2017年04月08日

バンドサウンドにおけるパート別の役割って? で、範囲はどこまで?

バンドサウンド。

いい響きですね…


『具体的に世間でバンドサウンドと称されるアレンジはギターやベース、ドラムを中心にしたシンプルなアレンジとサウンドを指す。また、前述した編成に、キーボードが加わることも少なくない。』


おっっ

これは思った通りの回答でしたね。

ナイス、ペディ!


じゃあ、ここからはさらに掘り下げてバンドサウンドにおける各パートごとの役割なんかを見ていきましょう。


でも、そんなに詳しくはわかりません(笑)


全ては経験上の話です…


まずはドラム

IMG_0808.JPG

そう、曲のリズムを決める絶対的な存在。

えーっと、ご飯でいうと、器みたいな…

うーんとっ、身体で言うと骨みたいな感じ。


その音域は意外に広く、バンドサウンドの1番低音域はドラムのバスドラムで、文字にすると曲中のドッ、ドドッ、ドッ、ドッド、みたいなズンズン腹にくるアレですね。


で、クラッシュシンバルやハイハットなんかは、1番の高音域です。


この広い音域を曲のメロディーを踏まえつつ、リズムを刻んで行きます。


2ビート、4ビート、8ビート、16ビート、裏打ち(裏拍)なんかで、曲の雰囲気をガラッと変える事が出来ます。


バンドサウンドにおける迫力なんかも、ドラマーの腕でガラリと違ってくる。


昔話ですが、現役バンドマンでずーっとライブしてる時に、他のバンドにサポートギターとして入った事があります。


友人伝いにマジで頼まれて、しゃあなしでスタジオへ行ったんですが、ドラムが鬼ヤバで、感動した事があります。

もうギター弾くのが楽しくてしょうがなかった。

バンドサウンドに1番影響があるのは、たぶんドラムだと思う。



次にベース

IMG_0807.JPG

ベースはご存知、バンドサウンドの低音域〜中音域を支える楽器。


このベースのリズムとドラムのリズムがバッチリハマると、音圧を稼げます。


基本は楽曲のコードを単音で刻む役割ですが、そこからのプラスアルファがベーシストとしての腕の見せ所。

ベースラインと呼ばれる、コードにのっけたルートでメロディーを作る。


さらに長3度や短3度、完全5度とか言い出すと私も危ないですから、勉強が必要ですが、音楽理論的なアプローチじゃ無くても、カッコいいベースラインはいくらでもありますから、ベーシストのセンスで楽曲に色付けする事が出来ます。


ご飯で言うと白米。

身体で言うと肉ですね。

なんか美味しそうな部分です。


ここまでで、既に丼と白米ですからね〜


まぁ最悪、海苔があれば食えるレベルまで来ました。

でもせっかくですから、美味しくしたいもんですよね。


ちな、身体で言うと裸体…


ここからが、いわゆる上物と呼ばれるギターキーボードの出番です。

IMG_0809.JPG

ギターやキーボードはリズムを刻む事の他に、曲に華を添えるという役割があります。


ご飯でいうところの、おかず。

身体で言うと、服みたいな…


いや…あんまり上手く言えてない自覚は、かなりありますので、まぁそういう事です…


ギターの役割は音域で言うと中音域から高音域。

バッキングにまわってリズムを支えたり、独自のメロディーを曲に重ねてリフレインする等、まぁやりたい放題する訳です。


キーボードも同様の役割がありますが、ギターよりもさらに繊細な役割になると思います。


身体で言うと服、つまりファッション的な…


そうです。


みなさんご一緒に〜


せーの!


身体じゃねぇじゃん!!


ありがとうございます。


でもね、ファッションすっごい大事。


その人の第1印象にかなり関係してきますよ。


ダサいとか、カッコいいとかだけじゃ無く、アメカジとかサーフ系とか、バンドマン、大人コーデとかB系とか、ヤンキー系(笑)とかその人の好みがモロに出るじゃないですか?


ギターの音色で、バンドの系統までも決まっちゃうぐらい意味があります。


みなさんが普段、何気無く聴いている曲にも意味があって、ギターの種類や音色が使われています。


せっかく綺麗な器に美味しい白米が盛られてるんですから、そこにどんなオカズを持ってくるのか?


アッサリするのも、ガッツリいくのもギター次第。


テレキャスターでクリーンな音をかき鳴らすロックもカッコいいし、やっぱりレスポールでズンズンいわすのもカッコいい。


こう考えるとバンドサウンドってのは、それぞれのパートがあって成り立っている。


役割だって時に曖昧で、ドラムソロや、ベースラインに遠慮して、ギターがバッキングをやり続けたりとかねっ。


バンドサウンドではないけど、最後にボーカルはやっぱり、身体で言う顏でしょ。


ご飯で言うと、器に盛られたそれ(サウンド)全部を平らげちゃう人ですね。



あっっ?


気付いちゃた?


せーのっ!



ご飯じゃねーじゃん!


ナイスコーラス!



1人でパソコンに向かい合い、楽曲全てを完結させる事が容易に出来るようになった今でも、小汚いスタジオに沢山の人が通って、あーだこーだ言いながら曲を演奏しています。


小汚い私だって、スタジオに通っ…


ちがう、ちがう。


私だって小汚いスタジオに通って、演奏してますもん。


機械やパソコンと違い、リズムも狂うし、ミスタッチもするし、意見も合わない…


クリック1つで済む様なメロディーチェンジにも、難色を示すメンバーがいたり(笑)


バンドサウンドってのは、単に楽器だけ取り上げて、ドラム、ベース、ギターやキーボードみたいな事の他に、人間が奏でる音楽ってか、そんな意味が込められてる気がする。


もっと小うるさい事言うと、生身の人間が鳴らす生音って事じゃない?


ライブ行ったりして、音源からは感じ取れない本物のバンドサウンドを聴いた時、『あっっ、これヤバイ。』 『マジで気持ち持ってかれた…』  みたいな感じになりますよ…


そこには多分そのバンドが、あーでもねー、こーでもねーって練り続けた音楽があって、機械の様な正確なピッチじゃない、人間の鳴らすバンドサウンドにしかない何かがあるんでしょうね…


音源にしたってパソコン1台で楽曲全てを完結出来るDTMと呼ばれる打ち込み系で『バンドサウンド』が作れちゃう。


でもやっぱり偽物だと思う…


本物のバンドサウンドは、ライブハウスにあるんだって事かな。






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 10:53| Comment(0) | ギター・バンド活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

OVER ARM THROW オススメバンドを聞いて来た女友達に『ビジュアルがね…』と言わせるバンド。 それ音楽と関係ねぇし…

OVER ARM THROW

IMG_0784.JPG


Vo・G 菊池信也

B・Cho 鈴野洋平 

Dr・Cho 寺本英司


2003年にベースの洋平を中心に結成。

横浜在住、地元の横浜を中心に東京、名古屋、京都でも勢力的に活動している。

バンド名には『武器を投げ捨てて音楽で平和に楽しもう』という意味が込められている。

実際はそんなにビジュアルも悪くないと個人的には思ってる…

2005年6月自主音源 "Chime/Full a letter" を制作、ライブ会場を中心に限定1,000枚を即完売。

2006年3月8日、Machine Records / Flying High よりミニアルバム "SOUNDRIP" 12月6日、1stシングル "love us love our tales" 発売。

2007年10月10日には待望の1stフルアルバム、"Oath and Night War"を発売。ニューアルバムを引っ提げ2008年は100本以上のライブを行った。

2009年にドラムの高橋玄が脱退。9月、1st DVD "NO SWEET WITHOUT SWEAT"を発売。

2009年8月に現ドラマーの寺本英司が加入。


2011年10月19日、2ndフルアルバム "Songs-what I sing when a war resounds this" 発売。

2011年10月から2012年4月まで計69本の全国ツアーを敢行。

2013年10月、2ndシングル "will" と2nd DVD "Hands - are all the sounds -" を発売。

2013年10月3日、OVER ARM THROWとして横浜CLUB24WESTで初ライブをしてから、ちょうど10年目の日に閉館直前の地元、横浜BLITZにてワンマンを行う事が決定。


と、こんな感じのバンドです。


3ピース、メロコアバンドの時点で『もういいっす。』ってならないでくんさい。


先に言います。


じゃないと、ココでシャットアウトの可能性を感じています…


彼らの曲は歌詞が良い。


歌詞は英詞なんですが、歌詞が良いんです…?

英詞が歌詞なんですけど意味が良いんです…?


まぁその辺は雰囲気で、とにかく歌詞が良い。


とりあえず1曲
"ZINNIA"



ナイス歌詞。

そして泣きメロがなかなか良い。


私も相当メロコアが好きで、ハードコアから代々続くバンドをかなり聴いてきました。

なので、新しさを求めるのにも限界があります。


WANIMAの様な日本詩というのもメロコアにとっては新しく、かなりのリスナーに受け入れられています。


彼等は英詞なんですが、歌詞に世界観があり、曲にマイナーコードを上手くはめ込んで、悲しみをメロディーで上手く表現出来ていると思う。


"Dear my songs"



グッド歌詞。

グッドくる歌詞です…

……

…(笑)


オッケー?


Hawaiian6なんかもモチロンそうなんですが、歌詞に重きを置くのは間違いない。

作詞、作曲、簡単に言うと2つの要素で曲が出来ているなら、曲の半分は歌詞で出来ていますよね。

英詞のバンドは歌詞を大事にしないバンドが多いのも事実だと思う。

マジで適当に作ったなって低学年に見破られるぐらいのヤツとか…

その時点で曲を良くする要素の50%を放棄している様に思う。


正直、英語だから私はパッと聞いて意味はあまりわからない。

日本語訳を付けてくれれば、当然その意味の深さまで知る事は出来ます。


でも、例え日本語訳が無くても、言葉には必ず感情が宿ると思うんですよ…


だから歌詞が例え英語だろうが、日本語だろうが伝わるもんがあると私は思ってる。


中身がスカスカなのは英語も簡単だし、わかっちゃう。


彼等は歌も声も、曲を大事に歌ってる。


よくいるバンドの、放り投げる様な歌い方じゃ無く、大切に歌ってるんだなって感じる事が出来る。


"Rotation"



曲もエモさを取り入れて、あまりメジャーコードで押して来ない感じ。


メジャーコードで、4コードをグルグル回すのもポップで良いけど、OVER ARM THROWらしさはこの哀愁かなぁ…


中にはhoney Baby Surfer-Girlの様に突き抜けるポップ感も良い。

あくまでも彼等っぽくて、簡単なバカポップとは一味違うけどね。


スター性、カリスマ性みたいなのは正直期待できない。


女性や若者を虜にする様なビジュアルもこればっかりはしょーがない。


キャーキャー系で無いのは間違いないし…


それ意外の良さならたくさん持っている、本当に良いバンドだと思う。


ただ…


ライブは勢力的なんだし、新譜そろそろ出そうよ…



1stフルアルバム

Oath and Night War




2nd フルアルバム

Songs-what I sing when a war resounds this-







↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 12:52| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

ライブチケットが高いのは 誰のせいで その曲は誰に届けたいんだよ?

あ〜  ライブ行きてぇ。


あ〜 らいぶいきてぇ。


あ〜いらぶゆうって言ってみてぇ。


失礼、とんだ願望が出ましたね。


バンド好きなら必ず行きたいのがライブ。


最近は大型フェスなんかもいっぱいあって、一口にライブと言ってもその形態は様々ですね。


ライブに行きたいとなれば、必ずチケットが必要です。


このチケット代がなかなかバカにならないんですよね…

毎月ライブへ行くには結構な負担で、みなさんも収入やお小遣いからなんとか捻出しているところでしょうね。


私は今でも音源購入はCD派です。
形で残したい気持ちとか、歌詞カードなんかを見るのが好きなんで、今でもCDで買っています。
中古も含めてですけどね。


これが新品のアルバムだと大体3000円ちょいぐらい。
インディーズで2000円〜ぐらいですかね。


チケット代はというと、小さいライブハウスで2000円〜2500円ぐらいかな?
アーティストにもよりますが、2000円だと安いなぁって感じ。


キャパ500人〜1000人の大型ライブハウス、クアトロとかダイヤモンドホールとかで大体3000円〜4500円。


この辺でCDの価格を超えてきます。
さらに物販狙うとなるとお金がいっぱいいります。


私は全然行きませんが、さらに大ホールやスタジアム、アリーナクラス、デカくなればなるほど6000円〜9000円みたいに値段が上がっていきます。


当然演奏する箱が大っきくなれば、それに伴うスタッフが増えていきます。

モギリや物販のアルバイトから警備、セキュリティの人や音響スタッフも…

ステージの作成や音響設備にしても相当な費用がかかるでしょうしね。


決して演者がいっぱい貰える訳では無いんですよね…


まぁそこに雇用が生まれて、音楽シーンや日本の経済…

おっ… あぶねぇ…良く考えたら、そんなに頭良くなかった(笑)


まぁとにかくチケット代が音源の価格を超えるのは当然と言えば当然なんでしょうか?


音楽の好みは30歳までで決まるとかなんとかって良く聞きます。


やっぱり若い方が刺激を受けやすかったり、感情移入しやすかったり、色々と敏感なんでしょうね。



いや…ココは下ネタじゃないから…


そんな若い人、なんなら中学生とか高校生とかも含めてどんどん聞いて欲しいハズの音楽。

30歳ぐらいまでに好みが決まるんならなおさら大事な世代。


なのにチケットって高すぎない?


ましてや学生の人が気楽に行ける値段なんか?


つい先日、気になるバンドのライブ日程をスマホでツンツン見てると、デカめのライブハウスでチケット取れそうだなぁなんて見てたら3800円だった。ドリンク別。


普通…


まぁそんなもんかもしれないですよね。


でも私は『高ぇ…』

そんなにすげぇバンドだったっけ?

めっちゃ駆け出しと思ってた…

結果行くのはやめました。



これね、値段じゃないんですよ。

私にとってはそんなに価値がないからです。

価値があるなら6000円ぐらいまで頑張って出すと思う。


休止中・ELLEGARDEN
現・THE HIATUS.MONOEYES

泣く子も黙る細美武士。

IMG_0766.JPG

この人の行動はマジでカッコいいのよ。

『日本はレコードもライブも高すぎると思ってる。 高校生がお小遣いで月に2本のライブも行けない国なんて、音楽が文化になるわけねぇだろってずーっと思ってる。』


彼の在籍するバンドの人気はとてもすごい。


それでも彼はスタッフをギリギリまで削り、自分で重たい荷物も運び、すっげぇ安い宿に泊まりながら、さらに安い宿が無いかを探しながらツアーをする。

少ない資金で音響のクオリティとの兼ね合いに頭を悩ませながらも、少しでもチケットを安くする為に頑張っている。

ツアーTシャツはチケット代以下、チケット代はCDの値段以下を目指してると彼は言う。


実際ツアーTシャツが1500円だったりチケットが2500円だったりする。


全てはライブに足を運んでくれるみんなの為。


『安い方がたくさん売れるからでしょう。』

と心無いバカが言う。


彼は『そう思いたきゃ、思ってくれても痛くも痒くもない。』


私は社会人で家族がいますが、少しのお金は自由に出来ます。


私にとっての5000円と学生のみなさんの5000円は訳が違う。

会社の下らない飲み会だって5000円とか払っちゃう…

すっげぇ嫌だけど…


学生のみんなは勉強に励みながらも、多分お小遣いからなんとかライブの為に貯めたりするのかな?


家がお金持ちで親に言えばポーンと出してくれるとこばっかじゃないでしょ…


下手したら何ヶ月かかけて貯める子もいるかもしれませんね。


そもそもロックは金持ちのもんじゃないし、誰もが気楽に行けなければ、アーティストがステージから叫ぶ言葉は全部嘘だ。


BRAHMANのボーカルTOSHI-LOW

IMG_0764.JPG

『周りから武道館がどうとか、ステージのセットをどうとか言われても、チケット代2000円で出来る事をやりたい。』


彼だけで無く勿論、BRAHMANのメンバーも削れるスタッフなどは削り、自分達でやれる事をやってチケット代を限りなく抑えている。


THE HIATUSやMONOEYES・BRAHMANと言えば雲の上のアーティスト。

が、こんなにリスナーの事を考えてる。


音楽を鳴らす前に人間としての魅力に溢れてんだよね。


チケットが安いから良いとかじゃないよ。


余計な装飾の為に、リスナーへ負担をかけないでいる、バンドの姿勢が素晴らしいと思ってる。


私達は、物=価格、の図式は慣れっこです。

物の価値がその金額に見合ったものかを吟味してから対価を払います。

なんなら払う前に、少しでも安いお店を探してみたり、ネットで検索してみたり。

食料品なんて、1円でも安い店に行くぐらいみんなお金を大切にしている。


物によっては100円でも高く感じたり、10万円でも安く感じたりもするしね。


ライブに関して言うとその価値を金額にするのはすごく難しい。

物じゃなく空間だからね。

だからこそ簡単に値段を決めて欲しくない。

仮に9000円としても、その金額が絶対に必要でそれ以下にするとクオリティーが酷く損なわれるとか、セキュリティ面で安全に開催する事が出来ないならしょうがない。


ただバンドの格だとか、毎年少しづつ上げて来た結果の金額ならなんかバカらしい。


派手な花火や、装飾も結構だが中、高生やその子を送り出す親への金銭的な負担はすげぇよ。


こんな事を言い出すと
『そんな事まで考えてライブ楽しめますか?』
『行かなきゃいいんじゃない?』
とか聞こえてきそうだけど、私にとっては大事なんですよ。


そのバンドの持っているポリシーとか、生き様の様な物があって初めて熱くなれるんですよね。


この前もTHE STARBEMS、日高さんのツイッターを見ていたら、メンバーの高地さん運転で長距離を車移動されてたりして、なんかズシンと来ました…

つい『お気をつけて』とリプしたら丁寧に返信までくれて感激しました。

IMG_0769.JPG

有名な方々でも音楽と真摯に向き合って、少しでも経費を抑え、その分をリスナーに還元されてると思うと、ポッと出の本物かどうかもわからんバンドが結構良い値段を取ってるのを見ると、『マジでこいつらクソだな…』と思ってしまうんですよ。


損な性格なのかなぁ…


音楽とそれを別で考えれないんですよね。

絶対繋がってる。


こうなると曲うんぬんじゃねぇじゃんって話しですね(笑)




バンドが少し有名になって、チケットが売れてソールドアウトし出すと、値段上げて、人雇って、荷物運ばせて、その負担はそのままリスナーに…

じゃ悲しすぎる。


そんなバンドの作った曲なんて聴きたくないんだよね…


結局すぐに消えてくバンドはそんなバンドなのかも知れませんね。


リスナーってそんなバカじゃ無いから、たぶんみんな同じ事様な事を色んな場面で感じたりすると思う。


チケット代に限らずね。


世の中にごまんといるバンドたちへ。

絶対にリスナーをバカにすんなよ。







↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


posted by メシア at 20:22| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする