも数曲はあったけどね。


本当のメインボーカルはVo・Bの竹村。


でもスネイル在籍の最終アルバムでは、ほぼメインボーカルとして歌っている。


なんで辞めちゃったのかはあんまり調べて無いけど、バンド内で音楽性がけっこうは違ったんだろうなぁってのは、AKIOのその後を見てると感じる。


メインボーカルが変わっちゃうバンドなんて、あんま無いっしょ…


バンド内でも相当な話し合いなんかがあったんでしょうね…


竹村さんは同時に『SCHOOL BUS RECORDS』の社長でもあるから、商業的目線なんかも入ってたのかなぁ?


あの時代のメロコアはおかしいぐらい人気だったし、当時ライブハウスで起こるアイドル顔負けの黄色い声援は正直ビビった。


あれっ?ココってライブハウスですよねっ?


みたいな会場が良くあったもん。


ハスキンのイッソンなんかも『キャー、キャー言われて喜ぶバンドじゃないんで。』ってライブ前に言ってた。


イッソンにキャーキャー言うなよってなるよねー(笑)


私は好きですよ、そんなイッソン。


また話がそれた…


KOOLOGIもスタート当初はスネイルからのお客さんでキャーキャーなってました。


2005年1月に1stアルバム『篝火-マティダ ブルース-』





2006年7月に2ndアルバム『ぶわりと波に鯱』


立て続けにアルバムを発表以来、正式な音源は発表されてない。


現在はサポートメンバーの脱退を繰り返しながら、弾き語りスタイルで活動してるみたいなんですがあまり情報が無くて…





このAKIOカッコいい…


キャーキャーなんて言われなくたって、お客さんが少なくたって、やっぱりやりたい音楽を鳴らし続けてんだって思ったら、まじ胸アツ…




ちがうよ『胸やけ』じゃないから!


第一三共胃腸薬飲んでるから大丈夫!(マジ)


さっきの動画はどうやら沖縄でのソロライブでお客さん少ないみたいです。


バンドの宿命と言うか、売れたら売れただけ当然活動に注目が集まります


『ずーっと変わらないで欲しい。』なんて言うファンがいます。


でもそんな訳にはいかない。


演者もあなたと同じ時間で、歳を取ってく。


趣味や環境も変わり、あなた自身が『変わらないで』って言った事など忘れ、家庭に入り子供と一緒に流行りのアーティストを聴いていたとしても、彼等は音楽を続けています。


彼等もアーティストとして成長し、ひょっとしたら全然違う音楽ジャンル、誰も見向きもしない様な音楽をやってるかもしれません。


『落ちぶれた』だの『客がいねぇ』だのと笑うよりも、私は彼等に最高の敬意を払えるリスナーでいたい。


なんて思いたいと思っている。


アベ フトシさんは2009年 7月22日 未明、急性硬膜外血腫のため亡くなられました。


そんな思いも受けながら、彼と関わった人達は今も音楽を鳴らし続けてんだろうな。






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 14:53| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

難波 章浩が選んだ道は成功よりも、正しい。

難波 章浩


言わずと知れたHi-standerdのベース・ボーカル。

90年代のメロコアシーンを作り上げたバンド、通称ハイスタのフロントマン。

IMG_0843.JPG

日本全土を巻き込んだ一大ムーブメントの立役者で、人気絶頂の2000年に突然の活動休止。


Hi-standerdの説明はもういいっしょ…


大人気ですっげぇバンド。


難波 章浩と横山 健と恒岡 章のすげぇ3人が、早くてカッコいい曲を演奏するバンドね。


よし。


そんなハイスタの活動休止以降、難波の活動は成功とは呼び難い、厳しいもの。


彼はハイスタの活動休止後、沖縄に移住し、DIY精神で自身でスタジオを建築。


2005年には自らがオフィスを建設した所属事務所呉我音響(現:ULTRABRAIN.CO.LTD)を設立。


V2 RECORDSと契約しソロ活動を開始。打ち込みを基調とした「TYÜNK」

民族音楽を基調とした「なんばあきひろ&宇宙船地球号」と2つの名義でシングルを同時リリース。


2006年にはULTRA BRAiN名義で音楽活動を本格的に再開している。



シングル「GHOST BUSTERZ」、アルバム『NEO PUNK』ではV2UKより海外リリースを果たしている。


TYÜNK、なんばあきひろ&宇宙船地球号、ULTRA BRAiNで活動を続けたが、当時リスナーが求めたのはあくまでもハイスタの『なんちゃん』だった。


彼はハイスタの活動休止とともに、『メロコア』からの脱却をしたかった。


メロディック・ハードコアやハードコア・パンクをやるなら、Hi-standerdでやりたかったからだ…


でも著作権問題なんかで、ゴチャゴチャしちゃって活動の目処は全然付かず…


バンドサウンドから離れた彼は、エレクトロとの融合等を追い求め迷走する事になる。


私は彼の活動を見てきて、ガッカリなんか一度もしていない。


たぶん…


あれだけ売れに売れたバンドの恩恵にすがれば、活動休止後も音楽性次第でそれなりに売れただろう事は容易に想像出来る。


でも彼の鳴らす音楽にはもう『ハイスタ』はなかった。


正直言うと私も音楽的には受け入れる事は出来なかったんだけどね…


う〜ん、クセがすごい…


ただ、自分のやりたい音楽を模索している『なんちゃん』は少しもカッコ悪くなかったし、ダサくもなかった。


youtubeでゴリラのお面をかぶった人なんかも、横山健さんと比べて、売れてないとか、ソロ活動が失敗だみたいな事言ってたけど、テッペンまで登り詰めたバンドのフロントマンが、どうすれば売れるのかぐらいわからんと思ってんのかな?


音楽に上も下もないのに、商業的成功だけ取り上げて語るとは、えらい浅いな…


商業的成功を求めるなら答えは簡単、『ハイスタ』みたいにやりゃ良かった。


でも、難波 章浩はそうしなかっただけ。


健さんもハイスタとは二味違う音楽性だけど、大きなジャンルでは同じくくりだから、すぐに受け入れられたと思う。


私はどっちも大好き。


なんちゃんがavexに入った辺りは、すっげぇヤだったけど(笑)


だってよくわからんヤツへの楽曲提供とか多かったし、MayJとか、IMALUとかあの辺はしんどかった〜。


いかにも仕事ですって感じが嫌だった。


ちなみにこの辺は良かった。






で、とうとう2013年に、K5、SAMBUと共にスリーピースバンド「NAMBA69」結成。


2014年、NAMBA69として初の音源「MELODIC PUNKS NOT DEAD!!!」

フルアルバム「21st CENTURY DREAMS」をリリース。


この辺からなんちゃんの本領発揮です。


さらにココがポイント!


2016年 ex・ARTEMAのギタリストKo-heyが加入。


ARTEMA

2011年〜2016年

日本のスクリーモ・メタルコアバンド。

メタルコアとエレクトロの融合をコンセプトとし、自らの音楽性をKIRA☆COREと称している。


まぁ、KIRA☆COREは置いとこう…


キラ☆コア…


なかなかのセンスですね…


残念ながら2016年の5月に解散してしまったんですが、このバンドのボーカル・ギターKo-heyがNAMBA69のギターとして、電撃加入。


この加入がNAMBA69の起爆剤になりましたね。



これはカッコいいわ。


PV見た時にため息出た。


のちにため口でた…『なんちゃん、コレええやん。』

IMG_0846.JPG


したら

IMG_0847.JPG


こんなんなって一時パニック…



ついこないだに、『AKIHIRO NAMBA official』のブログVOICEで、『バンド』と言う記事が更新されました。



一部抜粋の割に長いけど…
 

オレは山の頂上を目指してメチャメチャやってきた。
その過程は険しくも、とても素晴らしいものだった。。
 
人生は楽しいが、時には凄く困難でもある事を、その時知る事が出来た。

正直意味がわからない程辛かった。

言葉でなく、ボロボロでも音楽をやる事でそれを表現してきた。

オレには仲間はいたが、ハイスタのメンバー、ケンくんやツネちゃんに匹敵するアーティストは見つける事は出来なかったんだ。

自分の存在を証明するのに必死だったんだ。
 
でもオレはワンマンバンドをやりたい訳じゃない。

オレはメンバーがガチガチで対等なバンドがやりたかった。
 
でもハイスタは止まったんだ。

いつかハイスタをやるまでは、自分のバンド活動は封印しよう。

 
ハイスタ活動休止から始めた沖縄での音楽活動。
見よう見まねで始めた、打ち込み。
決して機械なんて得意じゃなかったのに。
人に理解されなくても、自分の人生から鳴る最高な音楽だった。
これを 『しくじり』と言うのか?

 
ハイスタの活動休止は、長くて5〜6年だと考えていた。早くて3年。

でもいっこうに復活する気配はない。

それでもPUNK ROCKがやりたかった。


ぶっちゃけ痺れを切らして始めたのが、
AKIHIRO NAMBA ってソロ活動だった。
まぁ何がAKIHIRO だって話なんだけどさ笑

ブランクが長くてまともに歌えないのが辛かったけど、サポートしてくれたメンバーのおかげで、そのうちライブもする事が出来た。


ぶっちゃけ怖かった。


人に何と言われ様が、やるしかなかった。
それでも応援してくれるヤツは本当有り難かったよ。嬉しかった。
 
 
もうハイスタを待つのは止めにしよう。
K5とSAMBUの為に、思いっきり歌おう。
そう決めてスタートしたのが、4年前。
それが 『NAMBA69』ってバンドです。

 
そうやって始めたNAMBA69 も実はぶっちゃけ、去年あたり行き詰まったりしてた。
もうダメか? みたいなとこまでキテた。

そんなバンドのムードを、一気に吹っ飛ばしてくれたのが ko-heyの電撃加入だった。


正直オレは売れる売れないとか、二の次に考えてた人間なんだけど、このバンドで突き抜けたい!って初めて思う様になった。

ko-heyと組んでから、ライブの熱量も格段に上がったんだよね。


 
人生は困難な時もあるけど、決して諦めないで一歩づつ歩いていると、必ず仲間や家族が手を差し伸べてくれる。

ただ、上を向いていないと、その手を差し伸べてくれてる人にも気づく事が出来ないよ、って事。
 
人生にしくじりなんて決してないし、
自分を人と比べたりしなくていいんだよ。
気持ちが伝わったらいいけど。


この記事はサーバーがダウンする程のアクセスでした。

是非原文を読んで、『なんちゃん』の本音を覗いて下さい。

http://akihironamba.net/voice/285/


1970年生まれですから、もう47歳!


こんな先輩欲しいわぁ〜


これからのNAMBA69と、もちろんHi-standerdにも期待しかない。


1970年生まれで、「いっちゃん」ことLOW IQ 01もまだまだ頑張ってるし、元キッズのみなさんもまだまだがんばりましょー!!




細美さんの登場ヤバイね(笑)





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



 
posted by メシア at 23:17| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする