2017年02月24日

ロックから政治的発言を無くしたいとか言う人は本当に実在するのか?

みなさんミュージシャンの政治的発言問題ってどう思いますか?


あまりして欲しくない人、どんどんするべきだって人、どっちでもいい人、そりゃ様々ですよね(笑)


私はそもそもロックから政治的、社会的な発言、作品を切り離して考えるの自体がおかしいでしょう派です。


フジロック2016ぐらいから、やたらと音楽に政治を持ち込むな理論みたいなのが多いですよね。

IMG_0688.JPG

ミュージシャンの政治的発言


例えば憲法9条についての話だとか、原発問題とかですね。

これについて、ファンからの批判が殺到。


「アーティストなら政治的なことを発言するんじゃなく、歌詞にしてほしい。」

これはまだ理解出来ますね。

「下手な知識で語られると、ライブがしらける。」

ん…?

さては、ミュージシャンはただの音楽バカと思っているな。


アジカンの後藤くんなんてもう目の敵にされています。


ツイッターから

「ゴッチも細見さんもトシロウさんもすきなんだけど、反原発や戦争反対の運動をライヴやフェスでしないでほしいんだよなー」


「アジカンは好きだけどゴッチはツイッターで政治の話しなくていいよと思う(=゚ω゚)」


「ウザいからゴッチのフォロー外したわ」


「政治とか息苦しいことから逃れたいから音楽を聞いてるのにわざわざ持ち出すな」


こういう人達は毎日、毎日、死ぬほど政治の事ばっかり考えてるんでしょうね。

ライブに来てまで、政治的な話なんぞ聞きたくねぇんだよ!って事でしょう…


じゃないと普段も考えない、好きなアーティストに言われても考えない、とにかく考えない、ママに言ってやる!


それじゃあただの無能を通り越して、もう豆です。

お豆さんに失礼か…

鬼すら追い払えるポテンシャルを持ってますからね…

豆のダメージ最強。


音楽(ロック)に政治を持ち込むな(笑)

すごい時代になったもんです。


今更ロックやパンクの精神を語る気もしませんが、政治や社会への不満が無かったらロックの歴史なんぞ無い。

そもそも大衆音楽だし、ハイソな人がロックを始めた訳でも無い。

パンクに至っては、労働者階級の最下層から始まってる訳だしね…
社会への不満から、反戦や反核、非暴力まで主張は様々ですが…


それすらわからない人がミーハー心で、フェスに出かけまさかの政治的発言批判するなんてどんだけ笑わせたいのよ…


一人称の未来しか見ていない若者に、将来とは60年とか70年先ぐらいだもんね。

自分が死ぬまでが未来であり、その先は自分が死んでるから関係ないもん(笑)

確かにロックの生い立ちが、そのまま現在の日本で通用するかと言うと無理はあるけどね。


私も含め子供のいるお父さん世代は、少なくとも子供やその子供の将来まで考えちゃう。

自分らが死ぬまでじゃなく、そのもっと先まで良い世の中なら良いなぁって…


何も私が政治に詳しいとか言ってないですよ。

むしろ一般人の知識量より少ないぐらい…


私は現在のリーグが三般人に所属してまして、来年には二般人に昇格なるか?ってところです。


反核!反核!
とか言われても、どうしたら本当に原子力に頼らず電気を生み出すのかとか、ちんぷんかんぷんだし、それによって電気代が5倍とかなったら暮らしてすら行けませんから…


ただね…
ほんの少しは考える様になりました。

震災や災害が続いてさ…

実際にその考えるキッカケにはなったんですよ。


大した行動も起こさず、自分と家族の事で精一杯だけど、ほんの少しは考えてる。


もしそのフジロックに、超頭の良い将来有望な若者がいたとして、私と同じ様に少し考える様になったら…


それが10人…100人いたらって思うと無駄じゃ無い様な気がするんですよね。


私の様なオツム弱男じゃなくてね。


後藤くんが「戦争反対」とツイートするだけで、「後藤さんそれはダメだよ」、「頭の中お花畑」とか反応があります。


彼等の言い分は何なんでしょうか?


政治的発言が原因で、そのアーティストが嫌いになる人がいても仕方がない事です。


だって彼等は音楽が好きなだけであって、アーティストが好きなんじゃないもんね。


自分の求める形にアーティストやミュージシャンを押し込めて、それからはみ出すと、「はぁ?」ってなる。


自分が勝手に作ったイメージに酔って、思い描いたイメージと違う事が許せないなんて、正気の沙汰とは思えんわ(笑)


フェスでワイワイ日頃の鬱憤を晴らせればオッケー。


終いにはお金払ってるから、こっちは客だとか言い出す始末。


そんいう人が増えてる中、アーティストの方もだいぶ調整してきましたよ。


ただいま人気急上昇のヤバイTシャツ屋さん


ヤバイTシャツ屋さんとは・・・
大阪府在住、こやま・しばた・もりもとによる3人組ガールズテクノポップユニット。

だそうです。
これで説明は充分。


あつまれパーティーピーポー


チクワみたいにこの中身の無い、音楽で盛り上がるのはどうでしょう?オススメ!


メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲 



これもなかなかクソみたいな曲ですが、wifi通信出来る場所での再生じゃ無いと、容量が勿体無いですね。


最後にこれ

クソみたいなMC



ミュージシャンの政治的発言を否定する人はこの類のチクワソングでめちゃくちゃ盛り上がって下さいね!



アーティストの政治的発言反対にはマイケル・ムーア監督も怒りますよ!

IMG_0689.JPG






↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 23:23| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

卒業ソングの定番から卒業ライブでやりたい良曲 邦ロック 盛り上がってやれ!

暮れ〜だずむ〜まちの〜

ひか〜でぃと〜風どーだか〜

ざり〜ゆくーばなたへ〜

おくっどぅ〜ごっとば〜

by tetuya takeda


みなさま卒業と言う名の一大イベントを控え、いかがお過ごしでしょうか?

IMG_0685.JPG

中学や高校、専門学校や大学、童貞、リストラなど卒業にも色々な思いがあるでしょうね。


グッッとくる曲や、卒業なんてクソ喰らえ的な曲も好みはそれぞれなんですが、卒業に限らず出会いと別れが訪れるシーズンですから、良曲を聴きたい。


卒業ライブで盛り上げても、1人カラオケで熱唱しても良い思い出になる様な曲を紹介してみます。


アンダーグラフ「ツバサ」




いや、そーいうのじゃない!
別に置きにいった訳じゃなく、これはマジ良曲。


「はい、はい、はい、はい」
とか思わず、みなさん素直な気持ちでね!

とりあえず卒業ライブでやったらハマる定番ソング。


米津玄師 「Flowerwall」




こういう時は人気者ですよ…

人気者にすがる。
そしてあたかも自分が人気者になった気にさせてくれる。

実際にすごく良い曲書きますよね。けんしって。

「色とりどりの花で出来た、壁が今立ち塞がる。」

三生経っても出ないフレーズですね…


lyulyu「ディストーデッド アガペー」




現civilianの曲。

100人のまばらな拍手より、1人だけを強烈に救える様な曲です。

卒業なんて綺麗な事ばっかじゃ無いですからね。

CIVILIANの記事

レミオロメン「3月9日」




まぁこれは…
正直、置きにいきました…

でも、ほら、名曲ですしね…
卒業の為の曲ですから、絶対はずさない曲。


RADWIMPS「君と羊と青」




群青=深く美しい青色

これだけで青春です。


Hi-STANDARD「Stay Gold」



カラッと盛り上がるならコレ。

先生が突然ダイブとかしてくれたら、全員よけてー!

その後、先生は保健室へ…

Growing upでも良いですね。


ロードオブメジャー「大切なもの」



懐かしいけど、若い子には新しい?


WANIMA「THANX」




出でよヒーロー!
ライブでやったら100%盛り上がりますね。

ただし4バンド中、3バンドとか被ったらもう死あるのみ…

出番はお早めに。


ONE OK ROCK「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」



Takaが友人のイニシャルを並べて作った造語「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」

仲間たちへの応援ソングですね。


THE HIGH-LOWS「青春」




青春なんて終わってみれば、ものの5分に感じるもんです。

全力で演奏してもらいたい。


SNAIL RAMP「HOTARU NO HIKARI 」



卒業ライブとかって、みんながあんまり知らない曲はハズレたりするし、これ私の中ではカッコいい。

良く出来たカバーかなと思います。


進学される方も、社会人になる方も、社会人からニートへなる方も、素晴らしい人生であります様に!

私は中学校の卒業文集に、パンクバンドLAUGHIN' NOSE「BRAIN CONTROL」の歌詞をまるまる書いて、先生に苦虫を噛み潰した様な顔をされた思い出があります…

これ実話。








↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by メシア at 13:00| Comment(0) | ギター・バンド活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

AIR SWELL ブッチギリの楽曲センスで突っ走れ! で、足りないもんあんの?

AIR SWELL(エアースウェル)

2010年〜

IMG_0678.JPG

Vo・G hamaken

B・Vo hiromitsu(ex.RADIOTS)

Dr Yudai


四国出身のロックバンド。

ラウド、オルタナティブ、エモ、グランジ、パンク等、色々な要素を取り込み進化するサウンド。

2012年にギター・MATTSUNの脱退を期にスリーピースバンドへ。

その後、2014年にはオリジナルメンバーのベース・Taisukeが脱退。

当初サポートメンバーとして、元RADIOTSのギターだったhiromitsuがベーシストとして参加。

その後、加入が決定し現在のメンバーに。


基本的に音がめちゃくちゃカッコいい。

ヘビーロックやラウドロックって感じがしっくりきますが、実際はかなり幅広いジャンルの知識があり、そこからAIRSWELLらしさを突き詰めている感じがします。

IMG_0680.JPG

hamakenのやんちゃ感に騙されそうになりますが、この人たぶん、いやっ、そーとー音楽通。

歌も上手いしね。


あぁ、楽曲は全部hamaken作です。

ってか、まぁこういうのってセンスなんでしょうね…





もし初めて見た人がいるなら、これ映画じゃありません(笑)


マジで私Google検索で
「バッドボーイズ セレナーデ 映画」
で検索しましたよ…


なかなか見応えのあるMVですよね〜

12年の曲ですから、ストレートで正統派って感じがします。

ライブではシンガロング率100%で盛り上がりますね。




こちらも12年の曲ですが、爽やかさは皆無です…

メッセージをぶち込んで来ましたね…

この曲は、hamakenらしさが発揮されてますね。

言葉遊びの様なフレーズには、意味が込められていますし、日本詞をさも英詞で歌っているかの様な発音の仕方をしています。


で、やっぱ音がヤバイ…

共に1stミニアルバム収録

Rimfire






引き出し多くないですか?(笑)

これ見た時はビビった。

英語の発音がやたらと良いし、ファルセットやシンセまで飛び出して、間奏部分なんかはちゃっかりロックしちゃうからカッコいいわ。

3ピースで出来る限界の楽曲を目指すだけありますね。


3rdミニアルバム収録

All Lead Tracks






これはもう現在のメンバーですね。

マジメに作ったら、こんなに硬派な感じになるんですよね。

カッコいいなぁ…

ただしhamaken本人が言うには、それぞれのジャンルにはすでにカッコいいバンドが沢山いるんで、すき間産業的にジャンルレスでやりたいみたいですね。

あと飽きっぽいらしいんで、一つのジャンルをやり続けると嫌になるんでしょうね(笑)


ところでhamakenが使っている、独特なシェイプのギター。

これはインパクトありますよね!

IMG_0677.JPG

レフティタイプをそのまま右で使ってるのかなぁ?っと思っていたら…

AddicTone CUSTOM GUITARSがhamakenのために制作した世界に一本だけのギターみたいです。


名前は「CZ-01」。
クズ1号らしいですよ(笑)これ実話。


このギターはhamakenの個性が全て詰まっていて、リアにハムバッカーがひとつなんですがスイッチでシングルにも変えれるそうで、なかなか面白そうなギターです。

ワンボリュームでいかにもライブ仕様って感じ。


その他にも随所にこだわりだらけですが、長くなりそぉなんでやめときます。


AddicToneは2012年に立ち上げられた日本のギターブランド。


一線で活躍するプロミュージシャン達から高い支持を得ている国産ブランドで、ギタービルダーのお二人はあの有名な高崎 晃やXのTAIJI、NIRVANAのカートコバーンのギターを作っていたとか…


一生買えねぇ…

いや… 来世も買えねぇ…


MY CYLINDERs



じゃあ最後に『SIX KILLS』から



hiromitsuのボーカルがさまになってますね。

この人もプレイがカッコよくて存在感がすごい…


若干おちょくり要素を含んだ歌詞で、私は少し苦手かもですね…


楽曲センスはズバ抜けてると思いますし、このミニアルバムは全曲キラーチューンって意味の『SIX KILLS』ですから、アルバムではスパイス曲ですね。


SIX KILLS


歌も上手いし、楽曲センスもいい、ライブも上手いしね。

爆発的に売れそぉなのに、知名度は低めっぽい。


バンド好きな人はとっくに知ってるでしょうけど、普通に女子人気とかあんま無さそぉ…


ビジュアルなのか…

まさかビジュアルなんですか?…


だったら残念でなりません(涙)





↓ポチリに感激

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by メシア at 19:47| Comment(0) | 音楽関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする